こげなものが・・当たり前になっていたら!

名古屋、東京出張と
懐かしい皆さんにもお会いできて、
楽しかったです。

(頂いた体験)
昨夜帰宅した時に、自室にものすごく大きなハエがいました。
窓を開けて部屋を出たのですが、戻った時にまだハエがいて、
壁にとまっていたので軽く叩くと床に落ちてバタバタともがいていました。
それを母に頼んで、捨ててもらいました。
なんて事無いことなんですけど、
母に対する気持ちが分かった所の出来事だったので、
気になりました。

(みのりコメント)
ここ数日で、色んな事が起きたわけです。
「まさか!こっち」(笑)と、ご本人が思う方を、先に突っ込んでおきましょう!

本人が問題と思うことよりも、さら〜っと受け流した事の方が、
実は、大きな種だったりする事は、多々ありますから。

「お母さんに対する気持ちがわかった」とは?
どんなことでしょうか?
まずは、「お母さんは召使い・後始末する人」
これが当たり前になってて認識できないから、
はっきりしておきましょうね。

「召使いと」と「ご主人様」
このシナリオで、ご主人様を演じてきたわけです。
じゃあ今度は、ある時、逆転するよ。
自分が「召使い・ごみ始末」役(笑)

これは、仕事の中で、具現化しているかな?

このシナリオは、
もっと自由になりたい人には、
必要ないのでは?だから、そのために自立しましょう。
「自分のことは、自分でする」これです。

ハエは、要らなくなったものの象徴です。
後始末は、最後まで、自分でする。
出来ない時は、当たり前なんかじゃないと認識して、
感謝する。

こげなものが・・当たり前になっていたら、
自分が誰かの召使いのように働いてても、
人の後始末をしてても、仕方ないと思っちゃう。

このシナリオから出たいのに、
「何で出れないのだろう?」と、
思っちゃう。
シナリオから出るのが、後ろめたいから、
病気やら怪我して、責められないシナリオを、
創って出ちゃう。

「要りません!」とNOが言えるのは、
このシナリオを降りる時、
「自分の事は、自分でする」この自己完結のシナリオだけ。
頑張れ!

瞑想みのり
大阪スケジュール

瞑想みのり

生殖器の病気と瞑想・病気(怪我)の改善と瞑想3

今日は、
前回の続きで、
病気(怪我)の改善3ですね。

病気とは、
認識の歪みから来ます。
病気の人の思考というのは、
善と悪が曖昧になっている
思考の持ち主が多いのです。

創造の源である「空」には、
善も悪もありません。

けれども一度、
創造を起こすために
「空」が動き出した場合、
方向性をもちはじめます。

すると、
創造を妨げる流れや思考は
悪と認めて、
減らすべきですし、
創造を加速する流れや思考は善と認めて、
増やすべきです。

善と思っているものも、
時の経過や成長の度合いや、
時期によって、
量が多すぎて、
悪になることがあります。

良いと思っていたものが
量が多くなりすぎて、
困難で支障をきたしはじめた時、
それを悪と呼ぶのです。

しっかり、
何が善で何が悪か、
これを明確にして認めれば
解決策が出てくるのに、
あいまにして、
受け入れてしまうから
後に、大変なことになるのです。

例えば、病原菌を、
追い出す仕組みは、
病原菌を悪としっかり身体が
認めている時、
排除しようとするわけですが、

身体に司令をだしていく、
あなたの意識が、
身体に向かって病原菌を
「いいね」「みとめるよ」
善だから・・と言っていたら
病原菌は身体に入ってきて、結果。
病気やら死をまねくわけですね。
病気の場合は、悪と善が、
曖昧になっている思考が、
どこかにあるのです。

