血液型が変化した

珍しい出来事だったので、
ブログにも書いておこう!

入院の時に知ったのですけど、
血液型が変化してました。

いや〜50年間 
大雑把なO型だと思って生きてきましたよ。

それが・・いきなり、
繊細なA型だったと知った瞬間ね。

自分のことをどう扱っていいかわからず・・
顔がにやけました。

まぁ 私にとっての意味とは、
変わるはずがないと思っているものまで
変わってしまうことがあるということ。

瞑想にしても、フラクタル心理学にしても、
この2つは、そういう意味なのです。

瞑想みのり

フラクタル心理学マスターコース

お金と仕事の定義は何ですか?

今日もニュースレターに頂いた
コメントからです。

●お金が入ってくるには、
苦労や時間を惜しまないと
入ってこないように感じています。
楽しみながらお金と接していきたい。

MBIPフォローアップ会場です。

●お返事
そうですね・・
私は、ある部分では、
正しいのではないかと思っていますよ。

自分が出した力の量しか、戻ってきません。
お金もエネルギー(力)ですからね。
ここは真理です。

 

もちろん、力のかけ方や時間のかけ方を
工夫することは出来るとは思うのですが、
基本的には、力を出してないのに、
何かを得る。これは、無いと思うのです。

 

まるで毎日遊んで、
稼いでいるかに見える人でも、
毎日ブログを書いて情報発信していたり、
セミナーを動画にして配信していたり、
(効率を考えている)
人が怖くて、お金を出さないようなところに、
投資していたり(自分の分身のお金が、
死んでしまうリスクをとっている)
必ず力を出してます。

 

人や周囲の環境に対して、何か力を出して、
役に立ったことに対して、
エネルギーが循環して、戻ってきている。

 

ここに例外は無いと思います。
少なくとも、私個人的には、
例外を見たことがないのです。

 

たまたま、
宝くじで1億円当たった人とか、
まだ、身近で見たことがないですもの。

 

おそらく、自分が持っている
お金に対する定義が自分に合わないから、
苦しくなっているのです。

 

「お金とは◯◯だ」
「仕事とは◯◯だ」

 

自分の定義で自分が苦しくなっているのです。

 

定義が苦しい時は、
お金や仕事、労働についての
定義を、自分が心地よく、
力を出せるような定義に
変えておくとよいと思います。

 

 

この世界は、
自分の定義通りのことが起きてきます。
そして、定義にないものは、
この世界に見ることが出来ないのです。

 

「お金は苦しまないと得れない」と、
定義しているから、苦しさがつきまとう。
定義通りなのです。

 

 

年末に、私は、とんでもなく、
驚いたことがありました。
驚きまくったことです。

 

それは、周囲の身近な人の中で、
リアル億万長者が数名、
登場したことです。

 

それも1億円とかではなくて、
税金で1億円とか(笑)
本当に登場しちゃったのです。

 

2年ほど前に聴いた、
怪しそうな投資の話に乗った人達でした。

 

私は、この話を、
聴いていたのに「怪しげー」と、
偏見を持って、話を蹴りました。
話を蹴らずに、乗った人達。

 

この差が1億円です。(厳密には3億円)
もうね・・1億円落とした気分ですよ。

 

私の中では、聴いてるのに、
ここに乗れなかったことは、
大失敗なのです。

 

一つ決めたことは、
もうこの先は、
世の中の未知なものに対して、
偏見を持つのをやめよう。

 

情報がすぐ行き渡る世の中です。
ありきたりな話には、
もう魅力なんて、残ってないのです。
怪しい話にしか乗らない事(笑)
ありきたりな話の方が、
貧乏くじなのです。

 

実際にこの話に、乗れた人は、
やっぱり勉強して、熟考していましたよ。
決して馬鹿ではないのです。
世の中の流れをよく見ているのです。
偏見とは、無知から来ます。

 

そして、もう一つ決めたことは、
お金に対する定義を変えたことです。
大きな私の敗因は、
億万長者に対して持っている定義だと
思ったからです。

 

1千万程度の年収であれば、
個人でも、創業者でなくても、
努力して力を出せば、なれると思っています。
こう思っているから、
現実に、周囲にはそんな自営業の方が多いですね。

 

けれども、億万長者と言えば、
私の中では、会社の創業者でないと、
絶対に、無理だと思っていました。
決めつけていたのです。

 

「億万長者は、創業者しかなれない」
こんな自分の中の定義。

 

今回、私は億万長者を、間近に見ましたが、
どの人も、一緒に学んでいた
普通の人達です。

 

だから、本当にびっくりしたのです。
「億万長者とは◯◯」の、
私の中の定義に無いから、
1億円が外の世界に、見えなかったのです。
それで、見送ってしまったのです。

 

そんな事で、
今年はじめにしたことは、
お金の定義の書き換えです。

 

「億万長者は創業者しかなれない」
から、

「億万長者は誰でもなれる」

こちらに変えておきました。

 

