捨てて上がる

この週末は、トリニティ主催の
フルフィルメント瞑想の
創設者のボブさんのWSでした。
40名位の方が参加されました。
内容は新しいテクニック
永遠の愛の瞑想の中の1つ、
ヴァイオレットファイヤー・
マントラ伝授でした。

 

私は司会を担当したのですけど、
最初の挨拶で、緊張で足が震えて、
途中で座ることに(笑)

 

高周波の大きなエネルギーが、
入ってきたため・・

 

とか、
言いたくもないわ。

そんな美化してると、
成長がとまるだけなのよ。
不思議を捨てたいの!

 

単に足腰が弱いだけなのよ!
大勢の人に慣れてないだけなのよ!

 

未来、私は、もっと大勢の前で、
講座をしていくことになる。
だから、鍛えるためにおきてるのだろう。

 

9月には、カウンセリングで所属する
心理学の10周年パーティがあり、
そこで、150名の前で、
話をすることになりました。
40名程度で震えてる場合じゃあ
ないのです。

フルフィルメント瞑想。
大好きですし、大ファンですよ。
25年愛用してますからね。

一つ一つの
「マントラという名の宝石」の事も、
熟知してます。
でも そんな私が、この宝物を捨てるの。

もしも、受講生さんが教えて・・
と言ってきたら、
すごーく、教えたいですよ。

でも、おそらく、
9月以降は新しいプログラムから先に、
すすんでもらうと思います。
相談して決めていきましょう。

みのりサイト
https://www.1satori.com

 

瞑想は、小さな自分が大きな自分に入れかわる


瞑想は 心の最も深い領域「空」から始まる 

自己ヒーリングになりますが、
私が ヒーリングなるものを 最初に始めたのは 
25年近く前になりますが、レイキヒーリングでした。

ホスピスで60分のレイキヒーリングを1日3人位に
していた時期があって、毎回すごい事が起きてました。

夜、寝ている時に、
とてもリアルな宇宙か銀河に飛ばされる夢?
を見て、宇宙にエネルギーをチャージされているような 
気持ちイイとか楽しいって言葉を通り越して、
この世のものとは思えない恍惚感がありました。

他にもレイキヒーリングした晩に 
よく見た夢がありました。

白い布を着た男が丘の上に立ってます 
とても幸せそうで、堂々としてて、
自由で、自然の風を受けながら生きている人でした。
それもこの世のものとは思えない 
すがすがしい快感でした。

そして、この人の事は何故か、
私自身だと感じたのですが、
憧れの理想の生き方をしている 
遠い過去(世)の私 という感じで 
(当時の)現実の私とは、
あまりにも 違いがありすぎました。

当時、私は、この人(過去世の自分)に 
とても興味を持って、この人が暮らしていた場所に行けば、
何か解るんじゃないか?

今の自分の問題や悩みの すべてが解決して、
自由で幸せなバラ色の未来になるんじゃないか?

突然ヒーリングの能力が目覚め、
すごい人になるんじゃないか?と想像していました。

こういう発想って、
今、思えば 本当にナンセンスな発想なんだけど、
当時は大真面目に考えてて 
この場所探しをはじめたんです。 
それが「チュニジア」の「カルタゴ」って
地名の場所でした。

○○さえ持てば、すべての問題が解決するとか、
悟りさえすれば、すべての問題が解決するとか、

子供の思考は、時として 
こんなナンセンスな思いこみが
大好きだったりしますよね。

マインドは「そうあって欲しい」と
願いを込めて思い込むのですけど、
事実は違います。

「だからどうしたの?」って、
そこからが始まりなんです。

いつも奇跡は、地道な出来事の積み重ねの先に
待っているように思います。

当時は、カルタゴに行きたくて仕方なかった私ですが
戦争中で、旅行できなかったのですね。

もしも、当時、カルタゴに旅行してたら、
期待が大きすぎて、帰国してからの 
普通の平凡な毎日にがっかりしたと思います。

過去世の自分じゃなくて、今の自分の肉体、性別、生活環境、
これらと共に 人生は進んでいきますからね。
これを受け入れて、ゆっくり変化していくしかありません。

瞑想で「空」を経験した後は、
ゆ っ く り と 
時 間 を か け て 戻 っ て き ま す

「空」とは「真我」「本当の自分」
可能性に満ちた自分を ゆっくり連れて返ってくるのです

今現在の 小さい自分(マインド)に 気づかれないように、
ゆっくりさりげなく、知らない間に、大きな自分を 
連れて戻ってきます。
これ 重要ですよ!!

