なのに・・婚活と言う

今日もLINE@に頂いた質問です。
(いただいた質問)
今日見た夢なのですが、
カウンターのみのうどん屋さんに入りました。
人気店のようで、待ってるお客さんがたくさんいました。

うどんを食べて終えた頃に知らない男性がやってきて、
私の隣に座りたかったけど、
私の隣に座っていた人が仕事の打ち合わせをしていて
退かなかったので座れなかったと言ってきました。

私は残っているうどんを一緒に食べようと提案しました。
うどんは残りわずかで、
割り箸の袋とかお手拭きとかゴミも入っていたので、
すぐに取り除きました。
あと梅干しの種みたいなものもあったので取り除こうとしたら、
よく見るとマスカットだったのでそのままうどんに残しました。
ごみが入っていたので申し訳ないと思ったのですが、
男性は気にせず食べてくれました。

婚活中なのですが、
男性が自分を受け入れてくれたという解釈で大丈夫でしょうか?
うどんのゴミは自分のことをゴミと思っているということでしょうか?
何か気になる夢だったので教えていただけると嬉しいです!

(みのりコメント)
まずは、もっと瞑想をしましょう。
意識がクリアーでないと単に夢はストレスの解放の雑夢です。
そこに知性はありません。
でも、ここからでも、いろんな事がわかる夢ですね。

うどん屋さんは、うどんを食べに行くところです。
(なのに・・婚活と言う)
仕事をしている人が隣に座ってる
(なのに・・婚活と言う)
カウンターだけの店は、基本、お一人様のお店ですね
(なのに・・婚活と言う)

とにかく、婚活と言う割には・・
矛盾に満ちた夢なのです。

人が並んでいるは、
結婚というものに対しての焦りを表します。
全部が自分です。

今、この状態から結婚を決めても・・
多分、マリッジブルーに入りますね。
この夢のどこにも、
ハートが暖かくなるような感覚がありませんからね。

相手に会ってみる。そして感じることを大切にする。
会ってないのに、考えすぎなのかもしれませんよ。

あと、
「男性が受け入れてくれた!」ではありません。
日常の中での見聞きしたことから、
あなたが、学んだことが、
「結婚とは、男性が女性の尻拭いをすることだ」
そんな思い込みであり、間違えた、
不幸に突入する結婚の定義になってるのです。

「尻拭いする人」と「尻拭いされる人」は、
どちらか一方では人生というドラマの中に登場しません。
人生というドラマを自分が創ったのであれば、
両方の登場人物を自分が時期を変えて、
人生という劇場の中で演じるだけです。

だから、立場が逆になる事
「結婚で、男性の尻拭いを自分がする羽目になる」
これがうすうす分かるから、これをを恐れて、
結婚に躊躇しているのです。
このドラマを変えてから幸せな結婚をしたいのです。

だから、ここはしっかり変えておこう!

結婚への恐怖を取るとしたら?
これまでの人生という劇場の中で、
自分の失敗を、男性に尻拭いさせたことが
何かあるはずなのですね。
(無ければ、この夢を見ないはず!)

この罪悪感を取り除きましょう!

みのりサイト

間違いなく・・間違えてる

(いただいた質問)
最近見た夢なのですが、
左右の耳に黄色くて丸いものがたくさんひっついてました。
なぜかカビだと思いました。
耳に水が入った時みたいに、頭を叩いてカビを落とそうとしたら、
耳の中からその黄色いものがたくさんでてきて気持ち悪いなぁと思いました。

婚活中ですが、最近は仕事のことが頭にあることが多く、
仕事に関してのことかなぁと思うのですが、
どういう意味なのか教えていただけると嬉しいです♪

(みのりコメント)

まずは、瞑想で、静寂を持つようにしてくださいね。
瞑想の「空(くう)」」の質は静寂です。
静寂が無い時、マインドのどうでもいいおしゃべりに、
大事な知性が伝えたいことがかき消されて、
マインドだけから物事を選んでしまうのです。

マインドだけから選ぶ時は、
全然、欲しくもないし、得ても嬉しくもないし、
よさげに見えるけど、どうでもいいものを。
幸せでもなんでもないものを・・選びがちになります。

だから、静寂を私は大切にしています。

それと、今現在、
耳から入る情報がストレスになっているのですけど。
この場合も二通りあります。

入ってくる情報が素直に聞けない場合の二通りはね。
一つは、どうでもいい情報を入れすぎてる場合。
知性に従えたなら、どうでもいい情報はスルーして、
ストレスを回避できますけど、
それが今は弱いの。静寂が足りないから。

もう一つは、
自分が全然正しくないのに、
自分が正しいと思ってて、疑わない場合。
これは人の助言や、言われることが、
幸せに導いてくれるのに、全部ストレスに聴こえてしまいますが、
問題は自分の認識の歪みにあります。

例えば、
自分が曇りガラスから外の世界を見ているとしましょう。
ガラス越しに、外の物事をみると、くもって見えます。
何を見ても、くもりにしか見えません。
例えば・・結婚や仕事が曇りにしか見えず。
それが正しいと思ってみてしまいます。

でも、ガラスの向こう側にいる人は、どう見えているでしょうか?
意外と正しい認識から物事を見てるはずです。
けれどもそこから、
どんなに、「結婚は楽しいよ」とか、
「仕事と両立できるよ」とか、「両立しなくても楽しいよ」とか、
アドバイスをくれたとしても、全部がストレスにしか聞こえないのです。
相手が正しいことを話していても、くもりガラスから物事を見ている自分には、
曇ってるとしか見えないからです。正しい情報が、ストレスにしか聴こえないので、
夢では、黄色いカビが沢山になってるの。

自分の曇りを取ることが先決なのです。
認識の歪みです。今、間違いなく勘違いしてることがあるの。

この夢を見たということは、
自分が正しくないし、人の話すことが正しいけれど、
素直に聞けなくなってますね。

なんでもいいから、
人の話すことを相手が正しいと思って、
素直に聴いてみたら?

