[無料]スピリチュアル&こころ起業で成功する。7つの新常識

スピリチュアル&こころ起業をしてみたいけど、
何をどうすればいいのかわからない。
ちゃんと食べていけるのかどうか不安だ・・
と感じていませんか?

 

私は、自分が大好きだった「瞑想」という
スピリチュアルの分野で、起業しました。
もう14年以上も前のことになります。

 

当時、派遣でつとめていた
大手家電メーカーのお給料を、
副業で、続けていた瞑想からの収入が
上回った事がきっかけで、起業を決心したのです。

 

それから、順調に軌道に乗り、
今ではOL時代のお給料の4倍の年収を9年間連続して、
得ることができています。

 

これは、一瞬であれば、
簡単なことかもしれませんが、
目に見えないスピリチュアル&こころ起業
という不確かな業界においては、
安定してその状態を継続できている女性は、
数少ないのではないでしょうか?

 

ここ2年位は、
新しい資格をとったり、
好きな先生のところで、お花を習ったり、
英会話を学習したり、
世界各地の島めぐりをしたり、
ホテルのフィットネスクラブで、
大好きな水泳をしたりと、
自由な時間を持つようにしています。

 

一人起業の最大のメリットは、
自分で自由に収入と休みを決め、
学びたい勉強をしたり、
趣味や家事を楽しめるということです。

 

なぜ、これが達成できたのか?
それは、私がスピリチュアル&こころ。
という業界にいながら、
その業界の常識とは違うことを基本として、
お仕事をしていたからではないかと思います。

 

多くのスピリチュアル&こころ起業に関わる人が 
「この仕事は 特別なのだ!」と、
奇妙な特別意識を持っています。

 

「地球を救う」「奉仕活動」「ボランティアソウル」
「光の奉仕人」「愛の戦士」

 

他の業界では、決して、使わないような、
この業界独特の言葉を、色々聴きました。

 

それらの言葉を、喜んで使っていた人たちは、
皆さん、消えていなくなってしまいました。

 

これが「アセンション」「次元上昇」と、
呼ばれる現象なのかどうかは、
定かではありませんが、

本当に奉仕でボランティアならば、
続けていたらいいはずなのに、
見事に、お仕事を、撤退され消えてしまうのです。

私から言わせれば、
スピリチュアル&こころを扱う
お仕事は、世の中にあるお店や、会社と、
何も変わることが無いのです。
だからこそ、何よりもスタートの心がけや、
意識が、肝心なのです。

見えない世界だからこそ、
理論がとても必要だったり、
相手に、よく理解できるように説明することが、
大切だったりするのです。

まずは、
この特別意識を捨てることから始めていきましょう。

これから、起業を考えている方、
スピリチュアル&こころの事が好きで、
仕事にしていきたい方の
お仕事のヒントになればと思います。

こちらのニュースレタになります。
(こちらのイベントは終わっております)

登録の際は、コメント欄に、
お仕事や起業でお困りの事があれば、
記入しておいて下さい。
後日、ニュースレターでお答えしていきます。

 

※お届けする ステップメールの内容

「スピリチュアル&こころ起業 7つの新常識」

●ステップ1 
スピリチュアル&こころ起業のはじめに
 
●ステップ2
「好きなことを仕事にする」
その理由とその意味を間違えていませんか?

●ステップ3
副業として踏み出していい時期と
まだ準備が必要な時期を見極めよう。

●ステップ4
知らないと恥ずかしい起業の色々。

●ステップ5
売上目標。集客目標はいらない。

●ステップ6
開業届はいつ出すの?出さないの?
便利な国の制度は、利用しよう。

●ステップ7
値段設定でいつも迷う人の為のワーク

●おまけ
スピリチュアル&こころ起業で、
質問したいこと、
悩んでいることなどがありましたら、
コメントに書いておいて下さい。

瞑想みのりニュースレターで、
お答えしていきます。

瞑想みのり誰でも輝くよ ニュースレターのご登録はこちら
https://www.1satori.com/newsletter/

 

瞑想したことがない人も、瞑想会は参加できますよ。!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&おみくじ

 

ただの専業主婦宣言

今日もニュースレターに頂いた
コメントにお答えしていきますね。

●子育て中ですが収入がほしく、
家事もして、子供とも一緒にいたいので、
在宅での仕事を模索しています。

神戸限定モチーフふきんだよ〜

●みのりお返事

ご主人が
「子育てしながら、在宅で仕事してくれ!」
と、頼んでいるのでしょうか?