これは、自分の事になると、
さっぱり何の話か、わからないので、
興味がある人は、個別に瞑想会で、
相談してくださいね。
自分がどんな病気の思考を持っているのか、
自分でもはっきり認識でき、変えることが
出来るようになります。
(9月30日(日)にLDPでの分析の方法を教えます、
参加したい人はメールでお問い合わせください。
あと1名なので特に告知はしてません)

この間、ニュースを見ていました。

東北の桃農家の男性の話でした。
育てた桃を熊に食べられるので、
小さいハクビシンを捕獲する
罠をしかけたところ・・・
こぐまが罠にかかった。

それを見に行ったら、
後ろから、
親ぐまに襲われ、
怪我をした。
おまけに、親ぐまにも、
小ぐまにも逃げられた。

こんなニュースでしたね。

ブラフマン(創造主)
の視点からすると、
ニュースに出てくる、
すべての登場人物は自分です。
小ぐまも、親ぐまも、農家の人も、
全部が自分です。

このニュースを見た時に
「漫画チックだなー」と思って、
「クスッ」と笑った
自分がいたのですね。

真面目に、
桃を作る農家の人を笑った。

これは、
自分の中にある、真面目に働く人、
(生産性がある人、生みだす大人)を、
バカにしている子供心を表します。

子宮や前立腺や、
生殖器にまつわる病気は、
女性性否定、
男性否定と言われていますが、
もっと詳しく言うと、

生みだす人を馬鹿にしている思考。
お母さん(お父さん)を下げていると、
これが、うみだす器官の機能低下や
問題を創り出します。

しかも、
ツッコミどころ満載なのが、
ハクビシン用の小さな罠で、
熊を捕獲しようとした。
この人(=結局、自分)
熊を本気でやっつける気がないのです。

熊をしっかり害獣(悪)と、
認めることができないと、
捕獲も出来ません。
くまちゃん親子かわいいな(善)と
思っていると、
結果、
自分の命が脅かされていくのです。
(これが善と悪が曖昧になっている思考で、
病気の元凶)

これが、全部、自分であり、
ここを変えておかないと、
未来に同じようなエッセンスのものが、
現実になる事を教えているのですね。

ニュースという
他愛もない日常の1コマなのですけど、
とんでもない!
見事に自分の病気の思考が隠れているので、
現実化する前に
急いで、芽を摘みました。

とにかく、病気の場合は、
善と思っているものと
悪と思っているもの
ここに大きな認識の歪みがあります。
それに早く気づく事ですね。

ーーー編集後記ーーー

この間の突撃!自宅で瞑想会には
2日間で、22名の方が全国から参加されました。
懐かしい方もいっぱいで、
とっても楽しかったです!
誰でも自宅から参加できます。
またお知らせしますね。

今度はLINE@で開催しますので、
準備が出来たらお知らせしますね。

 

アトピーと瞑想2


今日の写真は、大阪・天神祭瞑想会の写真です。
花火に向かって、未来をつぶやいてみました。
では 前回の つづきで、
アトピーと瞑想2です

ある程度の人数、
瞑想に来られる方達の中の
アトピーの人を見ていると、
瞑想でアトピーが改善していくのか?
いかないのか?これはわかります。

とにかく、治っていく人達の、
気迫は、全然、違いますから。
アトピーでいるメリットよりも
デメリットのほうが勝る時、
ホトホト嫌気がさして、
真剣に治すことや、
本当の自分を言い訳なしにみる事に
向き合い始めるって感じですね。

反対に治らない人たちは、
いかに、自分が、
色んな事に手を尽くしてきたけれども
治らないのかと話をします。

まるで、アトピーが治らないことを
証明したいかに見えてしまいます。
「あれもやった。これもやった」の
自慢話のようにさえ聴こえます。

今、症状に苦しんでいる人は、
「アトピーでいるメリットなんて、
どこにもないわ!」

と・・
本当に苦しいから、そう思うでしょう。

こんな場合は、
まずは、自分にむかって、
事あるごとに、
「アトピーを言い訳に使うな!」
と、言ってみて下さい。

最初は、何も出てきません。
(心の深くに、隠しているのです)