自分が、苦しくなる時は、
どんな定義を持っているのか?
この定義を見直してみましょうね。

瞑想したことがない人も、瞑想会は参加できますよ。!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&おみくじ

今月の伝授&瞑想会(大阪・その他)

 

 

 

 

 

印象に残った出来事3位2017年

今年ももうすぐ終わり。
垢落とし年末プージャが残っているだけですね。
30日は満席ですが、28日は空いてます。
https://www.1satori.com/blog/?p=5189

毎年恒例の1年を振り返って、
印象に残った出来事ですね。

3位は、絶対に、起きてほしくない、
ネガティブな出来事ですよ。
でも、振り返ると、
私の転機になったと思える出来事です。
ピンチはチャンスといいますけれど、
やっぱり、ピンチはピンチですよ。
そうしておかないと、チャンスを掴むために、
わざわざ、ピンチを創り出す人になってしまいますからね。
創造主として物事を見ると、
ピンチはチャンスなんて、それ美化ですから。

 

2月に、
私のサイトとブログがアダルトサイトに、
のっとられた出来事ですね(笑)

 

乗っ取られるとか、あるんだなーと、
びっくり仰天。

 

サイトが乗っ取られるということは、
実店舗で言えば、自分の店が火事や
水害にあうようなものですね。

 

復旧までに1週間かかりました。
悲しかったし嫌だったし、
でも、復旧するまでは、
どうすることも出来ないですしね。

 

私は、
ずっと瞑想を教える仕事を20年以上してきています。
11年くらい前までは、家電メーカーで、
調理系の仕事をしており、副業だったわけですが、
11年前からは、瞑想1本で来ています。
「1つの事しかしないこと」
それが、仕事で成功したきっかけだと思っていました。

 

でもこの出来事からは、考え方が変わりましたし、
自然の流れとしても、
変えていかないといけないなと感じましたね。
11年前は仕事が1つでもよかったのでしょうが、
仕事がたった1つしかないということは、
何かあれば、致命傷になるなと思いました。

そんな事で、印象に残った出来事3位は、
「サイトとブログをアダルトサイトに乗っ取られたこと。

瞑想みのりサイトはこちら

楽しみながら達成しよう

長い間、ブログ更新しておりませんでした。
海外在住の姪っ子が就職が決まりまして、
働きだしたら、当分、遊びに来れないからと、
日本に遊びにきておりました。

京都や有馬やドンキホーテを
旅しておりました。

 

大手の旅行会社に就職が決まり
「面接、落ちる気しなーい」と話してましたから、
こういう自信はどこから来るのかな?と、
不思議に思っていたら、

 

今回の就職が夢への通過地点で、
将来は、中近東の某所で働くという夢が、
明確に決まっているのです。
だから、あたりまえのように、
通過地点を通るだけなのです。

小さいながらしっかりしてますね。
夢を持つというのはとても大事なことですね。

そして、夢を持ったら、
そこに向かって楽しみながら達成していく。
これも大事です。

楽しみながら進めないとしたら・・
何かがおかしいと思ったほうがいいですね。
夢を叶えるのは楽しいはずだから。

またぼちぼちと、
瞑想のこと書いて行きます。

瞑想したことがない人も、瞑想会は参加できますよ。!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのり

 

 

 

不器用な人でも、仕事で成功するコツとは1

日曜日は、カウンセリングで所属しております
フラクタル心理学の10周年の記念パーティに
招待されて出かけておりました。
参加者150名の前で、
お仕事のコツを話すことになったのです。

会長のあいさつ

 

今年の冬に、フラクタル心理学の
マスターコース入門を開催したところ、
全国で60名を超える方が参加してくださいました。

 

パーティは楽しかったですが、緊張しましたよ。
150名の前で壇上で話すわけですから、
足が震えて、まぁコントのような事になっておりましたよ。
でも、気づきも多くありました。これは次回、書きます。

 

パーティで、話をさせていただいたのは、
お仕事のコツについてでした。

私自身、そんな器用なタイプではありませんから、
心がけていることは、日頃から、
自分が感動したもの、
「こりゃ凄いぞ!」と、思ったもの。
とにかく、商品そのものの魅力=商品力というのを、
とっても、重要視しています。

 

インターネットで集客する場合は、
伝えて書く能力、写真の見せ方なども
大事でしょうけど、
商品そのものが、魅力的で、画期的で、
効果的なものを扱う。
単純に、これですよ。

 

そして、どうでもいいものを扱わない事。
これも大事です。

 

「どんなものでも、
書く力、伝える力があれば、売れる!」と
豪語する人もいますけど・・・・

アホだなと思います(笑)

どうでもいい商品を、その能力でもって、
売ってしまった時、
信用をなくしてしまう事になるから、
損します。

 

「信用をなくす状況」
そんなものが、
欲しいのでしょうか?