そうでないとしたら、
模索する前に、一度、しっかり、
専業主婦を徹底的にやってみては、
どうでしょうか?

ここからの話は、あなたに、
「得して欲しいなー」
特に、経済的に・・
と思って、話しますね。
いじめてるのでは、ありません。

専業主婦の仕事に価値がないと思っているか、
主婦の仕事をさほどしてないと、
ご主人から、お金をもらうのは、
心の片隅で、悪いなーと思います。

 

そして、ご自分の
専業主婦の働きで、
ご主人が稼いできたのだと思えない時、
頭を下げてお金をもらうのも、
屈辱に感じます。
だから、自分で働きたいと思うのです。

傍目にみると、子育て真っ最中。
何も・・今じゃなくても・・と、
思うのが普通です。

 

ご主人が稼ぐか?
子育て中のあなたが稼ぐか?
どちらにしても、
あなたが自由に使えるお金が、
生み出せたらいいわけですよね?

 

私は、より稼げるほうが、
稼ぐのが一番だと思ってます。

 

私の感覚では、
男性の方が、女性の2〜3倍は、
稼げるように思うのです。
これが自営業となると、もっと化けます。

男性の方が、体力や肉体的な能力と、
仕事に対するマインドが大きく違うからです。

 

専業主婦を徹底的にするというのは、
ご主人に養ってもらう事です。
これを潔く、認める事です。

ご主人が稼ぐために、
しっかり、休めて、
安心できる空間を用意するという事です。
ご主人の仕事のパフォーマンスが上がるように、
持っていくことです。

 

そのためには、
しっかりと、負けないといけません。
実際に、体力や肉体的な能力と、
仕事に対するマインド。
この部分では、
実は、最初から、負けているのです。
だから、負けてるなー。降参。
でいいのです。

あなたが、しっかり家の仕事をこなして、
ご主人が出世した時、彼も、あなた自身も、
偶然、出世したとは思わないはずです。

だから、必要なものがあれば、
罪悪感なしに、要求できるはずなのです。

仮に、今の中途半端な気持ちの状態で、
在宅の仕事を始めたとしましょう。
資格をとったりして、
専業主婦のあなたに、何かの肩書がつきますね。

たとえば、
◯◯セラピストとか、◯◯カウンセラーとか、
◯◯職人、◯◯士とか、
色んな、肩書きがつくでしょう。

そして、
ご自分も、
その肩書の者になった気になります。
この肩書によって、
まるで、ご主人と肩をならべて、
仕事してるような気がします。

 

でも、想像してみてください。
もしも公的なニュースで、
あなたが、紹介されるとしたら、
どんな風に紹介されるか?

 

おそらく「主婦」
もしくは「無職」と紹介されるでしょう。

「違います。私は、◯◯として、沢山の実績を残してます」
と、言い張ったところで、

 

事業の届けは出してない。
税金も納めてない。
保険も年金も扶養もご主人が全部してくれているとしたら、
「自称◯◯」と、ニュースでも、
紹介される程度なのですね。

 

どこにも、働いている実態がない。
社会的には、
働きのうちにも入ってないのが、現実です。

 

見事に、
ただの専業主婦なのに、
肩書で、そのことが見えなくなるのです。

 

こんな人、
在宅のお仕事の方では、沢山いますよ。

 

ご主人の稼ぎの土台にすべてが、
成り立っていることが、見えなくなるのです。
そして、
肩書というプライドで、感謝ができなくなります。

 

大きな目で見た時に、メリットが、
何処にも、見当たりません。

 

「ただの専業主婦」と、
馬鹿にしてる訳ではありません。
「ただの専業主婦」という自覚を持った妻の
夫が、よっぽど、稼ぐという事実(笑)

 

そう!何を隠そう
あなたは、ただの専業主婦なのです!
夫に守られて、子供を育てる専業主婦!

