力が戻ってくる瞬間 三浦春馬さんの事

こんにちは
フラクタル心理学講師 のみやまです

昨日は、三浦春馬さんの訃報で、
悲しくて、LDPした話をブログに書きました。

フラクタル心理学は
自分の思考が現実化する100%例外なく。
という視点を変えません。

このニュースも、
私が観ているのですから、
私が創造しているのです。

三浦春馬さんのニュースの中に
私が、見ていたものは
「物事を努力して完璧にこなす。
でもベストを尽くしてダメとわかれば、死を選ぶ」
このような、自分の中の修正するべきニセアダルトでした。
(ニセアダルトというのは、
理性的な大人のふりしているけれど、実は、
子供の感情脳の事です)

ニュースの中なので、
影絵のように拡大されて大げさに映っていますが、
自分の話なのです。

まさに、
フラクタル心理学を始める前、
赤ちゃんの事で悩んでいた時は、
死にたい!死にたいと言ってた!ので、
身に覚えがあり、
過去の自分だとしか言いようがありません。

しかも、この間、
カウンセラーのアドバンステクニックを
東京に受けに行った時も、
沢山ダメ出しされて、
同じパータンが登場していました(笑)

「これだけやってダメなら・・
あっそう!じゃあ死ぬわ!」
って怒りの私の思考パターンなのです。

この点も突っ込みどころが満載で、

「これだけやった」が、
幼い子供の感情脳の反応なので、
つまりは、効率も悪く、言うほどやってない。
ですし(笑)

人と比較している状態での出来栄えを気にしてるから、
二元で物事を観ています。
これだと、比較の対象の「人」を創造している時点で、
そこに多くのエネルギーが使われ、
自分のやるべき創造に力が集中が出来てない状態で、
成果が半減するのです。

本来は、自分の未来や未来の方向性が比べる対象です。
(敵も、比べる対象も自分しかいない状態が正しい)
これが一元の状態。エネルギーが分散しないで
100%創造に使える状態ですね。

この点が、
私の修正すべき思考パターンなのです。
だから、この部分は手放します。

今朝は少し、
同じく三浦春馬さんの訃報のニュースを
違った視点で、見ました。
私は、彼の何が好きだったかと言えば、
俳優としてよりも、
醸し出す雰囲気やエネルギーが大好きでした。
芸能人だけど、擦れてない
誠実で清潔感のあるエネルギーなのですね。
色に例えるならば白です。
他の色に例えようがないのです。

ニュースを悲しく見るというよりは、
彼の中に投影していた誠実さとか、
そこからやってくる清潔さとか、
そういった素敵な質が、自分に戻ってきているんだ・・
そんな風に思いながら清々しい気持ちでニュースを
見ています。

「誰かの死」というのは、
世界に投影して観ていた自分のエネルギーが
自分に戻ってくる事です。

悲しいと思ってニュースを見ている人達は、
彼に観ていたどんな素敵な性質が、
自分に戻ってきてるのか?
そんな風に 自分の中に力を感じてほしいですね。

私は、今日は、
彼の素敵な美しい笑顔を沢山ニュースで観ます。
彼を称賛する人々の話を聴きます。
その力が私に戻ってくる事を感じながら
「帰ってきたね!ようこそ」
と思いながらニュースを観ます。

写真は、春馬さんのイメージで白にしました。

現象のしくみについて知りたい方は
マスターコース入門

白い花のような清潔な人でしたね。

 

愛って 何でしょう?