ずっとつぶやいていると、
出るわ出るわ!
ふとした瞬間に、
アトピーを言い訳にしている事や
言い訳に使ってきた記憶が、
出てきます。

アトピーだから、結婚できない。

アトピーだから、仕事ができない。

アトピーだから、飲み会にいけない。

色々、出てくると思います。

これらは、
本当の事だろうか?(笑)

ここにアトピーを使う限りは、
アトピーが、
その言い訳をするために必要なので、
創造され続けますし、手放せなくなります。

瞑想ではよく
「手放す」って言葉を使いますが、
ホント、文字通り握りしめている
「手を放す」だけなんだけど、
言い訳に使っていると、
この簡単なことが出来なくなります。
失っては困るからです。

例えば、

「アトピーだから結婚できない」

(アトピーでも結婚してる人、沢山いますよね)
だったら、
結婚できないのは、
本当は性格が悪いからかもしれない。
自由を手放したくないのかもしれない。
でも、そこを認めて、自分を変えるのは、
辛いから、アトピーが必要で手放せない。

「アトピーだから働けない」
本当は働くのが、
めんどくさいのかもしれない。
でも、そんな事話すと、
お給料がもらえないし非難されそうだから、
非難されないためには、アトピーが必要。

「アトピーがひどいので、
今日の飲み会は参加しません」
本当はメンバーが嫌。とか、
お金がないから行きたくないなど、
本当の理由は、
角が立つので言いたくない。
だから、断る理由に、
手っ取り早く使えるアトピーが必要。

言い訳に使うとは、
こんな感じの事を言います。
これが、自分の中から出てきたら、
それを「ストップ」と言って、
やめていきましょう。

「アトピーを言い訳に使うの辞めた!」

こんな風に強く自分に言い聞かせます。

やればやるほど、気づくようになります。
大なり小なり、必ず、
誰にでも病気や症状を言い訳に使う
これはあると思いますので、
さぐってみましょうね。

それでは、
辛い夏かもしれませんが、
普段どおりに、
瞑想を続けてみて下さい。

瞑想の途中で、改善を目指せるように、
その都度、指導はさせていただきますね。

今日のおみくじは・・
https://www.1satori.com/

悟りと欲望

今日は、
悟りに至る7つのマインドセットPDF
の特典のおまけの感想に頂いたメールからです。

(質問)
以前あるブログで、
「悟りの道に進むと世捨て人になったり、
肉が食べられなくなったり、
性欲が無くなって異性も離れていく」

という記述を見かけました。

 

世間にも、悟り=禁欲や世捨て人、
みたいなイメージを持つ人は多いと思います。
しかし、みのり先生や他の受講生を見ていると、
全く違うと感じます。

悟りを目指して瞑想家になる人で、
禁欲に向かう人と、
現実創造に向かう人では、
何が違うのでしょうか。

(お答え)
はい。これは、
ゴールの視点がどこにあるのかが違いますね。

質問の中にある。

世捨て人、肉が食べられなくなり、
性欲が無くなって、異性も離れていく、
これ、一番アカンやつです(笑)

(肉は、嗜好の問題だから、
好みでよいとは思いますよ)

 

「空」には方向性がありません。
だから、創造主である自分自身が、
ゴールを決めないといけません。
その方向性を間違えているのです。

 

宇宙の成り立ちは「空」と、
そこから、
生み出された3つの要素で成り立ちます。

 

3つの要素とは、
創造(うまれた)・
維持(そこから成長する)・
破壊(成長を見て喜び達成感を味わい、
最後には死をむかえる)

 

そして、創造・維持は、
次々に創造的なこと、
成長する事が、起きてきますね。

学習や趣味、仕事の習得など、
出来ないことが出来るようになったり、
家族や恋人や子供が出来たり、部下が出来たり、
友達やファンが出来たり、
これらも創造・維持の特徴です。

