会報誌に登場します!見てね

10月になりましたね。
LINE@での告知が遅くなりましたが、
瞑想まつりは 奈良に引っ越しての開催です。
去年、瞑想まつりで、男性とダンスしてる
ビジョンを見た女性がおられましたけど、
そのビジョンの方と結婚しましたね。
おめでとう!
私が、その時に「その男性と結婚し〜」と、
押しまくったので、ある意味キューピッドですね。

参加の方は、
お願い事もしっかり準備していらしてくださいね。
必ず詳細を読んで参加してくださいね。
混雑するので朝、メール対応ができないの。
瞑想まつり詳細。(あと1名)
https://www.1satori.com/blog/?p=8378

そして、もう一つ大きなイベント
東京と広島でのフラクタル心理学入門
もちろん大阪もありますよ〜。

婚活はフラクタル必須。
今度のフラクタルの会報誌は、
フラクタル&瞑想カップルが2組掲載されます。
40代〜60代になってからの結婚の参考になると思います。
まずは入門講座(大阪・広島・東京)から。

広島・東京の瞑想されている皆さんにも
お会いしたいので、
申込みの方は、夕食会もぜひ参加してくださいね。
瞑想&フラクタルの講師が二人入る夕食会ですから、
人生が大きく変化していきます。
転機を迎えている人、困った悩みがある人。
瞑想のアドバイス・夢の解釈・方向性など何でも聴いてくださいね。

色々と楽しいイベントが多い秋ですね。

では 今日もめいっぱい楽しみましょう。

「この場所で咲きなさい」だとよ〜

10月に頂いた瞑想体験ですね。

「知性が、もう、ここを動くな!
眼の前にいるからと・・」
伝える体験ですね。
で・・本当に目の前にいた人と
結婚が決まりました(笑)

このビジョンの通りしたがって、
入籍したので、掲載しておきます。
素直に聴いてくれてありがと〜!

(頂いた質問)
プロスペリティ・マントラで瞑想しました。
手の平の上に大きな金の塊が乗っていて、
手を動かすことが出来ないほどでした。
足首も誰かに掴まれて、
足元を動かすことができず、
息苦しい感じがしました。
もがこうとして出来なかった感じです。

(みのりひとこと)
これ婚活女子の質問ですね。

金の塊で、
金貨ではないわけです。

豊かさとは
「こうあるべき」と思っていると、
ぜんぜん違う豊かさが、
来てるわけですね。

「見た目」とか「想像と違う」
「自分のこうあるべき」とは、
違うところに豊かさがあるの。

そして、
足を止められているわけです。
「この場所で咲きなさい」
なのです。

幻の中、
妄想の中に入っちゃだめですよ。

もしかしたら・・
もっと◯◯な、
私にぴったりの人がいるかもしれない?
こんな妄想。

その人、会ったことある?
会ってないなら、幻よ。
幻から動いちゃだめです。

そこに豊かさがあるから、
動いちゃだめなのですよん。

もしも、あなたが、
自分の現実の中で咲こうとしたならば、
もう相手に出会っている可能性が高いよ。

みのりサイト

※後日談 目の前にいた人と結婚されました!おめでとう!

理屈は・・本音に負ける

(頂いた質問)
知性の夢でしたら教えていただきたいです。
味方が20人くらいいて、敵から逃げてます。
最終的に何かの液体を投げられ味方みんな殺されてしまうのですが、
味方1人が私の壁になって助けてくれて、私だけ生き延びる。そんな夢でした。

(みのりコメント)
そのままなので、知性と言えばそうなるけれど、
今、心が2つの事で葛藤をしてて、
焦点が当たっている方が、味方と思っている考え。
しがみついている割には、実際には優勢なのは敵の方です(笑)

で・・この敵と思っているのが、
本当の自分の本音なの。
それを認めることができないから、葛藤してる。

敵の意見を、認めてみたら?
具体例がわかりませんが、
自分が本音と思ってることの反対が本音です。
今、自分の心に嘘ついてる。

敵が強いでしょ。味方が助けてくれた・・とか!
小細工が通用しないの。

だって・・
人は、正直に生きてたら、
最後に自分の本音に負けるから。
瞑想してる人は、魂の本音とつながっているから、
本音を譲らないよ。沢山の瞑想してる人を見ててそう思うな。

