お給料頭打ちの打開策は?

今日も いただいた質問から

●質問
技術職11年目です。
技術面、給与面で頭打ちになっています。
今より以上の給与を得たい場合、
取るべき一歩は何でしょうか?

講座の様子

●お答え。

瞑想されている方の質問ですね。
まず瞑想を続けてくださいね。

マントラは何でもいいですけど、
ニューライフマントラお持ちなので、
これが良いかと思います。

ニューライフマントラは、
マインドをハートにつなげてくれて、
周波数の高い、別の現実というものを、
見せてくれるマントラですし、
仕事にも向いているマントラですね。

 

そして、意識の持ち方としては、
自分が変化すれば、
会社全体も変わる事を
理解して欲しいのです。

 

「頭打ち」という、
自分が望まない状況でさえも、
自分が創っているということです。

 

自分が創っているからこそ、
変えることも自分で、出来るのです。

 

まずは、
「平等とは、自分にとって何だろうか?」と
問うてみてくださいね。

 

平等と聴いた時、
二通りの違った考え方を持つ人がいます。

 

力を出した人に多く与えられて、
力を出さない人には、少ししか与えられないこと。
これが「平等」と思う人もいるわけです。

 

もしもあなたが、このタイプならば、

 

11年というキャリアを積んで、
年功序列のピラミッドの中堅辺りにいたならば、
先が楽しみだと思う状況のはずです。

 

ピラミッド型の平等は、
下っ端の時は、もちろん、もらいが少なく、
評価はありません。それを当然の事と、
受け入れていく必要があります。
悔しい思いもするでしょう。
なぜなら、それが自分のルールと定めたのは、
自分ですからね。

 

けれども、
勤続年数が増えて、責任が増えて、
キャリアが上がっていく時、
自分のルールの平等に従って、
自分自身が、評価されていきます。

 

もう一つの平等は、
実力や仕事量、
責任感に関係なく横並びであることが、
平等だと思っている場合です。

 

「頭打ち」と思う現象は、
横並びが平等と長年の間、
思っている人に起こるのです。

 

この横並びの平等は、
下っ端の時は仕事量が少ない割に、
もらいが多くなりますが、
その事には、気づいていません。

 

だから、何が問題なのか、
さっぱり分かりません。
この平等を当然の権利のように、
正しいと、主張します。

 

けれども、
勤続年数が増えて、責任が増えて、
キャリアが上っていくと、
しんどい割に、評価されないと、
感じるわけですね。
まさに頭打ちなのです。
自分の創った平等というルールが適用されて、
周囲の現象に登場するのです。

 

この平等は、どんなに力を出しても、
金銭的に評価されないから、
ここで技術面で努力しても創意工夫しても、
同じく頭打ちなので、やる気が失せていきますね。

 

あなたが、取るべき一歩は、、
この間違った「平等」を
自分が無意識で採用している事に、
まず気づく事。
次に・・さっさと、捨てることです。

そして、具体的に、することは、
いくつかのステップがあります。

今は、
横ならびの平等の恩恵を、沢山、
受け取っておきながら、
いざ、自分が、
キャリアが積み上がった時、
横並びの平等は嫌だなと、
ピラミッド型の平等を求めはじめているのです。
簡単には、虫がよすぎるのですね(笑)
ここを見直す必要があります。

 

国も会社の仕組みさえも、
自分が創造しているのだと見てみましょう。

あなたは、
ニューライフに何を創造しますか?

瞑想みのり 

瞑想したことがない人も、瞑想会は参加できますよ。!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

お金と仕事の定義は何ですか?

今日もニュースレターに頂いた
コメントからです。

●お金が入ってくるには、
苦労や時間を惜しまないと
入ってこないように感じています。
楽しみながらお金と接していきたい。

MBIPフォローアップ会場です。

●お返事
そうですね・・
私は、ある部分では、
正しいのではないかと思っていますよ。

自分が出した力の量しか、戻ってきません。
お金もエネルギー(力)ですからね。
ここは真理です。

 

もちろん、力のかけ方や時間のかけ方を
工夫することは出来るとは思うのですが、
基本的には、力を出してないのに、
何かを得る。これは、無いと思うのです。

 

まるで毎日遊んで、
稼いでいるかに見える人でも、
毎日ブログを書いて情報発信していたり、
セミナーを動画にして配信していたり、
(効率を考えている)
人が怖くて、お金を出さないようなところに、
投資していたり(自分の分身のお金が、
死んでしまうリスクをとっている)
必ず力を出してます。

 

人や周囲の環境に対して、何か力を出して、
役に立ったことに対して、
エネルギーが循環して、戻ってきている。

 

ここに例外は無いと思います。
少なくとも、私個人的には、
例外を見たことがないのです。

 

たまたま、
宝くじで1億円当たった人とか、
まだ、身近で見たことがないですもの。

 

おそらく、自分が持っている
お金に対する定義が自分に合わないから、
苦しくなっているのです。

 