1日2回これを繰り返した時に、
後々、気がつけば、知らない間に、
小さな自分が、大きな自分に入れ替わっていくんです。
 
ある時、自分がビックリするほど 
変化している事を発見するでしょう。

月日が流れて十数年、
カルタゴに旅行してきました。
変化した事は、沢山あります。 
過去世のカルタゴの自分に憧れる事は 
もうありません。

今、現在の自分が、幸せで、自由を感じ、
自然の風を受けて流れています。
憧れは手に入ると消えてしまいました。

結局、憧れの過去世は 
自分の今、実現できる可能性を 
みせてくれていただけなんですね。

憧れている時には、到底そんな風に思えないとしてもです。
過去のどんな素晴らしい人生よりも、
一番、賢くて成長しているのは 
今現在の自分なのです。

みのりサイトはこちら

ベストな選択

今日は 選択について 書いてみたいと思います。

質問:
選択肢が 沢山ある時、何を選べばいいですか?

そうですね。超簡単で効果がある方法がいいですよね。
まずは 自分が創造主で、
選択の舵取りをしていると理解する事ですね。

だから・・

●1ステップ
自分の選択を疑うクセ、これはやめよう。

「自分が選ばなかった方が、良い選択なんじゃないか?」

どちらを選択しても 自分が選択した道、舵を切った方向。
それがその時出来たベストなんだと思う事。
ベターじゃなくベストです。
ベストだと思って、そこから創造していくのです。

「自分の選ばなかった方が、良い選択だったに違いない」
と 思っていると 
選ばなかった方が魅力的に見える創造が始まりますね。

選ばなかった仕事、恋人、商品・・。
なんて 魅力的に見えるのでしょうか?

自分の人生を引き受けているのが大人。
引き受けてないのが子供。
子供は、人生に起きてくる事を人や環境の責任に出来ます。
そこには自分が人生の舵取りをしている責任感も、
潔さもありません。

この状態で 何を選択しようが、責任転換しているうちは一緒。

でもひとたび、自分が自分の人生を創造しているんだと
理解を始めて舵を切れば、 
どんな選択をしても「良かったな」と思える創造が起きていきます。

この事を踏まえた上で・・
(踏まえた大人だけ・・続き・・いいですか?)

●2ステップ
「自分が真実と思っているものが、 次の瞬間、変化してもよい」

と 理解してて下さいね。

これも 凄く大切よ。
何かを正しい真実だと思って選択した時、
「気持ちを変えたらアカン。真実は一つ」 とは思わぬように。

「真実が、時と場合により変化してもよい」
こんな柔軟な気持ちが大切です。

真逆をやっちまうんだわ! 私たちは!

「ハートに従ったから、正しい選択なんだから、
変えちゃいけない・・」と

「いや それ・・ 柔軟性がない時点で、
エゴに変化してますから(笑)」
心が止まった時。それが こまったちゃんのエゴです。

自分が真実だと思って、瞬間までこだわってる事でも、
瞑想していると、次の瞬間「空くう」に溶けて
180度流れて 回転してしまう事が出来ます。

「空」に溶けて 戻ってきた 流れるエゴなら、理解できるはず。

よくこれは 瞑想してると起きてきますよ。
これは 瞑想を続けてて身に着く、
長所じゃないかなと思うのです。

私だって、
「男はやっぱり仕事よね~」と思った 次の瞬間、
無職の人と、付き合えちゃうし・・・

「玄米菜食のお仕事大好き。」と思った、次の瞬間、 
食品添加物の会社に就職できちゃったり・・・

「親には世話にならん」と決意した次の瞬間、
 「パパーママー助けてー♪」が 言えちゃう。

多くの人が恥ずかしいとか、意思が弱かったとか、
誰かに非難されるだろうかとか・・
こんな事ばかり考えて、
素直に切りたい舵も切らずに選択を止める。

どうだって いいやん♪

どちらに舵を切ろうが、自分次第でよい創造が出来るし、
どこにも 真実があるって事を理解してくださいね。
180度変化出来るって 心が柔軟じゃないと無理ですから。

結果、どれも 経験して よかった事しかありません。

反対側の認識からものを観る能力。

これも瞑想で育ってくる特質だと思うのですね。

「この船は、一度舵を切ったら、
方向転換出来ません。正しいですから」
って・・
こんな船 乗りたいですか? 
危険 極まりない船 ですよね(笑)

みのり サイトはこちら