婚活のカウンセリングなどしていると、
愛がわからない人っています。

「お願いだ!婚活より前に!瞑想してくれ!」

愛は、考えることと、感じる事(感情)とも違います。
愛は、ハートの中にある力強いエネルギーです。
瞑想は、愛とつながります。

だから、
瞑想してる人は、
皆さん、内側の愛を知ってます。

知らないとしたら・・

「お願いだ! 愛を体感できる瞑想に!
さっさと変えてくれ!」

瞑想してる人は、
体感で愛を知っている・・
けれども、
これは、内側で自分が感じている
エネルギーの状態であれば有効なのですね。

私達は、
目に見える世界と見えない世界
両方にまたがって生きていますね。

だから、
外側の世界を見るにあたっては、
「愛って何か」をしっかり、
定めておく必要があります。

自分のハートの中にある力(愛)
これを、何と定めるかですよ。
これを「定義づける」と言います。

そうしないと、
愛を内側で感じている。
あることを知っているにもかかわらず、
外の世界で、認識できないのです。

例えばね。
愛が「優しくする事、すべてを受け入れる事」
と、定めていると、

子供を成長させようとして、
親が叱ってくれた事、
成長させようと、課題を与えたり、
プレッシャーをかけてくれたこと、
これが愛だとは、決して見えません。

だから、ずっと、親がしてくれた事、
全部を恨みに思っていたりします。

そして、自分の子供を、
諭したり、叱る時にも、
罪悪感や後ろめたさを感じます。
私には愛がないと、
自分が定めたとおりに、
間違って感じてしまうからですね。

「自分を愛する」
これも、定めていることが
「優しくする事、すべてを受け入れる事」
だったりすると、
たいした事してない自分を甘やかす事。
わがまま言う事。だと信じて疑いません。

あたり前の事しだだけなのに、
なぜか、自分へのご褒美だらけになる(笑)

こういうの、
愛とおもっていると、
自分が苦しくなりますね。

他にも例をあげるとしたら、
愛を「つながっていること」

こう定めていると、

外で、
必死で働くお父さん、
残業だらけの夫の愛が理解できません。
自分が定めてないから、
本当に、本当に・・見えないのです。

それで、夫には、愛がない冷たい。
愛されてないと思ってしまいます。

実は、
冷たいのは・・自分の方です。

病気などもそうですね。
愛を小さく捉えていると、
がん細胞とか、病原菌に対して、

受け入れて包み込み、
つながって、
優しくしちゃうから、
NOと言って、
体の外に排泄することが出来ません。
ウェルカム病原菌。

結果、
一番に愛すべき自分の肉体が死に至る。

愛じゃなくて、
それ残酷なんですけど・・・。

「あんなにいい人なのに、
なんで病に侵されるの・・」って、

よく聞くドラマのようなセリフは、
勘違いの愛いっぱいの良い人
だからなのかもしれません。

みのりサイト

愛はお金で買えますが・・何か?

今日もニュースレターに頂いた質問です。

●質問
夫の稼ぎが少ないことが悩みです。

●お答え
ご主人は、働いているのですね。

まずは、
「お金を稼ぐということは、
一番高度な愛の形」だと、
あなた自身が認識してないことが問題なのです。

多くの人が、特に瞑想者や、
スピリチュアル系の人たちは、
お金より愛が高尚だとか、
愛が尊いと思っています。
大事なものはお金では買えない。

と思っているのです。

これは、お金を稼ぐ人、
簡単には、夫、お父さん、上司、
もしくは、自分よりお金持ちの人
に負けたくないからなのです。
何もしないで勝ちたいのです。

さっさと、負けましょう!

確かに愛やワクワク、
爽やかな気持ちは、
素晴らしいですが、
私は、25年ほど前にお金で買えましたよ。

愛を体感することは、
素晴らしいものです。
でも、同時に、
全然、凄いことでも何でも無いのです。

瞑想で「愛」
簡単に、買えちゃいましたもの(笑)

「愛を知ってますか?」と問われたら、
間違いなく知ってます。

長年、瞑想をしてる瞑想者は、
「愛を知ってますか」と問われたら
「はい、もちろん知ってます」と、
即答できるでしょう。

「どこにありますか?」と問われたら、
「私のハートの中に・・枯れることなく、
無尽蔵にあります」
と、答えることが出来るでしょう。

これは、素晴らしいことです。
瞑想する大きな意義でもあります。
ここから得れる
恩恵が数知れずあるわけで、
それを私は得ています。
とにかく、瞑想を続けて下さい。

