強制的にバージョンアップの1年に

あけましておめでとうございます
今年も実り多き1年でありますように。

年末から年始にかけて、
小さな嬉しい事が続いております。

新年3日に、
姿の美しい車を見ました。
車を見るのは結構好きです。
乗り手の心理が、
うかがい知れる所が面白いのです。

車は、その人に似合ってるかどうかが
一番大事ですね。

この白い車の
持ち主が誰なのかは知りません。
けれども、
美しい赤で有名な車で、あえて白を選んでる。
色じゃなくて、形で(型で)勝負したい人ですね。
そんな持ち主の感性や個性も伝わってきて、
新年に縁起のよい白ヘビを見たような気分になりました。
素敵だな〜と思って写真を撮りました。

そしたら!なんと後ろに、止まっているのが、
車の王様 ロールス・ロイスです。
新年早々、フェラーリ白と
ロールスロイスのツーショットを見るとは!
今年は、良い年になりそうです。

年末にも嬉しいことがありました、
「わぁ〜」って声が出るような
ポジティブニュースをTVでみました。
声をあげたニュースはこちらです。
中国の食べ残し禁止条例。大食い番組も禁止。

 

フラクタル心理学では、ニュースから自分の深層心理を読み解く、
LDPがあります。
(LDPは、2時間のショート講座で大阪桜ノ宮で、
随時開催してます)

子供の時に、よく香港に出かけていたので、
中国人とも食事をした事がありました。

その度に、心を痛めていたのが、
中国人の美徳される「食べ残し」です。
ここに法律が入ったという嬉しいニュースですね。

食べ残しは、中国国民が、
良き事と思っているマナーです。

けれども、
日本人の私から見れば、
誰にも喜びがない悪習なのですね。

食べ物という生命にも・作り手にも・食べ手にも、
誰にも喜びがない事が、たまらなく嫌なのです。
同じ理由から、
大食い番組も、大盛りを提供する飲食店も、
たまらなく嫌でした。

 

これを罰金をつけて強制的にやめていく中国。
中国という国が楽しみになってきましたね。
これを年度末に見たという事も大きいですね。

深層心理として見れば、
私の中の 美徳、良き事として、
疑わないでいた事に、
何か強制的にルールがつくられて、
整えられるのですね。

 

我が家では、
年末28日に炊飯器がぶっ壊れて、
これも食関連ですね。
強制的に、
炊飯器がバージョンアップしたので、
これも良い兆候です。

私の2021年は、
強制的にバージョンアップさせられ、
そこについていく1年になるということ。
がんばります。

今年もよろしくおねがいします。
楽しい年にしていきましょう!

フラクタル心理学みのり 悟りへの道しるべ

映画「1917命をかけた伝令」

今日はフラクタル心理学のブログです。
この間、映画を観に行きました。

戦争映画ですが、
臨場感いっぱいにIMAXで観たかったので
奈良から万博公園まで行きました。

私にとっては・・
気づきの多い良い映画だったな〜と思いました。

思考が現実化する100%例外なく・・
と、言い切り、それを証明していくのが、
フラクタル心理学の面白いところです。

映画も自分が観たのであれば、
やはりそこには自分の思考が現実化しています。

目の前で日々繰り広げられる出来事の現実化と
映画中の現実化は何が違うのかと言えば、
映画は遠くにあるだけに、影絵のように、
大げさに拡大されて映ります。

それは、
自分の小さな思考だとわかりにくいけれど、
映画だと、より分かりやすく、
丸見えになっている状態と言えますね。

だから単に楽しく、
興味のある映画を観るのだけれど、
同時に・・気になった映画は、
分析するようにしています。

観終わった後に、
分かったことがありました。
それは「私のお願い事が叶う」
という事です。

表層意識がしている命令が、
深層意識に到達して、
大きく動き出すということです。
この点は嬉しかったのです。

でも・・戦争映画ですね。
帰りの電車の中で、
「私は・・何でこの映画を、
こんなにまでして、
観たかったのだろう?(笑)」
そんな事を考えておりました。

単に・・表層意識の命令が、
スムーズに伝われば一番良いのですよね。
それが一番ベストなのです。

命をかけて、爆弾や銃を避けながら、
火の中、水の中、やっとこさ伝令が
伝わる必要性はなんだろうか?

それが私の思考だとしたら、
そこにどんなメリットがあるのだろうか?

