指摘する愛

今日は、LINE@に頂いた質問から。
いってみよう♪

みのりさん はじめまして。
瞑想がきっかけで
ブログ以前から読ませていただいております、
興味深い記事をありがとうございます。

最近、印象的な夢を見ました。
怖い吊り橋をガクガクブルブルで渡りました。
渡った先のスペースには、王貞治さんがいました。
吊り橋を渡るひどい恐怖感を今も覚えています。
(※王貞治さんの印象は、野球を知らないなりに
偉大な人という印象)

チューリップ

お答え。
ブログ見てくれてありがと〜!

いい夢ですね。知性の夢です。
(ストレスの解放にみる雑夢とは意味合いが違う夢)
橋は、統合を表します。
王さんは、ご本人が「偉大な人」と話すように、
地道に物事を積み上げ、達成していく人物の象徴ですが、
自分自身でもあります。

あなたが、怖いと思っているものが、
裏返せば、実は・・偉大な王さんなので、
その部分とつながれ!と夢が伝えています。

おそらく、子供の時に、
父親が怖かったのだと思いますよ。
それで、今でも、父と同じように怖い人が、
苦手で、悪い印象を持ってしまうので、
感情の対処方法がわからないのです。

大人になった時に、理性脳の部分では、
お父さんの偉大な面も
受け取れるようになっていますが、
深層意識、特に感情面、子供心では、
「ガミガミ怒ってばかりで、怖い人、
ひどい人」と否定的に思ってる部分が
まだまだあるのです。

 

そして、
人が人を怖いと感じるのは、
エネルギーが大きく違う場合に感じると
いう事も覚えておきましょう。

相手が自分よりもエネルギーレベルが
高い場合に「怖い」と、感じるのです。
例えば、実際に、芸能人に遭遇したり、
有名企業の大会社の社長さんとか、
とびきり、レベルが違う美人とか
モデルとか見た時、
気軽に話しかけることが出来ませんよね。

これは、働いてる量の違い、
美や影響力の違いで、
怖いと感じるのです。
子供の時にお父さんに持った印象は
「力の違い」だったのだと理解することです。

もっと言うと、
この夢は知性の夢ですから、
日常的な、些細な悩みごとの後に
答えとして見てるのです。

例えば、
お子さんをガミガミ
叱らないといけない場面って、
時には・・ありますよね。

あなたの子供心が、
お父さんの事を、
怒ってばかりで、ひどい人だと、
深層意識でいまだに誤解して受け取ったままでいると、

自分(または夫)が
子供を強く叱った時、自分を責めたり、
ヒドイ事したと、

「自分の育児が間違えてるのではないか?」と、
自信を持てずに悩んでしまいます。

あなた(または夫)が、子供を叱らなかったら、
王さんのような偉大な事を成す人に、
子供が育たないのです。

王さんは、自分で自分を叱り、はげまし、
命令できて行動ができる人なのです。
だから偉大になれるのです。

時には「叱る。命令する。悪いことは悪いと指摘する」
これを愛だと肯定しておかないといけません。
成長することはやっぱ愛です!愛!

だから、何一つ、今の子育てに間違いはないのです。
(お父さんも怖かったのは、間違ってないです。
子供が成長してちゃんと出来るようになれば、
ただの優しいお父さんですよね)

この夢は、
「あなたは、子育てに自信がないけれど・・
何一つ間違えてないよ。自信を持て」と、
その事を伝えたいのです。

具体的には、イメージの中で、お父さんに向かって
誤解しててごめんなさい。と謝るのもいいですし、
自分の子供心にむかって、
「怖かったね。でも・・
命令したり、指摘するのがお父さんの愛だったんだよ」と、
何度も教えてあげるのも有効ですね。
みのりサイト

 

 

ドラゴンナイト

写真はドイツ上空

こんにちは みのりです。

20日は朝から
仙台の慈眼寺の護摩に行こうと思って飛行機も宿も
なんなら、牛タンも手配していたのですが・・
金曜日に護摩が中止になってる事に気づき、
急遽、仙台行きをキャンセルしたところでした。