「お金とは◯◯だ」
「仕事とは◯◯だ」

 

自分の定義で自分が苦しくなっているのです。

 

定義が苦しい時は、
お金や仕事、労働についての
定義を、自分が心地よく、
力を出せるような定義に
変えておくとよいと思います。

 

 

この世界は、
自分の定義通りのことが起きてきます。
そして、定義にないものは、
この世界に見ることが出来ないのです。

 

「お金は苦しまないと得れない」と、
定義しているから、苦しさがつきまとう。
定義通りなのです。

 

 

年末に、私は、とんでもなく、
驚いたことがありました。
驚きまくったことです。

 

それは、周囲の身近な人の中で、
リアル億万長者が数名、
登場したことです。

 

それも1億円とかではなくて、
税金で1億円とか(笑)
本当に登場しちゃったのです。

 

2年ほど前に聴いた、
怪しそうな投資の話に乗った人達でした。

 

私は、この話を、
聴いていたのに「怪しげー」と、
偏見を持って、話を蹴りました。
話を蹴らずに、乗った人達。

 

この差が1億円です。(厳密には3億円)
もうね・・1億円落とした気分ですよ。

 

私の中では、聴いてるのに、
ここに乗れなかったことは、
大失敗なのです。

 

一つ決めたことは、
もうこの先は、
世の中の未知なものに対して、
偏見を持つのをやめよう。

 

情報がすぐ行き渡る世の中です。
ありきたりな話には、
もう魅力なんて、残ってないのです。
怪しい話にしか乗らない事(笑)
ありきたりな話の方が、
貧乏くじなのです。

 

実際にこの話に、乗れた人は、
やっぱり勉強して、熟考していましたよ。
決して馬鹿ではないのです。
世の中の流れをよく見ているのです。
偏見とは、無知から来ます。

 

そして、もう一つ決めたことは、
お金に対する定義を変えたことです。
大きな私の敗因は、
億万長者に対して持っている定義だと
思ったからです。

 

1千万程度の年収であれば、
個人でも、創業者でなくても、
努力して力を出せば、なれると思っています。
こう思っているから、
現実に、周囲にはそんな自営業の方が多いですね。

 

けれども、億万長者と言えば、
私の中では、会社の創業者でないと、
絶対に、無理だと思っていました。
決めつけていたのです。

 

「億万長者は、創業者しかなれない」
こんな自分の中の定義。

 

今回、私は億万長者を、間近に見ましたが、
どの人も、一緒に学んでいた
普通の人達です。

 

だから、本当にびっくりしたのです。
「億万長者とは◯◯」の、
私の中の定義に無いから、
1億円が外の世界に、見えなかったのです。
それで、見送ってしまったのです。

 

そんな事で、
今年はじめにしたことは、
お金の定義の書き換えです。

 

「億万長者は創業者しかなれない」
から、

「億万長者は誰でもなれる」

こちらに変えておきました。

 

自分が、苦しくなる時は、
どんな定義を持っているのか?
この定義を見直してみましょうね。

瞑想したことがない人も、瞑想会は参加できますよ。!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&おみくじ

今月の伝授&瞑想会(大阪・その他)

 

 

 

 

 

成功脳をインストールMBIP体験談

あけましておめでとうございます。
今年も内側に外側に拡大の1年でありますように。

 

新年なので祝酒

今年は、マスターコース入門講師としての
仕事がスタートしますので、
お仕事がんばりたいですね。

 

今日は、11月に開催した
フラクタル心理学のMBIP
(マスターブレインインストールプログラム)
の体験談です。

 

フラクタル心理学の場合は、
講座が終了してから、
実際の修正を脳にしていきますので、
少し時間が経過した、現実の中で、
変化を経験します。

 

ちょうど講座から、1ヶ月経過しましたので、
ここまでの、体験談を書いてみます。

 

やはり、
この講座の中で、大切だと思ったのは、
1番目のワークですね。成功を妨げている
(アンインストールするべき)問題点を、
出していくワークです。
これは、今年、もっと仕事での結果を出したいので、
しばらくの間は、毎日、続けたいと思っています。

 

 

脳の修正をしていくと、
現実の中に変化が出てくるのですが、
今回は、MBIPなので、
仕事と経済(お金)に
まつわることで、色々、変化がありました。

 

大きな変化としては、3つあります。

 

まず1つは、
海外に不動産を所有していたのですが、
それが、ちょうど今年、
建物が出来上がり、
内装やその後の管理会社さんの事で、
値段などが折り合わず、
なかなか、管理会社が決まらず、
進まなかったのです。

 

MBIP講座の後、知人の紹介で、
マンションの管理会社が変わることになり、
内装もお願いすることになりました。
値段も納得いくものでした。
この縁はとても嬉しいものでした。

 

そして、すぐに、
マンションの借り手が見つかり、
私は、長年の念願だった
不動産の大家さんになったのです。

11月講座の風景

家賃収入も、申し分のない、
納得の額でした。

 

そして、2つ目は、
旅行が好きで、
過去に旅行の積立をしていました。
それは、もうとっくに使い切っていたのですが、
なんと、このタイミングで、
「満期のものが80万円残っていますよ」と、
旅行会社に告げられたのです!

