印象に残った出来事 2012 1位

バリ島で見つけた ツタですね。壁にくっついてる。
面白いな〜とおもったので、写真を撮影

1位は 海外に沢山出かけた事ですね。

香港・マカオ・珠海(中国)・フィリピン・

これは 地震と原発問題以降、日本の行方が気になるので、
アジアを見ておきたいから 出かけました。

先々は フットワーク軽く動ける人と
動けない人で、
大きく人生が変わってしまうような気がしますね。

仕事の瞑想関連では タイに 2回出かけました。
文句なしに 楽しかったです。

純粋なオフは バリ島、イタリアでした。
ここも最高!

特にアジアは 活気がありますね。
元気が無いとうか、暗いのは日本だけですね。
(あっ 北朝鮮があった!)

香港・マカオは その発展ぶりに びっくりしました。
珠海(中国)は 活気があるけれど、
売れないものがあふれている印象がありました。
在庫の山そんな感じがします。

中国は人が多い。物が多い。
けれども 洗練された欲しくなるものが無い。
そんな感性もまだ育ってない そんな感じがします。

それならば 日本やイタリアの
洗練されたモノづくりの方が、負けない。 
面白いと感じました。

フィリピンは 老人が少なく、若い人がとにかく 多いのです。
人口ピラミッドが きれいな三角形を描きます。借金も少ない。

フィリピンには 大きな可能性を感じますが、
勤勉で賢い事も 国の成長に欠かせないと思うので、
やはり日本を ひいきして見てしまいますね。

アジアで 別格だったのが、バリ島です。
エネルギーが気持ちいい。 とにかく、癒されます。
癒されすぎて・・両替詐欺に あいそうになりました。

バリ島で 甥っ子、姪っ子達と 遊べたことも
楽しい 想い出です。

将来の夢として バリ島に 瞑想ルーム、
持てたらいいなと 感じています。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール
瞑想みのりサイト&瞑想コント

クリシュナマインド

 

北海道には 
私はどうしても 行かなくてはいけない 理由が 
ありました。
クリシュナ マントラの伝授を 始めて受けた時、
クリシュナマインドでは、北海道と福岡の 
乗馬クラブに 入会するように 勧められたからです。

これを聴いた時は、私の小さなマインド(思考)は、
かなり、抵抗しました。
「クリシュナ!アンタは 私を 破産させる気か?」

こんな感じで、この無謀な案に 
マインドは抵抗していたけど、
ハートは ニタニタ笑って 聴いていました。

一生に一度くらい、クリシュナに従って、
遊んでみるのも悪くないか?と 
大胆にも 思ってしまったのです。

結果 入会したのですけど・・
本当に、100% クリシュナに 従ったのかと言えば
嘘になります。

なぜならば、クリシュナは どこにでも存在できて、
人間のような 制限はないからです。

スケールがでっかいです。デンジャラスですね~。
クリシュナからすれば、世界中に 家があり、
遊びたい時に遊べるのは 普通の事で、
人間がそれを制限するのが どうにも 理解出来ないのです。

そして、クリシュナには 大きな知性があります。
表面上は遊び。けれども すべてを 見越した上での遊びです。
この無謀な案にしたがった当初は、瞑想会にも 人が一人しか 来ませんでした。

だから、まさに 私は 破産寸前でした。
乗馬がなければ 北海道行きは 続いてなかったのです。
当時は これが知性だとは とうてい思う事が 出来ませんでした。

近い感覚では「クリシュナに だまされた」 かもしれません(笑)
けれども 一人が、二人、三人と
徐々に 瞑想に参加する人が 増えていったのですね。

このクリシュナと 人間の間にある 時間差を
理解しないと いけません。
クリシュナは 一瞬で すべてになり 楽しめるのに対して
人間は 肉体があり それも たった1つです。

だから クリシュナの事を 時に書くようにしています。
自分自身の理解を深めるために、
そして、 伝授を受けた方が クリシュナの知性を 
理解できるように。

みのりサイト

 

買い物 グッチ対決

海外では ブランド物は、日本の40%オフです。
この時ばかりは、買いたくなりますね。
言葉も通じないだけに 毎度、何かハプニングが 起きてます。

以前、フランスの エルメスで皮の手袋買った時は、笑えた。
手袋の色で迷っていると 派手好きの Yくんが、
「エルメスなんだから 絶対オレンジだよ〜」と言うので、
その通り着けてみたら、台所の ゴム手袋そっくり。

そんな事で 試着しまくって、
挙句の果てに「いい加減に 決めろ」と店員に 怒られた。
そんな因縁めいた「エルメス ゴム手袋 事件」があったのですが、

今回は ヴェネツィアのグッチで・・・
鞄を買いました。グッチで 商品を買うのは 初めてでした。
一目惚れだったのですが、展示していたものとは違う、
奥から出してきてくれた 新品を持ち帰りました。

