本当の悟り 統一意識の兆候とは?

今日は、瞑想の意識状態のお話です。

誓文祭のお食事

本当の悟り 統一意識とは、

瞑想中に経験する「空」の意識状態。
そして、瞑想から戻ってきた時の日常の意識状態。
この境目が無くなることです。
どこにでも「空」があることです。

 

受講生さんの体験がどれくらい進んでいるか、
一つの目安として、
私がみている事があります。

 

これは、瞑想中の体験として、
「何を受講生さんが話すか」ですね。
これが、統一意識の大きな、
判断基準になりますね。

 

瞑想を始めたばかりの人は、
瞑想日記をつけようとしますが、
私は、これは、
全然、おすすめしておりません。
日記付けるヒマがあれば
「日常に気を配れ」と、話します。

 

瞑想している30分
この時間内の体験は、
雑念だらけでも、
心地よくても悪くても、
どうでもいいのです。

 

そして、瞑想中は、
心のゴミ出し体験なので、
たいした体験は 起きてないので、
日記自体がつまらない事も多いからです。

 

瞑想は、心のゴミ出しなのですが、
この30分を2回 続けることで、
残りの23時間の質が圧倒的に、
変化していくことに意味があります。

 

瞑想をした事がない人や、
瞑想初心者の人も、
瞑想中の体験を上手に
話すことは出来ませんよね。
これは、経験がないし、
認識力がまだ少ないからです。

 

そして、悟りの意識状態 
統一意識を経験してくると、
これまた、
初心者の人と、同じように、
瞑想の体験を話すことが
出来なくなるのです。

 

初心者の人と熟練の人の話すことが
同じになってくるのです。

けれども、意識の状態では
もう天と地ほど、違いがあります。

 

なぜなら、
熟練の瞑想者の語る、空の意識は、
もう 瞑想中だけになんて無いからです。

 

夢の中、そして、
日常に瞑想の「空」体験が移動していくからです。

 

だから、瞑想の体験を聞かれて、
瞑想中の体験を話せなくなってきた時、
他愛もない、日常の話を瞑想体験として、
話しはじめた時、
それが統一意識の兆候ですね。

みのりサイト

誓文祭での落語

 

欲望を持とう!

タラ・タントラ瞑想の方が、
増えてきておりますので、
タラの解説UPしてみました。

タラ解説(みのり)ビジャ・赤・白

 

自分で言うのも何ですが・・
なかなか、これは、
実際にタラ・タントラで、
起きてくる体験を、
上手く表現できてると思うのです。

 

フルフィルメント瞑想の中で、
一番人気があるのは、
なんといっても、
タラ・タントラ瞑想だと思います。
瞑想上級者から根強い人気がありますね。

 

タラのパワーは最強で、
具現化においては、一番効果的です。

 

何か叶えたい夢がある人は、
一番オススメですね。

 

それでいて「欲しいものを得る事」
それさえも、全然、大切ではないのです。

 

タラで面白いのは、
何か望むものを、
外側の世界に取りに行く時に、
沢山の学びと気づきがあり、
そこに成長があることですね。

 

欲望を持つ事は大切なことです。
欲望が少ない人って、
かっこいい事に思えて、
かっこ悪いですよね。

 

力を出すのが嫌な人。
めんどくさがりの人。
簡単にはナマケモノの自分を美化してるのが、
「欲が少ない」なのかもしれません。

そして、初心者のテクニック、
ラブマントラともタラは
相性が良いと思います。

 

タラで困った点があるとしたら、
エネルギーが強すぎて、
瞑想の体験が嵐のようになることでした。

 

瞑想の体験が、
海に潜ったはずが・・砂浜を歩いていた。
こんな風になるのです。
知らない間に、閉じていた目を開けてしまう感じです。

 

だから、起きてることが理解できないと、
瞑想の上級者でも中断してしまう人が多かったのです。

もう一つの困った点は、

スケールが大きすぎて、
色んな意味で、
小さなマインドの理解を
はみ出してしまうことですね。
これを怖いと感じる人もいるでしょうね。

みのりサイト

 

タラ解説(みのり)ビジャ・赤・白

おまたせしました。
タラの私なりの解説を掲載してみますね。

ビジャ・赤タラ・白タラ(大阪は半年間コース)

タラは観音様です。このタラ・タントラ瞑想は、
私達が「観音菩薩という存在に なっていく」
この部分が、他のフルフィルメント瞑想の
テクニックとは、大きく違います。

他のテクニックは、
空を経験していくことは同じですが、
マントラがシャクティと呼ばれる
固有の振動をしている為、外側の世界に結果として、
全く異なる効果が出てきます。

タラは、自分自身が「シャクティの化身そのものになる」です。
ここが明らかに、他との違いです。

タラの意味は、
このストレスだらけの世界(サムサーラの河)
を「渡るもの」の意味があり、
私達の小さな制限だらけのマインドを 
変化させて、ハートと繋がり、菩薩のように世界を
渡っていく方法を 沢山、魅せてくれるでしょう。

そのスケールの大きさは 時に私達の小さなマインドや
固定観念を破壊しながら進みますが、
必ず出てくる最初の1歩は、自然の流れに沿った1歩になります。

またタラはシャクティ(動く空)の化身でもあり、
「大いなる自分自身」でもあります。

魂・肉体を超えて シャクティ(動く空)が、
外側の世界に広がっていきます。
そのシャクティの先端には 知性の目があり、何かを探索するかのように
この世界を渡っていきます。

このため、具現化のテクニックとしても知られており、
具現化の力、スピード共に、最強です。

ただ、それさえもタラにおいては、大切なことではなく、
何かを望み シャクティが触手を伸ばし、何かを取りに行く際に、
沢山の 学びがあり、信念体系の崩壊があり、喜びがあり、成長があり、
タラは 手取り足取り、無から何かが 具現化していく、
その過程を 私達に 教えてくれます。

仮に、何か間違ったものを願ったとしても、
私達を軌道修正しながら、諭すように、望む現実を形作っていきます。
だから 何かを望む際に 吟味する必要もないのです。
 あなたの本当の望みを 一番、熟知してるのは、
タラである「大いなる自分自身」だからです。

タラは21の個性を持っています。
ビジャタラは グリーンタラで タラのお母さん。
この中に21の個性の種が詰まっており、種の形として、
彼女を経験し始めます。

1番目の赤タラは、感情・欲望にまつわる根深いストレスを取り除き、
2番目の白タラは 固定観念、信念体系にまつわる根深いストレスを取り除き、
私達をこの地球上において、菩薩(啓発に向かう段階)
として生きることをさせてくれます。

この経験は、難しくなく、ただ、インストラクションに従うことで、
自然に自動的に、こなしていけます。
瞑想するのは私達ではありません。タラが、全てをしてくれます。
(解説 みのり)

 

みのりサイト

 

瞑想体験談いろいろ4

瞑想の体験談4をUPしました。

これから、
瞑想したい方には参考になると思います。

体験談4

 

ちなみに、123も・・
ご覧になりたい方はこちらから。

体験談

ブログでは書けない話や日常のあれこれは
ニュースレター

瞑想したことがない人も、瞑想会は参加できますよ。!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト