喜びを前に 止まらない

夏休みは 父、妹、甥っ子、姪っ子を連れて、
バリ島を 旅しました。
まず バリの印象ですけど 空気が柔らかく、
エネルギーが とても 心地よいのです。
アジアでは 一番 好きになりました。
時間がゆっくり流れて、独特の 空気感があるのですが、
この空気感が 南仏に 近い感覚なんですね。
また何度も 出かけることになるでしょう。

バリでは ハプニングも 沢山ありました。
到着すぐに 姪っ子が プールで溺れて、
翌日 甥っ子が溺れて、楽しむよりも 病院探しやら、
計画のすべてが 止まりました。
心配しなくても 大丈夫なのに・・・
私 以外は シリアスになってましたね。

申し訳ないけど 観てて ほんとバカバカしいのです。
人って、しょうもないことで 流れを 止めるのです。
これは 瞑想してると よく分かるんです。

ただ楽しかったり、豊かだったり、 喜ばしかったり、
幸せだったりすれば いいだけなのに・・

そんな事に 実は 慣れてないのです。

ここは パワースポットで、
日頃のカルマ(止まった動き・ストレスの事)を 出してるだけで 
それが終われば、完結。
そのまま楽しく、流れたらいいだけ なんですね。
カルマって 止まった動き の意味です。

受け入れきれない 悲しみや苦痛が 止まることが多く、
カルマになりやすいのです。
けれども 同じように 幸せってものも
止めようとするのが、人間なんだなと 感じます。

皆さん 幸せ 楽しみ 喜びを前に 立ち止まらないように!
人は 慣れてない時、止まって 受け取れない。
普通だと思ってることは 当然の権利として受け取れる。

いつも幸せである事 繁栄してる事
英知に溢れていることは 実は 普通の事なんだけどな~。
___________ 編 集 後 記 ___________
今年は アジア づくしです。
フィリピン 香港 中国 バリ タイ 日本各地を 
移動するように 
アジアを 移動できるようになりたいと思ってます。
きっと 将来、そうなるでしょう。
私は 昔、OL時代から「趣味は海外旅行」と 公言してました。
年に一度も 海外旅行できなかった時代に!!です。
将来、そうなりたかったから、公言してたんです。
今、実際に そうなってますね。
今の自分の状況は
「昔、自分が こうありたいと 思い、考えた事」
その通りになってます。 誰もが そうですよ。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール
瞑想みのりサイト&瞑想コント


恒産(こうさん)無きもの恒心(こうしん)なし

最近、同性で素敵だな〜と思う人がいました。
いつも私は、主婦に憧れているんだけれど(笑)
今回の 憧れの人は 働く女性。

最近、松本清張賞を取りました。
山口恵似子さんです。

普段は 社員食堂のおばちゃん。
けれども・・裏の顔が 作家。

このギャップが 
人間的に 面白い人だなぁ〜と。

食堂のおばちゃんの仕事は天職だと 
小説を書くことは 生きがいだと話していて、

仕事を持つことの意義を 
なんと・・食堂の おばちゃん姿で、
孟子の言葉を引用して話し始めたのが、
カッコイイ。

恒産(こうさん) 無きもの 恒心(こうしん)なし

ネットで調べてみたら・・ 
定まった財産や職業がなければ、
定まった正しい心を持つことができない。
物質面での安定がないと、精神面で不安定になる。
そんな意味らしい。

まさに その通りだと思います。

食堂の仕事に就くことで、ご自分が安定した事、
そして 生きがいである小説を書くことの 
土台になっていることを お話されました。

また ちらっと見えた食堂の献立も カッコイイ。

定食のバランスを考えるのって、
お盆という 小宇宙の中に 
栄養、味、見た目、色彩、
全部のバランスを取っていくわけで、

思考と計算、感性と 両方必要な 
知的な作業だと思います。

この人の 小説は 読んでみたいな。

そして 皆さんも 
日々のお仕事 がんばって下さいね。
会社経営や 会社勤めだけが 仕事ではありません。
出産や、子育ても 主婦(主夫)も お仕事。

私も 力が湧いて来ました。 
お仕事って、ありがたいね。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&瞑想コント

 

リヒテンシュタイン展

京都市美で開催のリヒテンシュタイン展
よかったです。

特に、肖像画は、
写真以上にモノを言いますね。

ヴァン・ダイクの肖像画は 
とても人気があったそうですが、

実物の人間以上の気品で、
上流階級の貴族たちは この才能を 
独り占めできたのかと思うと・・

私もこの時代の貴族に生まれて
肖像画に残りたいな〜と思いましたね。

今回チケットの表紙になった
ルーベンスの最愛の娘 
クララの肖像画ですけど、

父親を見つめる 娘クララのまなざしですが、
そこに親子の信頼関係や愛情が
はっきりと 伝わってくる名画です。

この真摯な眼差しも、数年後。
この世から消えてしまったいうエピソードも、
人間のはかなさを感じて、
何ともいえない気持ちになりますね。

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&瞑想コント