 

ただの専業主婦が、素晴らしい!
これを認めるところから、スタートです。

瞑想したことがない人も、瞑想会は参加できますよ。!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

大阪・名古屋・東京・福岡・北海道・
全国で瞑想を教えています

瞑想みのり

お金が欲しいと怖くて言えない理由は?

ニュースレターに頂いたコメントからですね。

●今、働き方を見直したいと考えています。
フリーランスで働いているのですが、
どんなにタイトなスケジュールで、
余裕がなくても仕事を受けてしまいます。

仕事は好きですが、休日も平日もなく働く、
今の状況は心地いいと思えない反面、
ありがたいと思っている自分もいて、
感情もブレてます。
口癖は「今の収入で満足」です。

●そうですね。
働き方を見直すいい時期ですね。
「今の収入で満足」と言う時、
その後に続く言葉が、何か隠れていますよね。

 

「今の収入で満足・・ありがとう」
だったら、
そこですっきり、完結しますから、
何度も言わないと思います。
心の中に満足があり、それを一番、
わかっているのは、自分だもの。

 

でも、口癖のように何度も言うって事は、
不満があり、
それを感じることにタブーがあるから、
言い聞かせるように「満足、満足」と、
何度も蓋をしないと、
不満が出てくる状態なのです。

 

つまりは、口癖になる時点で、超不満。
でもそれを言ったり、感じたりする事、
お金に対するタブーが、
沢山あるのではないでしょうか?

 

なんで、
お金にタブーがあるのでしょうね?

 

おそらく、
お金を沢山、
攻撃してきた過去があると思います。
人って、自分が、裁いてきたことで、
裁かれる気がするのです。

 

 

それは、あなたが、子供の時に、
親や、働く大人、お金持ち、
仕事をしっかりしてきてる人達、
お金と向き合ってきた人達を
馬鹿にしたり、攻撃してきている
可能性が高いです。

 

いざ、自分が働くことになり、
お金を素直に無邪気に、
欲しいと思った時に、
馬鹿にされたり、
攻撃されるような気がするから、
素直になれないのです。

 

結果的に、感情の 
何がぶれているかと言えば、
「欲しい」という欲望を麻痺させてますよ。

 

「私は欲しいのだな・・」
と、まずは、素直に認めることから、
始めてみませんか?
何度も自分に向かって言ってみましょう。

 

そして、
欲しいものは、欲しいと言って、
得れなくて諦めてきた記憶や、

 

欲しいものは 欲しいと言って、
得てきた人達を馬鹿にしてきたか、
攻撃してきた記憶を探して、
この自分の間違いを取り除きます。

 

攻撃してきた、
思い当たる記憶が無くても、
多くの人が、間違えて思い込んでいます。

 

例えば、私の例ですけど、

 

子供の時、アニメの「ルパン三世」
好きでした。
キャッツアイも、好きでしたね。
同じ年代の方、
同じような記憶はないですか?

 

では、
TV見る時、どっちの味方して見てましたか?

 

お金持ち(働き者、社会の貢献者)から、
お金を奪うのが、ルパン三世です。
それをとっちめる銭形警部。

 

間違いなく、悪者は、ルパン三世ですよね。
それなのに、悪者は、
どこかで、お金持ちや、
銭形警部の前提で見ているのです。

 

深層意識には、
アニメと現実の
違いはわかりませんからね。

 

「金持ちを、攻撃したものは英雄」
という刷り込みが、
知らない間に、入っている事に
気づいたのは、大人になってからですよ。

 

多くの人は
「金持ちを攻撃したものは英雄」
そんな刷り込みに気づかないで、
アハハと楽しくアニメを見てたりするのです。

 

そして、思考が積み重なる時、
現実でも同じ事をしているのに
気づかないのです(自分を英雄と思ってるから)
全部が無意識なところが怖いのです。

 

だから、記憶が無いとしても、
「攻撃してきた過去があるとしたら?」
と、ある事を前提に、探してみてくださいね。
結構、出てきますよ。

それでは暑い夏を乗り切りましょうね!

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&瞑想コント