そしたら、夜に東北の地震のニュースです。
私は日頃から「地震は(人間には)予知できる」
と断言してるので、

大阪の街と地震のこと
https://www.1satori.com/?p=6679

内側に静寂を
https://www.1satori.com/?p=8560

この間の福島の震度6の時は、
予知してないかとFBをのぞきに来てる人がいましたね。

多くの人が「また大きな地震が来るんじゃないか?」
「自分の地域は大丈夫だろうか?」と、
不安に感じてるのがわかります。

確かに震度5は怖いですけど・・
何も感じないから
仙台に行く準備をしてました。
ちなみにこの間の福島の震度6も
全く何の予感もありませんでした。
大地は平和です。
(実際に大きな建物の損害も死者も出てないでしょ)

ただ・・日本は地震の国です。
なので、
人間と神(自然の知性と呼んでもいいです)
の違いを理解しておかないといけません。
人間は自由意志があるから方向を変えられます。
「仙台行き辞めた!奈良にいよう!」
このような方向転換ができるのが、
人間の大きな特徴なのです。

でも神(自然の知性)には
この自由意思はありません。
自然の仕組みとリンクして、
一定方向にしか流れることが出来ないのが
神(知性)の特徴です。

山の神(固まる地の要素が強い知性)が、
河の神(流れる水の要素が強い知性)
に憧れても、方向転換する事は出来ないのです。

山が河に憧れて「なりたい」と言えば、
大きな自然の秩序が壊れるからです。
こういう全体の大きな取り決めのことを
「法」といいます。
ルールの事ですね。

 

相似形では、
人間の身体の中にも神(自然の知性)があります。
骨の神(固まっている知性)が、
筋肉の神(柔軟に動く知性)に憧れて、
なりたいと方向転換することがあれば、
それは死や病気を意味しますね。
骨は骨として、筋肉は筋肉としてあり続ける、
この働きが知性です。

人間は自分が方向転換できるものだから、
自然をコントロールしすぎて、
方向転換できない自然の流れを前にした時、
人間が動かないといけない事をすっかり忘れているのです。

人間は、頑張る事も時には必要ですが・・
地震や津波の時は、頑張ってはいけない。
さっさと動くが正しいのです。

 

東日本大震災から10年で、
海の前に高い堤防が出来ているのを
ニュースで見ました。
この場を去った人達には、
堤防は必要ないので、
これが、
そこに住む人達多くの希望であったのかもしれません。
私は、少しビックリしました。

 

大地の女神がいるとしたら?
「人間が動かないといけない事を忘れているだけだよ・・」
と、そう話すでしょうから。
だからイザという時は、
忘れないで、どこにいても、
人間が動いてくださいね。

そう言えば、
金峯山寺の護摩でクンダリーニが上昇しましたから、
その時に、慈眼寺は、
ハンパないだろうな〜と思ったんですね。

クンダリーニは龍です。
龍が暴れないように準備してから、
良き時期に慈眼寺、再チャレンジします。

みのりサイト

 

吉野旅 金峯山寺

 今、会ってみたい人の1人が、
この人です。この記事も面白い。
餓鬼はいるのか?神様仏様は?夢か?幻覚か?
戦国時代の亡霊の話まで出てきます。
心理学的には、すべては自分の投影であるから、
幻になりますね。

金峯山寺

でも、私は、
この記事の何が面白いと思ったかというと、
みえない存在に対して、
私も、似たような事を体験していたので、
その点が、興味深く読ませていただきました。

近鉄特急いいね

神様や精霊に特徴があるとしたら、
クスッと笑えるような(誰も貶めることのない)
冗談が大好きな存在達ですし、

仏様(マスター)も、危険が身に迫る時は、
教えて(助けて)くれますし、

亡霊は、
自分が死んだことを知らないでいる人間です。
だいたい、働いています(笑)
(だから、死んだから働かなくていいよ!
と、誰かが教えてあげないといけませんね)

餓鬼は、数年前に筋腫の手術をした後に、
すごい数の集まりを、瞑想中に見ましたので、
(自分の創り出した)妬み嫉みなどの幼稚なエネルギーが
人格化したものだと個人的には思っています。

腫瘍とか、筋腫の中身は、
何も見えるものはないとしても、
構成要素は餓鬼だと思っています。
だから手術で取るのが、正解です。
心理要因で言えば、恨みや妬み、
努力なしに、誰かにもらおうとする心であり、
対処方法は、これをやめる事。

となります。

でも医学的には、これは、
手術の時に使う薬の副作用らしいですよ。
どれもが正解なのだと思います。

列車の中のラウンジです

修行中は、
熊にも襲われているし、マムシも踏んづけているし、
想像もつかない過酷さなのですね!