みのりサイト

5月は特別イベント 大阪 女性限定恋愛成就 誘導瞑想会

瞑想de婚活

新年2日は瞑想のFBグループ内で、
自宅から参加できる新年プージャと
新年の祈願をしました。

告知が直前であったにも関わらず、
16名の方が自宅から瞑想で参加されました。

祈願では、
結婚やパートナーシップを
あげておられる方が多かったですね。
そんな事で、
今年は結婚やパートナーシップの事
婚活の事を多く書くことにしますね。

プライベートな事は内緒ですが・・。
皆さん、一緒に頑張りましょう!

婚活で私が心がけていることですけど、
パートナーシップって、仲良しの友達や、
両親以上に強い鏡だと思います。

だから、婚活は、何かを「気づく」程度じゃダメなのです。

婚活で気づいたこと、感じたことは、
必ず自分に当てはめて、行動、実行、
その後に修正をするように心がけていますね。

例えば、婚活はじめた頃、
一番、最初にお会いした人の話です。
「婚活どれ位されているのですか?」と聴いたら
「10年目です」と(笑)

思わず「誰か、この人に突っ込んであげて〜〜」と、
思ったけど、目の前にいるのは、私しかいない。

就職活動ならば、10年もしてたら、
周囲の誰かが「おいおい、どこかで手を打てよ!」と、
突っ込んでくれると思うのですよ。

何がこの人の問題なのか? 
結局、期限を決めてない事なのよ。

この人の結婚の期限は「いつか」だから、
どこまでいっても「いつか」でしかないわけです。

そして、パートナーシップにおいては、
この人が、私の今現在の、強烈な自分を表す鏡なのです。


だから、この人が、覚悟が決まってないのではなくて

「いつか」と思ってるのは「私自身」ってことになります。

気づくだけでは、意味がないって、どういう事かというと、
他人事だと思ってる状態が「気づくだけ」なのです。
自分の事なんだと思って「行動、実行、修正する」
これが必要ってことですね。

相手の中に見えたものを自分だと思って、
自分を修正をするのです。
相手が持っていると思ったら大間違い!

つまり、この場合だと
「私が、婚活の期限をしっかり決めること」
となります。

そうしないと、
10年後、男性に「何年、婚活してるのですか?」と、
聴かれて「10年目になります」と、答えている 
ツッコミどころ満載の私がいる事になるのです(笑)

もっと沢山、例を挙げるとしたら、
もしも 自分の出会う人が、

マザコンっぽい ならば、
実は自分が親離れしてないから、
「親離れする」これが、修正です。

「俺様モテるだろ!」的な人ならば、
自分がまだ 沢山の男性にチヤホヤされて、
女としての自信を確認しておきたい時期にいる傾向があるのです。
婚活じゃなくて、私イケてるでしょの確認してるだけ。

だから、そんな事抜きに自信をつけて、自分を信頼する。
これが修正です。

とんでもないケチな男だった ならば、
自分が相手に何も与えようとしてない、
出し惜しみして、クレクレの要求が多いから、
自分に何が出来るかを考えて力を出してくる。
これが修正です。

気づきだけ・・って、
とんでもなく恐ろしい事なのですよね。
気づきだけって、何もそこから修正しないとしたら、
前進がないのですね。というか、
ずっと、同じような相手が現れるでしょうね。

そして、いい男がいないとボヤいて、
自分が修正しない いい女じゃない。
こんな状態のはずなのです。

でも、気づいて自分を修正していけば、
今度は出会う相手が変化してくるのです。
これは、本当に不思議なのです。

 

 

