体の内側に起きてる事は外側の世界にも起きている

おはよ〜
瞑想みのりです。

9月になりましたね。

お盆に良性の筋腫を取り除く手術をしました。
3年ほど前に、傷口を残したくなくて、
温存手術した筋腫ですが、今度は、温存じゃなくて、
傷口を残さずに切除できる病院を見つけたので、
同じ筋腫を、全摘手術することにしたのです。
現代医学の進歩は凄いなと・・本当に感謝ですね。

手術を受けるというのは
「大きな決断と行動」です。
この行動により、
受けてから、大きく日常の中で、
変化したことがありました。

今までNOと言えないことに、
NOと言えるようになったことです。
(全然、気づいてなかった!)

簡単には、
私が使ってもいない電話代金を、
銀行口座から引き落としされるので、
ずっと支払い続けていた日常がありました。

「支払って」と家族に話しても、
私を財布のかわりかのように・・
同居の家族が支払いませんでした。

その固定電話の通話料が毎月1万近く。
(携帯からかけたらいいだけのことなのに・・)
それが長く続くけど、
NOと言えない私がいました。

でも、手術受けた途端、
急に、電話の線、引っこ抜きました(笑)

手術によって、
現象の相似形が理解できたからです。

周囲に起こる現象というのは、
自分の内側の出来事も外側の出来事も
全部、相似形の集まりなのです。

有益な子宮から動脈という道が伸びて、
役に立たない筋腫に栄養が流れていく。
これを長い間、私は、許していました。
まぁまぁ 悪さするわけじゃないしと・・。

有益な私の銀行口座から、
引き落としという道が伸びて、
自分が使ってもいない
役に立たない身内の固定電話代に使われる。

まぁまぁ 身内ですし悪さするわけじゃないしと・・。

同じなのですね。

依存の集大成が筋腫なのです!
必ず肉体に登場してることは、
自分が創り出している思考の癖ですね。

依存を自分が肯定してるから、
筋腫を3年間も温存してしまったし、
電話代の支払いを依存し続ける家族に、
NOが言えなかったのですね。
なるほどな〜と・・

依存は、断固NO 
良い手術でしたね。

新しい生活が始まるね

エターナルラブ瞑想は、5分も座ってられない瞑想が多い中・・・ 30分でも座っていられる瞑想です。

フラクタル心理学マスターコース入門
瞑想してる人には本当におすすめです。
名古屋・大阪・奈良
https://www.1satori.com/blog/?p=7924

奈良の皆様
秋に引っ越してきます。

どのタイミングにするかなのですけど、
マハラクシュミ(瞑想まつり)は、ぜひ奈良で開催したいです。
ギリギリのタイミングだろうけどね。