今、価値が無いと思えることが・・

突撃!自宅で瞑想会に頂いた体験です。

(頂いた体験)
とっても気持ちの良い瞑想で、
みのり先生が
金貨の写真をupしてくれていたので、
タラタントラでプロスペリティをしました。

最後に受け取ったものは、
金貨のはずが、銀貨でした。

金貨を頂戴!と、
お願いしたら銀が次第に金に変わって、
最後にとっても大きい金貨を
両手のひらに一枚ずつ乗せられて、
胸にしまうように言われ、
しまったのですが、
また両手のひらに
新しい大きい金貨が乗ってる

そんな感じでした。
とても嬉しかったです。

(みのりコメント)
素敵な体験ですね。
タラからのプロスペリティは
豊かさは無尽蔵だと
教えてくれますね。

銀と思っているもの
(まるで、今は、
価値が低いかに思えるもの)
それも、
金貨にかわるんだよ。
と・・知性は教えてます。

未来、
周波数が変わる事を
示唆してます。

タラ・タントラが関わる場合は、
持ち物、家、人間関係・・
全部に影響を与えます。

「周波数が変わるとは、
こんなに違うことか!」と、
その時に理解しますよん。

タラからの
お仕事とお金を引き寄せるマントラ
(プロスペリティ)
そして、
タラからの
お仕事と勉強の能率をあげる創造のマントラ
(ウイズダム)
持ってる人はぜひ、応用してみて。

※LINE登録してるけど届かないって人は、
返信してないから届いてないのです。
瞑想して欲しい時間帯を書いて、
LINEに返信して下さいね。

どんどんはじまっております。

瞑想予報&突撃!自宅で瞑想会 
LINE@登録URL

瞑想の方法。
いすに座って、
まずはリラックス。
マントラ・
ヤントラをお持ちの方は、
それを使います。

持ってない人は、
ただ・・目を閉じて、目を閉じることで、
心の内側に注意が向いていきます。
25分−30分瞑想したら、
薄目で、時計を見て、
5分ほどかけて、
瞑想からもどりましょう。

マントラを使わない場合は、
1−2分で目を開けてもOKです。
そして、質問や体験があれば、
LINEに送って下さいね。

瞑想会でシェアーしたい方は
こちらからどうぞ誰でも参加できます!
瞑想みのり
大阪・名古屋・東京・福岡・北海道で開催中

瞑想者のお抱えヒーラーは自分自身2

前回の続きです。

瞑想を続ける事は 
自分自身の
セラピスト・ヒーラーになる
という事でしたね。

 

これを自分以外のセラピストやヒーラーに、
依存してばかりいると、
自分の内側の叡智や力に気づく事なく、
一生が終わってしまいますし、
いつまでも自信がつきませんね。

 

セラピストやヒーラーに、
助けてもらう時は、
あなたの可能性を、
引き出してくれる人を、
探してくださいね。

 

癒しは、瞑想中が一番
たくさん起きていますが、

空(くう)が日常に浸透してくるので、
日常の中でもずっと癒やしが継続しています。

 

瞑想の癒やしがすすんでいくと、

夜中に突然、泣きたくなったり、
朝方、身体が痛んだり、
怖い夢をみたり、
職場の中でも、夢の中でも
洞察が深まって大きな気づきと癒しが
起きてきたりします。

そんな時は、たいていの場合は、
一人の時ですね。

 

自分が無力だと感じて、
瞑想を始めたとしても、 
必ず自分自身の
セラピスト・ヒーラーになる事が、
出来るようになります。

まず瞑想して自分が「空」を蓄えます。 

それはパーソナリティとして、
例えるならば、
自分の中の
知性的で有能で賢く、
やさしい神(または親)
のような部分が、
力をつけて成長してくるような感じです。 

 

すると、この神(親)のような 
パーソナリティが、
癒しが必要な部分を、
助けに行く事が出来るようになります。

 

癒しが必要な部分というのは、
パーソナリティで例えるならば、

怖れや悲しみの中で、
無力に、傷ついた子供のような部分です。

 

瞑想ー解放ー励ましー瞑想 
このプロセスの繰り返しは、

まるで無力な子供を有能な神(親)が 
助けるようなプロセスです。 

 