そんな事を考えていました。

・苦労して手に入れた品物。
 と
・スムーズに手に入れた品物。

品物は同じなのに、
苦労して手に入れたならば
まるで凄い品物を手に入れたかに思えます。

でも・・・これは錯覚で、
品物は同じ(笑)

私の中に「この品物を手に入れた自分は凄い!」と、
思いたいために戦争(トラブル・困難・逆境)
を創り出す思考がある。

と映画が伝えているのです。

とんでもない 
やばたん思考!
痛すぎる!

痛すぎるから、
この思考は早速、変えていきましょう!

このように思考を変えることを
フラクタル心理学では「修正」と言います。

ただ・・
映画観ただけなのに「痛いな〜」って、
思いますよ。
でも、同時に、
私はこんな瞬間が好きなのです。

「自分を知る」というのは、
それが、ヤバたんな、
イケてない自分であっても
自分に戻ってきて
統合される感覚があるのですね。
自分を愛しく感じる瞬間です。

最近、私は長年、教え続けていた
瞑想を辞めることしました。

でも、ずっと「心の事」に
関わりたい自分がいるんだなと。
「心の事」を探求していく事、
表現して、教えていく事、
これが私の天職なのです。

フラクタル心理学という形に、
変わるだけですね。
本当の自分を見つけた!

ニュースや映画から自分の深層意識を知る
LDPはこちら
近日中の日程は
3月18日(水)
3月19日(木)
4月3日(金)
4月25日(土)
すべて時間は10時または14時〜(3時間程度)
大阪桜ノ宮 または奈良・学園前選べます。

フラクタル心理学みのり みのらせよう 夢のたね

全部自分だから、これほど自分に合うものはない

タイトルは、
LDPに頂いた受講生さまの感想ですね。

LDPは、ニュースから、
今現在、自分の悩んでいる事の答えをを
知ったり、方向性を決めたり、
欲しい未来を引き寄せる方法を教えてくれたり、
辞めるべきことを教えてくれたりします。

このLDPの精度というのは、
どれほどのものだと思いますか?

それは、まずは実践してみて、
その書いたメモを保管しておきます。
数年後、それをみると・・・

全部、過去に、
未来の事を伝えていたという信じがたい
事実に気づきます。

そして、その時に
LDPの精度の程に驚かれるでしょう!

「全部自分だから、これほど自分に合うものはない」

占い要らず LDP 
オンライン開催もあります。

実らせよう夢のたね

矢口真里が東大で講義 お題は、炎上

この1ヶ月ほど、
LDPの講座が続いていましたので、
私も気になったニュースがあったので、
分析してみました。

そしたら、思ってもみないような、
素晴らしい気づきが得れて、
今日はすがすがしい気分です。

LDPは、Life Decoding Procedure
「人生の暗号を解読する」の意味があって、

気になるニュースから、
自分の深層意識を探っていきます。

ニュースの中の登場人物のすべてに、
自分の深層意識の情報が詰まっています。

今回は、
タレントの矢口真里さんが
東大で講義したニュースから、
修正文をつくってみました。

「あなたがやろうとしていることは、
50歳で◯◯することだね。
それは、世間一般的な常識からすると、
はずれていて、ナンセンスかもしれないね。
けれども、あなたの本当の仕事は、
それを見守ってあげる事と、仕事、
(瞑想とフラクタル心理学の講座を教えること)
をコツコツ続けることだよ。

非常識ではずれていると思うかもしれないけれど、
結果的に二人は幸せで、結婚したんだよ。

だから自分の事を非難して責めるのはやめようね。
自分の純粋な気持ちを応援してあげようね。
◯◯までの間、自分の仕事をしっかりしようね。
できるよ。できる」

まさか!あの前代未聞のお騒がせ女の 
やぐっちゃんが、私だったなんて!

おまけに、やぐっちゃんを責め立てる、
マスコミも私だったなんて!

分析してみるまでは、全く分かりませんでした。
そして、責めているから、
解決することのない問題と
ずっと一緒にいたわけです。

まさに、問題解決LDPと、言われるとおり、
あっという間に、問題が解決してしまいました。
そして、これから何をすれば良いのかも分かりました。

そんな事で、
このニュース。
忘れられないニュースになりましたわ。
LDPは面白いですね。

LDP(大阪)近日中の日程

●4月21日(土)9時30分〜12時30分頃(ランチ会要予約)
●4月28日(土)9時30分〜12時30分(ランチ会要予約)
●5月6日(土)17時〜20時頃

ズームを使った遠隔は平日であれば、
受け付けております。お問い合わせ下さい。
くわしくはこちら