 

 

私達は、自分の意志で生まれています。
生まれた時点で、
何かの成長をしたかったはずなので、
創造・維持に向かっていくことは、
自然な人生です。

 

禁欲に向かう人は、
何もまだ創造してないのに、
生まれる前の状態の「空」に、
戻ろうとしているのです。

 

つまり、破壊(この場合は死)
これが胎内回帰を求めている状態なのです。
そして、視野が狭いと、
それがおかしいことだとは気づきません。

方向性が胎内回帰の場合は、
自然の流れを逆行しているので、
とても非効率です。

 

 

そして、
空には、善も悪もありません。
けれども、方向を決めた途端、
善・悪が出来上がります。
簡単には、
向かう方向を促す考えや行動は善とし、
妨げるものが、悪になります。

 

胎内回帰は、いきなり、
生まれてきたにも関わらず、
創造・維持に向かう事を否定してるのです。

 

この世と関わる事。
力が出てしまう食べ物。
性欲・異性
(家族や子供という創造が出来てしまう根源)
これらが全部、方向性からすると、
悪と判断されるので、否定しますね。

 

創造する力を出す気がない
(ナマケモノ)なのに、
欲望を感じてしまうと辛いから、
欲望も悪として、排除します。

 

反対に、創造・維持・に向かう為には、
沢山の創造を見るために必要な要素が、
世界なので、世を捨てません。
力が出てしまう食べ物。
性欲・異性
(家族や子供という創造が出来てしまう)
これらが全部、方向性からすると、
善と判断されるので肯定しますね。

 

自分が力を出す原動力になるのが、
欲望なので、これも善で肯定します。

 

方向性が真逆になれば、
それに伴い、良い事と悪い事が、
全部、逆になるのです。

 

皆さんは、どちらを選びますか?
むかう方向を間違えないでくださいね。

みのりサイト

 

地味で、堅実な暮らしがしたい

今日もニュースレターに頂いた、
コメントからですね。

●多くの収入を得たいという気持ちと、
ひと昔前の日本人の、
お金のかからないわりと地味で、
堅実な暮らしがしたい。
という気持ちがあります。
それがなんだか自分の中で、
相反しているような気がしていて、
中途半端な感じです。

どう見ても、おじょうさまには、みえませぬ!

(みのりコメント)

これ、詳しく見ていきますとね。

「一昔前の、お金のかからないわりと地味で、
堅実な暮らし」これに、なぜ憧れるのか?

これは、おそらく、子供の時、
体験させてもらっているからですね。

 

その時、その暮らしを、
創り出してくれていたのは、
周囲の大人、ご両親や祖父母です。

 

「お金が、かからない」は、
家族がやってくれていたからですね。
子供の時の事は、ご自分は、
生産は無しの消費だけ。
お金は、家族に、かかってた(笑)

 

でも、今は、自分が大人なのです。
脳の子供の部分が、
この事を、理解していないのです。

 

そして、家族がしてくれていた事を、
「地味で堅実」と言いたいのは、

「子供の頃の私は、そんなに、
欲しがらない。いい子だったよー」
みたいな感じです。

 

でもでも、
今でも憧れるほど、
満足がいっぱいあった。
つまりは、
「ちゃんともらっていた。子供」
なのです。

いっぱい貰っていたけど、それを、
地味で堅実と話すのは、欲しいが強い、
「欲望を大きく持ってる子供」
だったともいえますね。

 

もう1つは、
「お金がかからない」とは?
どういう時に感じるでしょうか?

 

逆の言い方をすると、
「お金がかかるなぁー」とは?
どういう時に感じるのでしょうか?