これを続けていると、
無力な子供のような部分が、
いつも励ましてくれる神(親)のような部分を
信頼するようになるのです。

 

これは、分離している訳ではありません。
全部が、一人の人間の中で、
起きている出来事なので、

つまり、自分が自分を信頼する過程です。 

 

これが自信(自分を信じる)と、
私達が、呼んでいるものです。

 

「瞑想すると、自然に自信がついてくる」
のは、このためですね。

 

あなたが、
自分の癒しが必要な部分に、
「肉体のブロック」
「傷ついたインナーチャイルド」
「チャクラやオーラの不調和」
「過去世の傷」
「先祖の問題」
「霊のしわざ」

 

など、など・・

 

どんな名前をつけて、
定義をしたとしても、

すべては瞑想ー解放ー励ましー瞑想ー解放ー励まし 

この繰り返しが、
上手に出来ていれば、
問題は、ほとんどが、
自分でクリアーしていけるでしょう。

どうせなるなら・・・

自分自身の有能な 
セラピスト・ヒーラーになりましょうね。

瞑想したことがない人も、瞑想会は参加できますよ。!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&おみくじ

大阪・瞑想の10月の予定UPしております。
https://www.1satori.com/blog/?p=5189

 

 

地味で、堅実な暮らしがしたい

今日もニュースレターに頂いた、
コメントからですね。

●多くの収入を得たいという気持ちと、
ひと昔前の日本人の、
お金のかからないわりと地味で、
堅実な暮らしがしたい。
という気持ちがあります。
それがなんだか自分の中で、
相反しているような気がしていて、
中途半端な感じです。

どう見ても、おじょうさまには、みえませぬ!

(みのりコメント)

これ、詳しく見ていきますとね。

「一昔前の、お金のかからないわりと地味で、
堅実な暮らし」これに、なぜ憧れるのか?

これは、おそらく、子供の時、
体験させてもらっているからですね。

 

その時、その暮らしを、
創り出してくれていたのは、
周囲の大人、ご両親や祖父母です。

 

「お金が、かからない」は、
家族がやってくれていたからですね。
子供の時の事は、ご自分は、
生産は無しの消費だけ。
お金は、家族に、かかってた(笑)

 

でも、今は、自分が大人なのです。
脳の子供の部分が、
この事を、理解していないのです。

 

そして、家族がしてくれていた事を、
「地味で堅実」と言いたいのは、

「子供の頃の私は、そんなに、
欲しがらない。いい子だったよー」
みたいな感じです。

 

でもでも、
今でも憧れるほど、
満足がいっぱいあった。
つまりは、
「ちゃんともらっていた。子供」
なのです。

いっぱい貰っていたけど、それを、
地味で堅実と話すのは、欲しいが強い、
「欲望を大きく持ってる子供」
だったともいえますね。

 

もう1つは、
「お金がかからない」とは?
どういう時に感じるでしょうか?

 

逆の言い方をすると、
「お金がかかるなぁー」とは?
どういう時に感じるのでしょうか?

 

仮に、
年収が1千万だったら、
ランチ代が、1万円でもお金がかかるとは、
思わないかもしれませんね。

 

でも、年収が100万だったら。
ランチがワンコインでも、
お金がかかるなーと思うでしょう。

 

つまり「お金がかかるなー」と
思わなくなる方法は、

 

お金を意識しなくてもいい位に、
ご自分が、力を出してきて、
働くことなのですね。
これは、やればわかります。

 

この方の相反する気持ちは、

欲望が大きい人だから、
お金を意識しなくてもいいくらいに。
力を出してきて、働けばいいの。
それが出来る人です。
憧れるほどの見本を、親が提示してますから。

 

でもそれは、自分の中の
子供心の部分は、
めんどくさーい。と思ってます。

そして、子供の時みたいに、
「誰かやってくれないかな?」
と思って、欲望を叶えてくれるのを、
待っている子供心があることですね。

もう大人です!
この子供心を修正したら、
すぐに希望は手に入りますね。

ご自分の子供に言い聞かせるように、
こんな事を自分に伝えてみましょう。

親がくれたものは、地味で堅実じゃないよ。
豊かで、いっぱいもらってきたよね。
それは、ぜいたくと言うんだよ。

それがわからなかったのは、
欲しい気持ちが大きかったからなんだよね。

あの時みたいに、
もっと豊かになっていこうね。

 

