ピラミッド状態は公平・平等

(頂いた質問)
プロスでの瞑想、最後金貨をもらうとき、両手に金貨を受けとるイメージがきて、その金貨は無限に降ってくるのではなく、両手にピラミッドのように積み上がり見上げるくらいになったら、ピタリと止まりました。
実際、両手に重みを感じ、こんなにリアルに手に重みを感じたことがなく、ビックリして瞑想を終えるという体験をしました。
とても不思議な感じだったので、先生にお聞きしたくラインしました
良い感じなんでしょうか? 笑

(みのりひとこと)
タイムリーな体験ですね。
詳しくは、話を聴いてみないとわかりませんが、おそらく、自分の周囲に
平等とか、公平にまつわることで葛藤が起きてるのです。
不平等感やら、損得についての間違ったものの見方ですね。
ピラミッドが重いの。でもこの重みはプロスペリティマントラだから、
豊かさを教えてくれる重み。

ならば、ここはしっかり間違いを正して理解しておきましょう。
おそらく、子供が2人になることで、何かの序列が崩れそうになっているんですね。

どうしても、子供に意識が向きます。
お忙しいでしょうし、もしかしたら、「なんで私ばっかり・・」とか、
外の世界を見て、私の時間はないのに、独身の人はお金も時間があっていいなとか、
いろんな不平等感。
これが間違いだということ。

ピラミッドの底辺は、その他大勢。
ここから上の階層のことはわからないから、間違えた思い込みが起きるの。
それぞれの階層でぜんぜん違う役割を担っています。

外と自分を比較した時は、独身の人は時間もお金も自由がある。
でもそれを選択するかわりに、誰かに守られることはないし、ピラミットの序列が上がることもない。簡単には、お母さんとか、妻という地位は得られないのです!

家の中で言えば、やはり大黒柱(仕事してお金を持ち帰る人)が
ピラミッドの頂点です。
ご主人ですね。そして次に自分。そして、子供。

子供に一番意識がいくので「なんで夫は、手伝ってくれないの?とか、不満も出てくるでしょうけど、ピラミッドの頂点が、家計を支えてこその子供なのです。この序列を理解した上で、子育てをお願いするの。

ちょうど、今日は即位の儀式があるからTV見てました。
まず序列があり・・そこから参列者の席順とかも決まっていくの。
国王(任期の長い順番)・皇太子・首相・・

見事なピミラミットが 一番不平等に見えて、一番、平等であり公平なのです。
序列が崩れてないから、見事がスムーズに決まるし、成長して繁栄していくのです。
女神ラクシュミはそれを伝えたいのです。
これが(心のなかで)崩れかかっているから伝えたいのです。だから重たいの。

理解したならば、家庭も夫も子供の将来もいい感じ。
理解してない時は、将来、歪が出てくる。

瞑想みのり