けれども、多くの瞑想者が、
愛のエネルギーが、形を変えて、
結晶化したものが、
お給料だったり、金(きん)だったり、
紙幣だったり、有価証券だったり、
もっと形を変えて、
物質だったり、サービスだったりする。

結晶化して認識できない時に、
愛じゃないと思ってしまうのですね。

そして、お金を得る方が、力を多く出し、
頭を使い、創意工夫して、愛の中では一番、
高度な作業だということが
理解できません。

簡単には、夫の愛、お父さんの愛
(稼いでくる愛・人を食べさせる愛)
が理解できなくて、
愛を体感してるだけの自分の方が上だと、
トンデモナイ勘違いしてるのです。
まずは、これを猛反省しましょうね。

話を戻しますね。

あなたの夫が高収入で稼ぐ人になった時、
自分が体感してる 愛の方が、
夫の稼ぎより高尚だと思っていたら、
あなたは、夫に負けることになります。

多くのスピ系の人が、
愛を体感してるのに関わらず、
稼ぐ夫と不仲であれば、

あなたが、
お金より愛が高尚だとか、
愛が尊い、
大事なものはお金では買えない。

と思っているということです。

外で仕事して、
稼いでくる夫やお父さんより、
愛がある私の方が上だと、
トンデモナイ勘違いをしているのです。

稼ぐ夫(父)を評価しないことで、
「仕事して稼ぐ」という高度な愛の形を
出してくること無く、勝つ方法なのです。
ナマケモノで勝つ方法というかね。

または、
夫が収入が少ない状況を創造すること。
こちらでも、勝てますね。
あなたが勝つためには、
稼いでもらっては困るなのです。

働いているご主人に対して、
もっと、愛を出してきましょう。
心を尽くしましょう。
手を尽くしましょう。

カード会社のCMで、

「お金で買えない価値がある。
買えるものはカードで」
こんなのがありますね。

素晴らしいCMです。

その価値があるものを得れた理由は、
ゴメン。お金を出したからだよ(笑)

それが、自分かもしれないし、
お父さんかもしれないし、
夫かもしれない。

ここにもっと敬意を払ってくださいね。

私も25年前、
愛をお金を出して、買いました。
それは 25年続く、
今でも色あせない、
素晴らしい体験ですが、
そこにお金を出せた、
自分自身に尊敬と敬意を払います。

みのりサイト

ハートのエース

今日は、
ニュースレターに頂いたコメントから。

 

●婚活中ですが、うまくいってません。
恋愛とは違うので、年収で選びがちです。
どんな人が合うのか模索中です。

(みのりコメント)
そうなのですね!
頑張ってくださいね。応援してますわ。

 

上手くいかないもなにも・・
選べるのはたった一人ですから、
それ以外の全ての人は、
振るなり振られるなり、うまくいかないのです。

うまくいくのは世界中の、
たったの一人の人でいいの。
だから、いちいち、落ち込まないことですよ。

トランプゲームと一緒。
ハートのエースが出るまでは、
全部のカードは捨てるのです。
感情を挟まずに、エースじゃなかった。
それだけの理由で・・・。

 

結婚は恋愛とは違うところはあるでしょう。
でも条件でするものではありませんね。

マインド(思考)でするものではないのです。
そして、今、流行りの・・
子宮でするものでもありません。
この2つは助けにはなるけれど、
やはり、ハートでするものだと思います。

 

ここは、譲る気がないな。
絶対に、絶対に譲らない。
ハートは、
身体の真ん中にあるというのも、
ほんとバランスが取れているのです。
子宮の言い分も、頭(マインド)の言い分も、
ちゃんとバランスとりながら、
OKがでる答えを持っているのが、
ハートだと思います。

なので、まずは、
瞑想でハートの中にある知性を
開いていくことだと思うのですね。
そして、静寂を蓄えることです。
直感は、静寂がないと、
かき消されてしまいますから。

 

もちろん、私の個人的な意見ですからね。

マインドで結婚する人もいるでしょう。
子宮で結婚する人もいるでしょう。

 

マインドで結婚する人は、
同じく相手からもマインドではかられます。

 

子宮で結婚する人は同じく、
相手からもチ◯◯◯ではかられます。

 

そうは思いませんか?