 

どんなに、伝える能力があっても、
商品に魅力がなければ、伝えられた方は、
たまったものではありません。

 

反対に、伝える能力がなかったり、
不器用だったりすれば、
そんなに多くの人が、
知ってくれるわけではありませんが、
もしも、商品力が抜群に良ければ、
やっぱり、売れていくと思うのですね。

 

時間がかかっても、
つい、友達に話してしまう(口コミ)
と思うのですね。

 

そして「売ってくれてありがとう」
「紹介してくれてありがとう」
と、言われますよね。これが信用。

 

皆さんも、
本当に自分が惚れ込んでいるものを扱ってますか?
どうでもいいものを売ってませんか?

 

私は、色んな勧誘を受けます。
ヨガに行っても、
エステに行っても、
百貨店に行っても、
そして、
FBでも個人メールで色々、紹介されますよ。
場数こなしていると、

「何で連絡してくるのか?」

これを、一瞬で見抜く程、
勧誘を受けているのです。

 

そして、買い物が好きだから、
勝手にいい商品があれば、
勧誘されなくても買いますよ。
いいな〜と思ったり、
人間に信用があった時に、買いますね。

 

あなたが扱う商品を、あなた自身が、
本当に惚れ込んでますか?
どうでもいいものを薦めている人が多すぎるのです。

瞑想したことがない人も、瞑想会は参加できますよ。!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのり

 

 

 

 

お金が欲しいと怖くて言えない理由は?

ニュースレターに頂いたコメントからですね。

●今、働き方を見直したいと考えています。
フリーランスで働いているのですが、
どんなにタイトなスケジュールで、
余裕がなくても仕事を受けてしまいます。

仕事は好きですが、休日も平日もなく働く、
今の状況は心地いいと思えない反面、
ありがたいと思っている自分もいて、
感情もブレてます。
口癖は「今の収入で満足」です。

●そうですね。
働き方を見直すいい時期ですね。
「今の収入で満足」と言う時、
その後に続く言葉が、何か隠れていますよね。

 

「今の収入で満足・・ありがとう」
だったら、
そこですっきり、完結しますから、
何度も言わないと思います。
心の中に満足があり、それを一番、
わかっているのは、自分だもの。

 

でも、口癖のように何度も言うって事は、
不満があり、
それを感じることにタブーがあるから、
言い聞かせるように「満足、満足」と、
何度も蓋をしないと、
不満が出てくる状態なのです。

 

つまりは、口癖になる時点で、超不満。
でもそれを言ったり、感じたりする事、
お金に対するタブーが、
沢山あるのではないでしょうか?

 

なんで、
お金にタブーがあるのでしょうね?

 

おそらく、
お金を沢山、
攻撃してきた過去があると思います。
人って、自分が、裁いてきたことで、
裁かれる気がするのです。

 

 

それは、あなたが、子供の時に、
親や、働く大人、お金持ち、
仕事をしっかりしてきてる人達、
お金と向き合ってきた人達を
馬鹿にしたり、攻撃してきている
可能性が高いです。

 

いざ、自分が働くことになり、
お金を素直に無邪気に、
欲しいと思った時に、
馬鹿にされたり、
攻撃されるような気がするから、
素直になれないのです。

 

結果的に、感情の 
何がぶれているかと言えば、
「欲しい」という欲望を麻痺させてますよ。

 

「私は欲しいのだな・・」
と、まずは、素直に認めることから、
始めてみませんか?
何度も自分に向かって言ってみましょう。

 

そして、
欲しいものは、欲しいと言って、
得れなくて諦めてきた記憶や、

 

欲しいものは 欲しいと言って、
得てきた人達を馬鹿にしてきたか、
攻撃してきた記憶を探して、
この自分の間違いを取り除きます。

 

攻撃してきた、
思い当たる記憶が無くても、
多くの人が、間違えて思い込んでいます。

 

例えば、私の例ですけど、

 

子供の時、アニメの「ルパン三世」
好きでした。
キャッツアイも、好きでしたね。
同じ年代の方、
同じような記憶はないですか?

 

では、
TV見る時、どっちの味方して見てましたか?

 

お金持ち(働き者、社会の貢献者)から、
お金を奪うのが、ルパン三世です。
それをとっちめる銭形警部。

 

間違いなく、悪者は、ルパン三世ですよね。
それなのに、悪者は、
どこかで、お金持ちや、
銭形警部の前提で見ているのです。

 

深層意識には、
アニメと現実の
違いはわかりませんからね。

 

「金持ちを、攻撃したものは英雄」
という刷り込みが、
知らない間に、入っている事に
気づいたのは、大人になってからですよ。

 

多くの人は
「金持ちを攻撃したものは英雄」
そんな刷り込みに気づかないで、
アハハと楽しくアニメを見てたりするのです。

 

そして、思考が積み重なる時、
現実でも同じ事をしているのに
気づかないのです(自分を英雄と思ってるから)
全部が無意識なところが怖いのです。

 

だから、記憶が無いとしても、
「攻撃してきた過去があるとしたら?」
と、ある事を前提に、探してみてくださいね。
結構、出てきますよ。

それでは暑い夏を乗り切りましょうね!

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&瞑想コント