 

仮に、
年収が1千万だったら、
ランチ代が、1万円でもお金がかかるとは、
思わないかもしれませんね。

 

でも、年収が100万だったら。
ランチがワンコインでも、
お金がかかるなーと思うでしょう。

 

つまり「お金がかかるなー」と
思わなくなる方法は、

 

お金を意識しなくてもいい位に、
ご自分が、力を出してきて、
働くことなのですね。
これは、やればわかります。

 

この方の相反する気持ちは、

欲望が大きい人だから、
お金を意識しなくてもいいくらいに。
力を出してきて、働けばいいの。
それが出来る人です。
憧れるほどの見本を、親が提示してますから。

 

でもそれは、自分の中の
子供心の部分は、
めんどくさーい。と思ってます。

そして、子供の時みたいに、
「誰かやってくれないかな?」
と思って、欲望を叶えてくれるのを、
待っている子供心があることですね。

もう大人です!
この子供心を修正したら、
すぐに希望は手に入りますね。

ご自分の子供に言い聞かせるように、
こんな事を自分に伝えてみましょう。

親がくれたものは、地味で堅実じゃないよ。
豊かで、いっぱいもらってきたよね。
それは、ぜいたくと言うんだよ。

それがわからなかったのは、
欲しい気持ちが大きかったからなんだよね。

あの時みたいに、
もっと豊かになっていこうね。

 

でもね。
ただ待ってるだけなんて、欲しいものも、
手に入らなくて、つまんない人生だよね。

 

もう大人だから、自分で取りに行こう!
なんでも自分で取りにいける。
沢山、動けるってワクワクするね。

 

お父さん、お母さん
(おじいちゃん、おばあちゃん)
働き者だったよね。
こんどは、私が、力を出してみよう!
出来るよ。

と・・
相反する気持ちが消えていくまで・・
伝えていきましょう。
子供心を動かすのです。
現実になるのは、早いと思いますね。

 

そして、両親が、
もしくは、子供の頃に見ていた、
周囲の大人が与えてくれていた世界観。
素晴らしいと思います。

ここに、心から、感謝する時、
あなたの中に、
眠っている力が、花開いていきますよ。

 

みのりサイト

 

 

心配することをやめる決心

今日もニュースレターに頂いたコメントからです。
お仕事の質問ですね。

(質問)
私は、起業して一年になります。
こころのどこかでは、大丈夫だと思っているのですが、
時折、心細くなったり、
不安な気持ちに占領されてしまうことがあります。
その気もちをどのようにしていけばよいでしょうか?

(みのりお返事)

自営業の人達が、
お仕事で、まず最初にしないといけないことの一つが、
年金の準備と「心配を辞める決心」なのです。

大事なので、もう一度、

心配を辞める決心

これが出来ないならば、自営業しちゃダメです。
なので、この質問された方、
今、ここで、決心してくださいな!

私は、自営業になる前は、
家電メーカーの派遣の仕事をしていました。
2ヶ月毎に更新なのですね。
普通には、更新されます。それは分かっていても、
更新の前には、いつも「更新はあるのかな?」
と心配してました。

反対の言い方したら、更新の直後からの
1ヶ月と半分くらいまでは、
心配しなかったということなのです。

では、これが自営業では、
どうなるかと言えば、

この決心が出来てないと、四六時中、
毎日、毎日、心配することになります。
心配しながらの思考が積み重なり、
心配からお客様に接する可能性も出てきますよね。

そして、この決心がないと、
成功してようが、
してまいが関係なく、心配してしまうのです。
だから、一番最初に、この決心することです。

宇宙は、自然の流れが大好きです。
だから、その人が、その人の仕事をしている時、
支えますね。

瞑想の素晴らしい所は、
自然の大きな流れを、
自分の中につくっていくことですね。

この間、
瞑想会に来られた方が、
こんな話をされました。

店舗で働いておられる某資格をお持ちの方でした。
瞑想始めてから、お店の売上げが、
上がってきたそうです。

この話の意味する所は何か?
この方がされている某仕事、そして、某資格。
これは、この人の自然の流れなのだということです。

みのりサイトはこちら