ドラゴンナイト

写真はドイツ上空

こんにちは みのりです。

20日は朝から
仙台の慈眼寺の護摩に行こうと思って飛行機も宿も
なんなら、牛タンも手配していたのですが・・
金曜日に護摩が中止になってる事に気づき、
急遽、仙台行きをキャンセルしたところでした。

そしたら、夜に東北の地震のニュースです。
私は日頃から「地震は(人間には)予知できる」
と断言してるので、

大阪の街と地震のこと
https://www.1satori.com/?p=6679

内側に静寂を
https://www.1satori.com/?p=8560

この間の福島の震度6の時は、
予知してないかとFBをのぞきに来てる人がいましたね。

多くの人が「また大きな地震が来るんじゃないか?」
「自分の地域は大丈夫だろうか?」と、
不安に感じてるのがわかります。

確かに震度5は怖いですけど・・
何も感じないから
仙台に行く準備をしてました。
ちなみにこの間の福島の震度6も
全く何の予感もありませんでした。
大地は平和です。
(実際に大きな建物の損害も死者も出てないでしょ)

ただ・・日本は地震の国です。
なので、
人間と神(自然の知性と呼んでもいいです)
の違いを理解しておかないといけません。
人間は自由意志があるから方向を変えられます。
「仙台行き辞めた!奈良にいよう!」
このような方向転換ができるのが、
人間の大きな特徴なのです。

でも神(自然の知性)には
この自由意思はありません。
自然の仕組みとリンクして、
一定方向にしか流れることが出来ないのが
神(知性)の特徴です。

山の神(固まる地の要素が強い知性)が、
河の神(流れる水の要素が強い知性)
に憧れても、方向転換する事は出来ないのです。

山が河に憧れて「なりたい」と言えば、
大きな自然の秩序が壊れるからです。
こういう全体の大きな取り決めのことを
「法」といいます。
ルールの事ですね。

 

相似形では、
人間の身体の中にも神(自然の知性)があります。
骨の神(固まっている知性)が、
筋肉の神(柔軟に動く知性)に憧れて、
なりたいと方向転換することがあれば、
それは死や病気を意味しますね。
骨は骨として、筋肉は筋肉としてあり続ける、
この働きが知性です。

人間は自分が方向転換できるものだから、
自然をコントロールしすぎて、
方向転換できない自然の流れを前にした時、
人間が動かないといけない事をすっかり忘れているのです。

人間は、頑張る事も時には必要ですが・・
地震や津波の時は、頑張ってはいけない。
さっさと動くが正しいのです。

 

東日本大震災から10年で、
海の前に高い堤防が出来ているのを
ニュースで見ました。
この場を去った人達には、
堤防は必要ないので、
これが、
そこに住む人達多くの希望であったのかもしれません。
私は、少しビックリしました。

 

大地の女神がいるとしたら?
「人間が動かないといけない事を忘れているだけだよ・・」
と、そう話すでしょうから。
だからイザという時は、
忘れないで、どこにいても、
人間が動いてくださいね。

そう言えば、
金峯山寺の護摩でクンダリーニが上昇しましたから、
その時に、慈眼寺は、
ハンパないだろうな〜と思ったんですね。

クンダリーニは龍です。
龍が暴れないように準備してから、
良き時期に慈眼寺、再チャレンジします。

みのりサイト

 

吉野旅 金峯山寺

 今、会ってみたい人の1人が、
この人です。この記事も面白い。
餓鬼はいるのか?神様仏様は?夢か?幻覚か?
戦国時代の亡霊の話まで出てきます。
心理学的には、すべては自分の投影であるから、
幻になりますね。

金峯山寺

でも、私は、
この記事の何が面白いと思ったかというと、
みえない存在に対して、
私も、似たような事を体験していたので、
その点が、興味深く読ませていただきました。

近鉄特急いいね

神様や精霊に特徴があるとしたら、
クスッと笑えるような(誰も貶めることのない)
冗談が大好きな存在達ですし、

仏様(マスター)も、危険が身に迫る時は、
教えて(助けて)くれますし、

亡霊は、
自分が死んだことを知らないでいる人間です。
だいたい、働いています(笑)
(だから、死んだから働かなくていいよ!
と、誰かが教えてあげないといけませんね)

餓鬼は、数年前に筋腫の手術をした後に、
すごい数の集まりを、瞑想中に見ましたので、
(自分の創り出した)妬み嫉みなどの幼稚なエネルギーが
人格化したものだと個人的には思っています。

腫瘍とか、筋腫の中身は、
何も見えるものはないとしても、
構成要素は餓鬼だと思っています。
だから手術で取るのが、正解です。
心理要因で言えば、恨みや妬み、
努力なしに、誰かにもらおうとする心であり、
対処方法は、これをやめる事。

となります。

でも医学的には、これは、
手術の時に使う薬の副作用らしいですよ。
どれもが正解なのだと思います。

列車の中のラウンジです

修行中は、
熊にも襲われているし、マムシも踏んづけているし、
想像もつかない過酷さなのですね!

このお話の中の塩沼さんが、
若い時に修行していたのが吉野の金峯山寺で、
ここの護摩の会に行きました。

銀河鉄道999みたいなの

護摩が素晴らしかったです。
日本の伝統って素敵だなと思います。
護摩で、尾てい骨に眠る炎のエネルギーと呼ばれる
(クンダリーニ)が自然にあがっていきました。

私は、手の怪我の回復と、
コロナの収束の祈願をしました。
その後、手の調子がとってもいいです。

(護摩焚きの)
炎のエッセンスは、
その都度、人にもよりますが、
この場合は、成就ですね。

身体の中で、クンダリーニ(炎)が上がり、
目の前では、護摩の炎を見て、
TVのニュースでは山火事が鎮火したとありました。

世界には、自分の心が映っていますね。
これがニュースから深層を紐解くLDPです。

フラクタル心理学みのり 実らせよう夢のたね