帰国の空港で、税関検査が終わって、
はじめて その鞄の包みを開封したら、
嘘みたいに ボロボロの鞄が出てきた。

「私は こんなボロボロの鞄に 一目惚れしたの??」
そんな軽いパニックがありました。

これは、ありえない! 
グッチと対決するしかない。負けないぞ!
と思っていたら、
空港の中にちょうど、グッチがあったんですね。
添乗員さんに訳を話して、そこに駆け込んで 
相談することになりました。

そしたら、悪意があるわけではなく、
本革だから、個体差があるってことでした。

で・・ここからが素晴らしいのですけど、
同じデザインの鞄を 数個出してきてくれて、
納得 いくものに変えますよ。と変更に応じてくれました。

皮のきれいなものに変更してもらって 大満足して帰りました。

対決どころか なんかファンに♪ なっちゃいましたね。
とにかく 商品は確認してから 買いましょうね。

間違っても
エルメスではありません。
オレンジゴム手袋です。

フィレンツェ・ピサ 2012

これは
実物を見ないと・・
素敵な街です

素晴らしくて、
写真では 何も伝わらないのが、フィレンツェです。

ウフィッツィ美術館は、
メディチ家がフィレンツェに寄贈した美術館。

寄贈する際に 絶対に美術品を国外に売りに出さないこと、
誰もが見学できるようにする事と 条件をつけたそうです。

この点が、ロシアのエルミタージュとは違って 好感が持てますね。
メディチ家って ありがたい。
お金持ちに ほんと 感謝ですね。

そういえば、
世の中には お金持ちに怒ってる人っていますね
(特にスピリチャル系は 自分で気づいてないだけの人が多い)

羨ましいと思ってたり、憧れてるのは まだ健全ですけど、
怒ってる人は 貧しさや欠乏を創造していくので、
気をつけてくださいね。

羨ましいから もう一歩出てきて、
「お金持ちに ありがとう!」
こんな感謝を 持たなくてはいけないと思います。
(私は しょっちゅう そんな事 思ってます)

税金にしても 一般の人よりも 多く収めてますし、
人助けや、チャリティーをしても 影響力が大きい。
本当にありがたい存在が お金持ちなんです。

私 ティツィアーノの絵画が好きで、
この美術館には 沢山 展示されています。
イタリアの魅力 満載。満載。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&瞑想コント

 

カプリ島・アマルフィ 2012

映画の影響で
どうしても行きたかった
ほんと影響されやすい人。

アマルフィのテーマ曲
リクエストしました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマルフィは イタリアの別荘地。

フランスの ニースを素朴にしたような感じです。

カプリ島はあいにくの雨で 青の洞窟は入れませんでした。

海がとても綺麗なところです。

映画の影響で 旅行先決める事も多いですね。

旅行会社も 映画がヒットした後に、企画を組むみたいです。

 

 

 

シエナ・サンジミニャーノ2012

サンジミニャーノ

旅も中盤に入り
ローマ フィレンッエへと
バスでむかいます。
途中で 
シエナ、サンジミニャーノの観光です。

車窓からの眺めは どこまでも 緑が広がって、空、雲、木々が綺麗です。

この景色を ぼ〜っと観てるのも 
ヨーロッパの楽しみですね。ほんと飽きないです。
同じような風景なのですけど、中欧(チェコ、ハンガリー、ウィーン)はちょっとお高くとまって、規則正しい 上品で真面目な感じ、

フランスは 空(そら)のエネルギーが強くて、
印象派の中間色の似合う感じ、

イタリアが 土(つち)のエネルギーが強くて、
原色の似合う感じ、
それぞれに どこか違う感じがするのです。

サンジミヤーノは なんてこと無い街でしたが、
過去世の解放が起きたようで、
夜、寝てる時にヒーリングが起こりました。

怖い怖いと言いながら、眠りについたら、
朝はスッキリしてました。
 
女性として生まれて、貧しかったようですが、
何が起きたのか? 詳しくわからなかったです。
まぁ 思い出す必要がないからでしょう。

過去世は あるか、ないか、そんな次元の話ではなくて、
子供の時から 幾つか覚えていたので、
私にとっては、今世に 小学校の時の記憶や、
幼稚園の時の記憶があるのと、そんなに変わりがありません。 
ちょっとはみ出して覚えちゃってる こんな感じです。

違いがあるとしたら 
今世は 時系列を年代順に並べることが出来るけれど、

過去世というのは、今と同時に存在してるので、
時系列で並べることが出来ない。
たまたま 今世という波ではない 
別の波の数々が 過去世と呼んでる感じですね。

旅行先を決める時は、
先に 過去世の記憶があり、そこに行く。
そんな感じが多かったです。

ただ、今回の旅は違ってました。 
イタリアに決めた理由は、織田裕二の出演する
映画 アマルフィ観て、行きたかったから。そんな理由(笑)
記憶とは全く 何ら関係がございません。

話 戻して・・・
とにかく この解放の夢を見た後は 絶好調になるのが特徴で、
ツアーの皆さんからも 「目が輝いてる」といわれてしまいます。

貧しかった記憶の解放だったからなのか? 
翌日からの 買い物が ヤバいことになりました。

路地裏で見つけた 
オリーブのまな板。
ここまで大きいのは、
貴重で高いです。

 

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&瞑想コント