 

自分が積み立てていたものではありますが
すっかり、忘れいていたので、
「何かの間違いではないですか?」と、
旅行会社に確認の電話を入れたほど、
そして、間違いなく私のものでした(笑)
まぁ私としては、
予想外の臨時収入のような感じで、
嬉しかったです。

 

そして、もう1つは、
普段から「幸せで豊かでありたい」と、
思考していますが、MBIPの後に、
たまたま、これはやってみたい!と、
可能性を感じる投資が出てきたのです。
未来を感じたので、50万円を元手に、
挑戦したら、3日間でそれが、
150万円以上にまで上昇しました。

 

これはとっても嬉しかったのですけど、
同時に、たまたまタイミングが合っただけで、
自分の実力ではありませんし、
フラクタル心理学的に考えてみたところ、
「五感で体験するまでは、
どんなに値上がりしても、
パソコン上の数字の並びであり、
幻想・空想に過ぎない」
となります。

 

そこで、3分の2は利益確定して、
2月に旅行に使うことにしました。

残り50万円の余剰金だけ、
今も運用しています。
これがまた・・ちょうど、この1ヶ月で、
140万円にくらいにまでふくれており。

 

「新種の打ち出の小槌か?」と、
笑いたくなるような、
利益確定するまでは、
幻想・空想ではあるのですが、

 

数字の上がり下がりを
気にしなくても良い余剰金なので、
心理的にはとっても楽です。

 

幻想・空想だからこそ、
お金が頑張ってが働いて、
子供を育てていると思うようにして、
上手に思考して、
中長期的に保有し増やしていこうと思っています。

 

その間に、
MBIPのインストールを進めながら、
自分の本業の仕事でも頑張ろうと思っています。

 

わかりやすく、結果が出たのは、
この3つですが、結果が出るのに
時間がまだかかりそうだな・・
と思う部分もあります。

 

最近始めた 輸出の仕事は、
慣れない仕事のために、
出るわ出るわの被害者意識を発見しました。

 

「こんな難しいことを私にしろというの?」
「わかんない。わかんない。」
「出来ないふりして教えてもらおう。
私は、か弱い女性なのだから・・」

こんな被害者意識だらけの思考が
深層にはある事に気づきました。

 

被害者意識は無くなってしまうのではなくて、
接する人や、周囲の環境が変わらない場合は、
見えないから、無いと思ってしまいますが、
新しい事を始めたり、新しい出会いによって、
自分の深層意識の違う面を見ると、
また山ほど見つけるものなのだと、痛感しました。

 

これは、私にとっては、
まだダメな子供の脳、 
未開発な自分を見つけることでもありますが、

 

同時に、意識の広大さを知るきっかけでもありますし、
人間の潜在能力の大きさを、
知る事でもあるので、
やることが沢山で、大変なのですけど、
やりがいを感じます。

 

そして、これだけの事が起きていながら・・
まだ講座の受講から、
たったの1ヶ月しか経過していないのです。
そう思うと、この先、
成功脳をインストールすること、
そして、修正することが楽しくなってきました。

 

この1年は、仕事は、
色んな方面で頑張りたいなと、
意欲にあふれています。

 

臨時収入が多くなったので、
遊ぶ時はしっかり遊んで、
働く時は働き、学ぶ時は学ぶ。

これで、1年 楽しく過ごしたいです。

マンションのプールです

ビジネスマインド講座(大阪)はこちら
http://1minori.com/?page_id=227

 

フラクタル心理学の基本マスターコース入門はこちら

 

不器用な人でも、仕事で成功するコツとは2


(つづきです)
私のテーブルは、
壇上で発表する方達ばかりのテーブルでした。
会社の業績が右肩上がりに伸びている方、
自社ブランドが賞をとった方、
別荘を持ってる方、
タワーマンションに住んでる方、
みんな凄いなーと思ったけど、
それと、同時に、
150名の前で話をするわけですから、
緊張を引き受けたテーブルでもあり、
緊迫した空気が漂っていました。

男性は、場馴れしているのか、
緊張を普通の事として受け入れ、
楽しんでいるようでした。

 

これは、男性の方が得意なので、
女性が男性から見習うべき、
ビジネスマインドだと思うのです。

 

多くの人は、
普段、地位や財産も欲しくて、
緊張は回避したいと、
矛盾したことを思考しているのです。

 

思考の力の方向性が、真反対なので、
相殺されて、創造が起こらないのです。

 

責任、緊張、プレッシャーを、
さっさと引き受けて、
早くに慣れてしまうこと。

これが、仕事での成功の近道でもあり、
上手な力の使い方なのだと、理解しました。