魔性の女

以前、勤めていた会社に 
信じられない位、モテ女Mさんが いました。
後にも先にもこれだけモテる女性は見た事がありません。

奥菜恵と滝川クリステルを足して2で割って、
もっと柔らかくした感じで、
私より、一回り年下でした。

一緒に飲みに行けば、
デザートやら、おかずのサービスは あたりまえ。

毎週、取引先の男性のメアドは 
最低、2つ は交換してましたし、
展示会のモデルのコンパニオンの女性よりも 
カメラ小僧から人気がありました。

何でこんなにモテるのか?
観察してみると、
とにかく表面上、間口が広いです。
これだけモテると、敷居が高くなって、
男性は近寄り難くなるのが 
普通ですが、

「誰でも 拒絶しないで受け入れますよ~」
こんな感じを醸し出すのが、
とても上手で、 世の男性に
「おれでもイケるかも?」と感違いさせる
天性のテクニックを持っていました。

実際には、イケないんだけどね~(笑)
まさに 魔性の女です。

Mさんは 2年前に彼氏がいましたが、
一番、恋愛の楽しい絶頂期に、
彼女がした 小さい過ちが原因でこの彼と突然、
破局を迎える事になってしまい、
彼にとっても失恋でしたが、
彼女の過ちが、どうしても許せなかったのでしょうね。
この昔の彼、A君は、同じ職場の違う部署にいました。

その後、彼女には、星の数ほど出会いがあり
いつも誰かと浮いた話がありましたが、
彼女のハートの中には、
この昔の彼、A君がずっと居座っていました。

だから他の誰とも長続きしなかったのです。
頭(マインド)だけなら、
すぐに別の男性に切り替える事は可能です。
けれども それが、ハートでもすぐに出来るとしたら・・・

ハートが壊れているか、
もしくは、ハートに全然誰も入ってないから 
出来るだけです。
ある時、A君が、海外転勤で会社を去る事になり、
Mさんはこの話に動揺して、
「行く前にもう一度、話した方がいいかな~」
と悩んで、相談してきました。

多くの友人の意見は、
「Mさん位、モテたら
もっといい話は沢山あるから、ぶり返す必要はない」
でした。

でも 私は違うな~と思いました。
A君がこのまま海外にいってしまうと、
Mさんのハートの中には長い間、
この絶頂期の楽しかった時の 幻想の彼が 
居座り続けます。

そうしたら、
どんなに間口が広くても、素敵な男性が登場しても 
彼女のハートに入る隙間がなくて、
チャンスを逃す可能性があると 思いました。

もう一度、話すのは、またつきあう為じゃないです。
幻想を消して現実を見るためです。

A君は ステキな男性だったかもしれませんが、
彼女を許せず 度量が狭かった訳です。

「こんな男がハートにずっと居座ってどうするねん!」
これが私の意見でした。

Mさんはこの話を聴いて「彼と話す」と決心しましたが、
彼の部署の前に行くと、
怖くなって「やっぱり出来ない。止める」
この繰り返しで、A君が仕事を辞める最終日になってしまいました。

「こりゃイカン」と思った 
みのりおばちゃん(私)は、
ズカズカとA君のいる 部署に突入。
「すいませ~ん A君出てきて~ 
Mさんが話あるねんて~」 と 
大声で叫んじゃいました(笑)
Mさんは 私のこの大胆な行動に 
わなわな震えて走って、逃げ出したけど・・

結局、2年ぶりで、A君と言葉を交わした。
「彼と、最後に話せて良かった・・」と、
震えながら言った Mさんの姿は、
魔性の女ではなく、ただの純粋な恋に傷ついた少女の姿でした。

そして、話した後は気持がすっきりして、思ってた程、
気持ちが揺れない事に気づいたと云いました。
幻想の彼じゃなくて、今の本当の彼に触れて、
ハートから 彼が出ていってOKなのだと確認出来たんです。

ハートから勇気を出して、
幻想を追い出す事も時には必要です。

特に恋の場合はつきあう為だけに
人と出会うばかりじゃありません。

幻想を追い出す為に出会う事だってありますよ。

そしてめでたく魔性の女復活(笑)
今では、新しい恋を受け入れて 2児の母です。

 

みのりサイト&おみくじ