このお話の中の塩沼さんが、
若い時に修行していたのが吉野の金峯山寺で、
ここの護摩の会に行きました。

銀河鉄道999みたいなの

護摩が素晴らしかったです。
日本の伝統って素敵だなと思います。
護摩で、尾てい骨に眠る炎のエネルギーと呼ばれる
(クンダリーニ)が自然にあがっていきました。

私は、手の怪我の回復と、
コロナの収束の祈願をしました。
その後、手の調子がとってもいいです。

(護摩焚きの)
炎のエッセンスは、
その都度、人にもよりますが、
この場合は、成就ですね。

身体の中で、クンダリーニ(炎)が上がり、
目の前では、護摩の炎を見て、
TVのニュースでは山火事が鎮火したとありました。

世界には、自分の心が映っていますね。
これがニュースから深層を紐解くLDPです。

フラクタル心理学みのり 実らせよう夢のたね

 

サイト移転のお知らせ「瞑想みのり」に、お越しくださった皆様へ

以前からお知らせしておりましたように、
25年間続けてきました 瞑想みのりですが、
きりのよいところで、定期的な瞑想の伝授&瞑想会は
終了することになりました。
私の仕事は、
新しく、フラクタル心理学の講師と
カウンセリングのお仕事になります。

このサイトのドメインやメールマガジンは
瞑想と同じく「心の話や悟り」がテーマであることから、
引き続き、使っていく事になりました。

「瞑想おみくじ」も「今日の深層意識」として、
内容を変えております。

LINE@は殆どの受講生の方が、
瞑想からフラクタル心理学の悟りの話の方が、
フィットしたようで併用して実践されている方が
ほとんどです。
実際に素晴らしい結果が出ております。

そこで、夢の解釈や日常で感情が動いたこと、
お困りの問題、楽しかった事、日常にまつわる疑問・質問・
などを送っていただければ、フラクタル心理学にもとずいて、
今までとは変わらずお返事していくと思います。
(つまり・・今までのLINE@と変化ありません)

マスターコース入門・初級・中級・上級を
フラクタル心理学みのりで受講された皆さんは
起きた出来事、感じたこと、受講後の変化なども
気軽にお送りください。
あなたの成長が何よりも!嬉しいです!

質問には個人的に、お返事しない場合がほとんどですが、
すべて目を通してます。
必要性があるものは、LINE@とメールマガジンで全体に
お答えさせていただきます。

フラクタル心理学は 瞑想で経験する「空」
のゴールの視点があります。
瞑想は「空」のスタートの視点を持っていましたが、
ここはもう卒業して、創造主のゴールの視点を
教えていきたいと数年前から思うようになりました。

引き続き、私にお付き合いくださる方は、
講座やお茶会 食事会、ノートの会が気軽で建設的で
おすすめかと思いますので、
気軽にご参加くださいませ。

私自身は、個人の趣味として「空」を経験する瞑想を
辞める気なんて。。
これっぽっちもありません。

25年続けてきたので、瞑想の伝授、瞑想会は卒業して、
一つ上の段階の悟りと学びがある
フラクタル心理学に集中したいのです。

そんな事で、
また皆さんに、
お会いできる日を楽しみにしております。
フラクタル心理学みのりサイト

重要なお知らせです

この間、
瞑想の先生が来阪していたので、
スペイン料理を食べに行ってきました。
最後のお別れになるかもしれないと思ったので、
挨拶しておきたかったのです。

ボブさんと

25年間以上教えてきた
大好きなフルフィルメント瞑想(エターナルラブ瞑想)のお仕事でしたが、
他に集中したい事があり、瞑想との両立だと、
どうしても心が割れてしまうので、
一旦、瞑想を教えるのを辞めることにしました。
ずっと先の事で言えば教えるのを復活する事もあるかもしれませんが、
今は、フラクタル心理学の講師の方に集中したいのです。

数年前から、その兆しは私の心の中にありましたが、
どうしても決断できませんでした。

今も瞑想は大好きですし、ライフワークではあるので、
個人的には日課として続けているでしょうが、
教えるのはこの11月までとします。

「え〜」とか「そんなの困る〜」とかも無いです。
困る人は、11月までに、受けに来たらいいだけのこと
こういう、どうでもいい会話は、ホント要らない(笑)

困る人がいるとしたら、伝授や瞑想会などで、
今現在、しょっちゅうお会いしてる方ですね。
なので2020年11月までは続けますので、
その間に、何でもご相談くださいね。

11月までは、こちらのブログも25年間の思い出話などを、
ちょくちょく書いたり、今後の事などを書いて、
終了にしたいと思ってます。

瞑想を教えている25年の間には、
辛いことも沢山ありました。
けれども、そのたびに、
目に見えるのかと思えるくらいの
受講生さんや、
宇宙からのサポートがありました。
「宇宙が支える」とは、こういう 
目に見えない流れのようなものが見えてしまう感覚なのですよね。

これを知っているから、今現在、私がこれ以上、
瞑想を教え続けることも、
今は、何かが違うなと思っています。

辛いこと以上に、楽しいことも嬉しいことも、
それはそれは、沢山ありました。
瞑想の仕事は、私の天職でした。

自分の大好きな事で、
自分が思っていた以上に成功できたことは、
本当に嬉しい事でした。大成功で大満足です。

創設者のボブさんとは意見が食い違うことも多く、
腹の立つことも多かったですが、
やはり、25年続けてこれたのは、
ボブさんだったからですね。
この事には、本当にありがたく涙が出ます。
だから、会ってお礼が言いたかったのです。

いつもハートフルな方で、
自由を尊重してくれたし、
なによりも、初期の頃から、
我慢強い人だなと感じることが多かったです。

後は、一番最初にお会いした時から、
話してる事、教えが、素直に入ってきましたね。
これは、真理があり縁のものかと思います。

教えたいことが、ずっと一貫してますよね。
それも、まぁ出来そうで出来ないことだと思うのですね。
創設者というのは(どんな仕事においても)
従業員とは、全然違う特別な存在だと感じました。

色んなことを思い出して話していると、
泣いてしまうと思ったので、
食事の前に一緒に写真を撮って頂きました。
泣いてしまったけど、永遠の別れでもないですしね(笑)

というか、翌日の瞑想ワークショップにも
急遽参加したのでお会いしましたし(何やねん!あの時の涙は!)

また必要な時は、交流があると思います。

きりのよいところで終了します。
フルフィルメント瞑想 伝授&瞑想会

瞑想みのり
https://www.1satori.com/

 

内側に静寂を!

17日は阪神大震災から25年だったのですね!

非常事態だったから、
当時は、ありとあらゆる普段感じないことを感じていました。
震災の前も挙動不審になっていたけど、
後もかなり挙動不審で、
チンドン屋みたいな服を着てしまっていました。

地震中はギリシャでずっと月を見ながら瞑想してて、
帰宅した時は、沢山の人がスーツケース持って移動していたので、
意味がわからなかった。
道行く人に「何で移動してるのですか?」とか、
これまた意味不明な質問していました。

地震の日に有給を前借りして会社を休んだ私は、
旅行前に、人事部から嫌味を言われ(そりゃそうだ)
あまりの嫌味に、売り言葉に買い言葉で・・
「地震で死んでもしらんからな〜」と、
喉まで出かかっていた言葉を止めて、ギリシャに出かけました。

1ヶ月前から地震が来る事が予感でわかっていました。
厳密には、地震とまでは思わなかったけど
「神戸にいていはいけない」という、
するどい大いなる禁止のような感覚ですね。

だから、学者が地震の予知は不可能だと言っているけど、
絶対人間にはその力があると、
私は瞑想の生徒さんにも断言しています。

火災が多かった長田のネズミは、元町の飲食店あたりまで、
1ヶ月前に逃げてきていましたし、人間も動物です。
こんな力がちゃんと備わっている。
普段から自分の中に静寂の時間を持つことだと思います。

地震から気をつけていることは、
新築または新築に近い家に住むようにしている事ですね。
これだけは、守っている。今の奈良の家も、
新しいのでここに決めました。
一所懸命生きましょう。
写真は、世界で一番好きな街 神戸

奈良学園前 伝授&瞑想会
https://www.1satori.com/?p=5189

新神戸駅