「この場所で咲きなさい」だとよ〜

10月に頂いた瞑想体験ですね。

「知性が、もう、ここを動くな!
眼の前にいるからと・・」
伝える体験ですね。
で・・本当に目の前にいた人と
結婚が決まりました(笑)

このビジョンの通りしたがって、
入籍したので、掲載しておきます。
素直に聴いてくれてありがと〜!

(頂いた質問)
プロスペリティ・マントラで瞑想しました。
手の平の上に大きな金の塊が乗っていて、
手を動かすことが出来ないほどでした。
足首も誰かに掴まれて、
足元を動かすことができず、
息苦しい感じがしました。
もがこうとして出来なかった感じです。

(みのりひとこと)
これ婚活女子の質問ですね。

金の塊で、
金貨ではないわけです。

豊かさとは
「こうあるべき」と思っていると、
ぜんぜん違う豊かさが、
来てるわけですね。

「見た目」とか「想像と違う」
「自分のこうあるべき」とは、
違うところに豊かさがあるの。

そして、
足を止められているわけです。
「この場所で咲きなさい」
なのです。

幻の中、
妄想の中に入っちゃだめですよ。

もしかしたら・・
もっと◯◯な、
私にぴったりの人がいるかもしれない?
こんな妄想。

その人、会ったことある?
会ってないなら、幻よ。
幻から動いちゃだめです。

そこに豊かさがあるから、
動いちゃだめなのですよん。

もしも、あなたが、
自分の現実の中で咲こうとしたならば、
もう相手に出会っている可能性が高いよ。

みのりサイト

※後日談 目の前にいた人と結婚されました!おめでとう!

瞑想de婚活

新年2日は瞑想のFBグループ内で、
自宅から参加できる新年プージャと
新年の祈願をしました。

告知が直前であったにも関わらず、
16名の方が自宅から瞑想で参加されました。

祈願では、
結婚やパートナーシップを
あげておられる方が多かったですね。
そんな事で、
今年は結婚やパートナーシップの事
婚活の事を多く書くことにしますね。

プライベートな事は内緒ですが・・。
皆さん、一緒に頑張りましょう!

婚活で私が心がけていることですけど、
パートナーシップって、仲良しの友達や、
両親以上に強い鏡だと思います。

だから、婚活は、何かを「気づく」程度じゃダメなのです。

婚活で気づいたこと、感じたことは、
必ず自分に当てはめて、行動、実行、
その後に修正をするように心がけていますね。

例えば、婚活はじめた頃、
一番、最初にお会いした人の話です。
「婚活どれ位されているのですか?」と聴いたら
「10年目です」と(笑)

思わず「誰か、この人に突っ込んであげて〜〜」と、
思ったけど、目の前にいるのは、私しかいない。

就職活動ならば、10年もしてたら、
周囲の誰かが「おいおい、どこかで手を打てよ!」と、
突っ込んでくれると思うのですよ。

何がこの人の問題なのか? 
結局、期限を決めてない事なのよ。

この人の結婚の期限は「いつか」だから、
どこまでいっても「いつか」でしかないわけです。

そして、パートナーシップにおいては、
この人が、私の今現在の、強烈な自分を表す鏡なのです。


だから、この人が、覚悟が決まってないのではなくて

「いつか」と思ってるのは「私自身」ってことになります。

気づくだけでは、意味がないって、どういう事かというと、
他人事だと思ってる状態が「気づくだけ」なのです。
自分の事なんだと思って「行動、実行、修正する」
これが必要ってことですね。

相手の中に見えたものを自分だと思って、
自分を修正をするのです。
相手が持っていると思ったら大間違い!

つまり、この場合だと
「私が、婚活の期限をしっかり決めること」
となります。

そうしないと、
10年後、男性に「何年、婚活してるのですか?」と、
聴かれて「10年目になります」と、答えている 
ツッコミどころ満載の私がいる事になるのです(笑)

もっと沢山、例を挙げるとしたら、
もしも 自分の出会う人が、

マザコンっぽい ならば、
実は自分が親離れしてないから、
「親離れする」これが、修正です。

「俺様モテるだろ!」的な人ならば、
自分がまだ 沢山の男性にチヤホヤされて、
女としての自信を確認しておきたい時期にいる傾向があるのです。
婚活じゃなくて、私イケてるでしょの確認してるだけ。

だから、そんな事抜きに自信をつけて、自分を信頼する。
これが修正です。

とんでもないケチな男だった ならば、
自分が相手に何も与えようとしてない、
出し惜しみして、クレクレの要求が多いから、
自分に何が出来るかを考えて力を出してくる。
これが修正です。

気づきだけ・・って、
とんでもなく恐ろしい事なのですよね。
気づきだけって、何もそこから修正しないとしたら、
前進がないのですね。というか、
ずっと、同じような相手が現れるでしょうね。

そして、いい男がいないとボヤいて、
自分が修正しない いい女じゃない。
こんな状態のはずなのです。

でも、気づいて自分を修正していけば、
今度は出会う相手が変化してくるのです。
これは、本当に不思議なのです。