でもね。
ただ待ってるだけなんて、欲しいものも、
手に入らなくて、つまんない人生だよね。

 

もう大人だから、自分で取りに行こう!
なんでも自分で取りにいける。
沢山、動けるってワクワクするね。

 

お父さん、お母さん
(おじいちゃん、おばあちゃん)
働き者だったよね。
こんどは、私が、力を出してみよう!
出来るよ。

と・・
相反する気持ちが消えていくまで・・
伝えていきましょう。
子供心を動かすのです。
現実になるのは、早いと思いますね。

 

そして、両親が、
もしくは、子供の頃に見ていた、
周囲の大人が与えてくれていた世界観。
素晴らしいと思います。

ここに、心から、感謝する時、
あなたの中に、
眠っている力が、花開いていきますよ。

 

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&瞑想コント

 

 

瞑想は意識のゴムを柔軟にする

今日の話は、瞑想をまだ、
多くの人に教えてない初期の頃の話です。

それこそ、20年ほど前の話になりますね。
教え初めの時ってね。
月に、おひとり、瞑想の伝授に来られたら、
「うわぁ 人が来た!」と思ってました(笑)

それが1人が2人、そして、
それが毎月連続で、続くようになってくると、
「いやぁーこんなに人が来たぁー!びっくり!」
と、思っていました。

そんな日々にある程度なれて、瞑想を受けに人が来る事。
これが普通の日常として、何年か続いた年の年末の事です。
大掃除をしていたら、

「(来年は)◯◯百人〜◯◯百人の人に 教えに行きなさい」

こんな声が聴こえました。 

おそらく、仕事の事を
示しているのだと思いました。

声の主が、誰なのかと言い出すと、
姿、形無き声なので、
責任の所在がなくなります。

なので、ここでは、
私の「心の声」とでも言っておきましょう。

「◯◯百人〜◯◯百人」この数は、
さすがに無謀な数字だと思いました。

それを1年でこなせとは、
これは どう考えても 無謀です。

「絶対に 出来ません!!」
って、独り言で返事してみました。

けれども、翌日も声は聴こえました。
「無謀・絶対不可能」だと繰り返すたびに、
何度も聴こえました。

そこで、3日目の最後には、
この声に折れて、質問に変えてみたんですね。

「仮に、◯◯百人〜◯◯百人の人に、1年で
瞑想を教える事が、本当に可能だとしたら?
今、私に出来る事は何だろうか?」と

この「無謀、不可能、絶対出来ない」
と断言している意識。

これはまるで、
ゴムが小さく縮んでいるように思えました。

この縮んだ意識のゴムの両端を持って、 
思いっきり 引っ張るイメージをしてみたのです。 

「でーーきーーるーーかーーもーー」
って、 空の無限を真似して引っ張りました。

そして、翌年、
結果はどうなったのかと言いますと・・・

残念ながら、
この声の数字は達成できませんでした。

けれども、数年後には、
達成して、現実になっていたのです。

1人、人が来ただけで、ドキドキしていた頃を思うと、
数百人の知らない人に、
当たり前に会う状況というのは、
これこそが、びっくりなのです!

「空」の認識力が、自分の中で、大きくなるほど、
自分の意識を大きく拡げていくことが可能になるのです。
ゴムのように、柔軟に伸ばすことが出来るのです。

意識が無限であることは言葉で、
沢山聴いていても、イザ体験した時、
その人の認識の範囲でしかわからないですから。

この認識力が拡大していく時、
意識が無限という事が、どうやら、本当なのだと、
体感で理解していくのです。
すると、意識をゴムのように、
柔軟に拡げていくことが出来るのです。

制限とは、
制限の中にいると、知らないうちに、
定めてしまうものなのです。

そして、
無限の意識である「空」の中にいると、
知らないうちに、
はずれてしまうものなのです。

とにかく、皆さんも縮んだ意識のゴムを見つけたら、
ドンドン引き伸ばしてください。

◯◯だから、◯◯できない。
沢山、制限かけてますよね。

「でーーきーーるーーかーーもーー」
ってね。伸ばすの。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイトはこちら