赤タラ体験

今日は、赤タラ瞑想の体験談ですね。
一番好きなテクニックは、私はタラですね。
瞑想熟練者は、みんな好きなタラ。

(頂いた質問)
ところで、今日ついに?!
耳元で鐘が鳴ったように感じました。
今、赤タラで瞑想をしています。

ここ数日、これまでの私の考え方(ガマンとか被害者意識とか)を
もうほんと手放して自分で現実作っていくんだ!
という意識がお腹から湧いていました。
叶えたいことはいくつもありますが、まだ行動には移していません。
鐘の意味は、どう捉えたらいいのでしょうか?

(みのりひとこと)
タラは、具体的な具現化したいお願い事の意図を持ち、
それを形にしていく事も出来る瞑想です。
方向性をもったエネルギーの動きです。
でも、そこに意図を持たなかった場合はタラ(高次の自分)という具現化です。
また鐘が鳴る時は、私の体験としては、聞き間違えとか、
空耳とかではなく、本当に鳴ります。
「鳴ったかな?」ではなくて、
「空耳にしては、音、大きいだろ?」
少なく見積もっても鳴ってる。
そんな感じなのです。まさに法螺貝。

鐘が本当に鳴った時は、ぼやぼやせずに、動きましょう。
今までの自分のやり方は、捨てていく。
タラの具現化はすごいスピードでやってきます。
2週間から2ヶ月以内です。
2ヶ月経過したけど来ない・・という場合は、
来ないじゃなくて、とっくに来てるけど、あなたが見逃したです。

そして、
多くのタラをしている人たちが、間違えてしまうのは、
すごい速さでやってきたもの。自分が望んだ具現化なのです。
それに対して「でも・・」と言ってチャンスを逃すのです。
もしくは、「でも・・」と思うならば、それを自分が創ったことを認めて、
いらないわけだから、作り直せばいいのです。

顕在意識は5%です。ここしか見えてないから「でも・・」が出る。
タラは、顕在・潜在・この100%の意識から、現実を創り出します。
タラが凄いということを・・多くの人が知らな過ぎる(笑)
ぜひマスターして欲しいの!

タラは、100%全部に意識的で、
ここから具現化を起こしているのだけど、
私達が知ってるのは5%程度の意識。
なのにこれを100%だと間違えて思っているから、
「自分が、望んでもいないものが具現化でやってきた」と、
勘違いしちゃうの。
あなたが意識できていない95%の意識では望んでいたから、
それがやって来ているの。

タラの本当にマスターしないといけないところは、
この部分です。
これは私もなかなか分からなかったよ。

タラは練習が必要です。
だから、時間をかけましょう。

https://www.1satori.com/

Wandering stars

海外旅行が趣味になったのは、
小学生の時、兼高かおる世界の旅で、
ギリシャのパルテノンを見た事がきっかけです。
当時は、脳天に稲妻が落ちた衝撃でした。

まだ多くの人が飛行機すら乗ったことがない時代です。
世界に自分が見たことのない国があることすら、
意識に浮上してない時代です。
その時にTVを通じて映像で見る世界というのは、本当に驚きでしたし、
今思えば、それは、未来を見せる知性でもあったのだなと思います。

影響力のある人の事をスター(星)と言いますが、
TVや世界で見るスターと、瞑想中に見るスター(星)は同じです。
瞑想中に、マントラ(知性)を内なるビジョンとして見る時は、
星や星空として見ます。
マントラの中には、未来、外側の世界に、
創造されることが凝縮されてあります。
これを現実に、まだなっていない外側の世界に見る時は、
拡大されて(大げさに)憧れのスターの中に見るでしょう。

だから、内側で見るスター(星)も
外側で見るスター(星)も 
拡大されているか凝縮されているかの違いだけで、
同じなのですよ。

今、多くの人が海外から日本にやってくるのは、
日本という国をSNSを通じて、見たからです。
見ないことには、あることすら意識上に浮上せず、
「行く」という行動が起こらないのです。

兼高かおるさんという人は、
私の人生の前半に大きな影響を与えた。
まさに!スターでしたね。
人生の終わり方も、心不全で、
さっと死ぬという華麗な終わり方で、
最後まで素晴らしい旅でしたね。

訃報のニュースは悲しかったんだけど、
自由気ままに飛び回っていた私が終わって、
人生に新しい映画が始まる事を意味しますね。
自由は封印ですが、
今度は、パートナーと二人でいつか、豪華客船で訪れたいね。

瞑想会、誰でも参加できます!どうぞ!
大阪・東京・北海道・福岡・ソウル・名古屋
https://www.1satori.com/?cat=13

瞑想みのり