 

瞑想しててよかった点は、
ハートを開く点ですね。

この間、FBで瞑想の受講生さんが、
愛と愛情は違うと話していました。

 

これを、瞑想を長く続けている人は、
体感で知ってます。本当にその通りなのです!

 

心理学で愛を定義することは出来ます。
それがとても有効な部分もあります。
マインドからアプローチしたい方は、
カウンセリングにいらしてくださいね。

 

けれども、愛は、私にとっては、
定義ではありません。
私のハートの中に存在する
「これです」としかいえないものなのです。
愛は愛です。

これは「とても賢い」を通り越して、
何かを知ってて、見抜きますよ。

だから、まずは、
私が婚活で、大切だと思っていることは、

自分の両親に対する間違った思い込みを、
出来るだけ沢山、取り除いておくことです。
これは心理学で出来ますね。

 

マインドを変えるのです。定義を変える。
自分の結婚する準備を整えるということです。
これが整わないと、ハートは見抜いて、
それを解消できる相手を連れてきます。

 

そして、ハートを開く。
これは、瞑想で出来ますね。
どちらかと言えば、ハートの中の知性を開くですね。

 

あとは、自分を信頼することですね。
私は、直感や、自然の流れというのは、
大切にしてますね。

 

いいなーと思っても、振られたら、
それはやっぱり、合わないの。
ハートがはねたの。

 

やだなーと直感的に思っても、
条件が凄くよくて引っ張られても、
やっぱり嫌だなーと思う奴は、嫌な奴です。

私は、いろんな人にお会いしますけど、
マインドが悪くないどころか、
こんなに素晴らしい条件はないと思っても、
ハートがうんともすんとも言わない人って、
いるのを感じるのですね。

魂が理屈抜きに「コイツ嫌い・好かん!」と、
伝えてくる存在。

 

ハートは、何かを、全部、見抜いてます。
それが眠っているのは、
マインドでも子宮でもありません。

みのりサイトはこちら

 

 

小林カツ代さん 天国へ

朝のニュースで知る前に 
夜中、カツ代さんが天国に旅だったのだな〜と、
私の意識に、知らせが来ました。

闘病中も、
いつ復帰するのかと、気になってましたから、
カツ代さんの訃報をキャッチしたのでしょう。
「空」って、ホントいろんな事が出来るな〜
と思った出来事でした。

好きな料理研究家でしたから、残念です。

日本料理において、
私は小林カツ代さんは、画期的だったと思うのです。

ダシの取り方とか、野菜のアク抜きとか、
伝統的なところからは、かなり外れていました。

守破離という言葉がありますけど、
守ってない(笑)それでいて・・破って、離れた。
新しいジャンルを確立した人だと思いますね。

封建的な料理の世界で、これだけ、アッケラカンと
破って、離れて、笑顔の人も凄いと思うのです。

カツ代さんのエピソードで、
私が大好きなエピソードがあります。

カツ代さんは、お嫁に行くまで、
全然、料理をしたことがなかったそうです。
(信じられませんが・・)

親も手伝えとも、覚えろとも、言わなかったそうです。
けれども・・・ただただ毎日、朝・昼・晩・
お母さんの作ってくれる料理を 無邪気に、
食べたそうです。

この話の何が 特別なのか? 
さっぱり分からないかもしれません。
特別な事、愛は見えないのです。

「ああしなさい!こうしなさい!これを学びなさい!」
ではなかったのです。

カツ代さんの 破りと離れは、
愛をしっかり受け取った人だったから
出来たのだな〜と いつも思うのです。

昔から、こうだったから、
これが、普通だから、
親も、先代も こうしてきたから、
これをアッケラカンと、破ったのです。

そして、カツ代さんが、受け取ったものは、
世の中に影響を与えていきました。
ご冥福をお祈りします。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&おみくじ