もぐらちゃんのような

こんにちは
瞑想みのりです。

前回は、不思議な、お話でしたが、
「面白かった〜」と、
そんな感想もいただきました。

 

あと、この先、
瞑想を受講したいと思っているメルマガ(ブログ)
読者の方の意識でしょうか?

 

「なんか、瞑想っていいながら、
変な宗教だったらどうしよう・・?」
こんな疑問の声。

ハイ。聴いてます。
透けて通りましたぁ〜(笑)

安心してください。大丈夫です。
私自身、おうちは浄土真宗です。

 

また次回、
詳しく、宗教と瞑想の違いやら、
瞑想の素晴らしさが、
わかることを書いてみたいと思います。
それはそれは、凄いんだからぁ〜!

もちろん、疑問や質問などがあれば、
このメルマガに返信で私に届きます。
いつでもどうぞ!
(皆さんに共通の話題であれば
ブログでお答えします)

 

今日は、前回の
過去世の話をもう少しだけ・・

 

本当の自分(真我)の姿とは、
大きな海のような意識です。
自分とは、
大きな海で、なにかのきっかけで、
その中の1つの波に焦点があたり、
その波から意識が、生き生きと登場する時、
これを「アートマン」といいます。
これが今世と私達が呼んでいるものです。

今世を中心に考えると、
過去世や、来世と言われるものは、
同じ海の、焦点が当たっていない、
波の1つにしか過ぎません。
別に時系列や年代順に並んでいるわけではありません。
今世と同時に存在している隣の波です。

私は、もぐらたたきゲームを見ると、
人間の転生に似てるなと思えて、
ニヤけてしまうのですが。

1つの穴からモグラが出てるだけの時、
これがアートマン。
全部の穴から、モグラが出てくる時、
その自分に気づくなら、
多次元宇宙のクリシュナ。

私とは、モグラでもあり、
モグラが出てくる穴でもあり、
地面でもあり、
モグラが穴から出てくる意識でもあり、
全部、ひっくるめて、
この海全体が自分だったのか!と
気づいていたら、ブラフマン。

こんな感じかな? 
言葉として、読んで理解するよりも、
自分で経験したほうが早いです。

瞑想は、意識を大きく拡大し、
目覚めさせますので、
こんな経験が、時に起きますね。

 

さてさて・・
今日は、5〜6年ぶりに瞑想会に参加の方と、
初心者の方の伝授でした。

今日のお弁当は、高野豆腐やら、
枝豆と、とうもろこしの葛あんかけ。
青椒肉絲などを作りました。
葛あんかけは、この夏、よく作りました。

くず粉というのは、
じゃがいもの片栗粉とは違った、
癒しの効果がありますね。

身体を暖めるのですけど、
それ以上に、
心に影響を与えますね。

 

タカキビ粉を入れた、
キビ団子もつくりました。
タカキビは、便秘気味の方などには、
最強だと思いますよ。
それも粉にしたものが最強です。

 

雑穀というのは、ビタミン・
ミネラルも多いですし、
コロナの自粛期間が長いので、
免疫を上げるために、
最近、よく食べるようにしてます。

 

穀物をしっかり食べている人は、
粘り強い人が多いなと思います。
そんな事で、穀物の制限は、
あまりしてないです。

 

ではまた次回ね。

明日も 
めいっぱい楽しみましょう!

瞑想みのり

 

チュニジア旅行中の夢

1月のチュニジア旅行、それに伴い観た夢

特にチュニジアは、40年近く、生きてきた中でも
忘れられない場所に なりました。
カルタゴの聖地、サハラ砂漠、塩湖、映画のロケ地、 マトマタ、
アフリカ大陸のスケールの大きさ、 また、カルタゴの地中海性気候の 
心地よい光と風 聖なる山 塩湖では、時間が許す限り、走って遠くまで行きましたけど、 大地と地平線は果てしなく続き、塩湖の中で楽しくはしゃぎました。

日中、観光してても、視界がワイドに広がるばかり、
そのせいか、夜に「様々な自分」の夢を観ました。

アートマンの自分、ブラフマンの自分、魂といわれる数々の 過去やら
来世と呼ばれる、今は焦点が当たってない、 人生を生きてる自分、

そして、今現在、焦点が 当たっている 現在の私

日中 砂漠の民の格好をして サハラ砂漠を観光した事が 引き金になって、
過去生の 自分にまつわる印象が出てきて、現在の自分に 大きな ヒーリングが起きました。

結婚とか 恋にまつわるヒーリングの夢だった。
本当に 私が夢で観た 過去世があったのか?
もしかして、自分の 思い込みかも? と思い、
過去世を見てくれる プロの人の所に 相談に行ったら、
砂漠にまつわる出来事として、私が観たものと 同じ話をしてくれた。

私は、砂漠にまつわる世で、
年頃になり、親の薦める 人と結婚する事になってしまった。
どうも 自分には好きな人が 別にいたので、 結婚は 嫌だと感じていた。

けれども、当時の私の母が あまりにも、やさしく、 愛情深い人で、
女の幸せは、安定した家に嫁いで 子供を産む事だと・・
結婚を嫌がり 泣く私を説き伏せて 抱きしめてくれたので、
その愛情に負けて「別の人と結婚したい」とは、言い出せず、
泣く泣く結婚していった。そんな悲しい物語 だった。

冷静な 今の自分の状態で、この物語を観た時、
傑作的に面白いと 思ったんです。

実際に砂漠の世を 生きた女性(私)は、
今の私よりも、年齢的に幼い。
よく言えば、純粋、悪く言えば、バカ(笑)
同じ魂だとは思えない程、キャラクターが 
今と違いすぎている。

私の感覚では(砂漠の世では)何が悲しいのかと言えば、
お母さんの愛を優先して、
自分の気持ちを あきらめた事 だったのだけど、
実際には 砂漠で ぬくぬくと 暮らしていた訳だから、
まんざら、親の薦める結婚は、悪くなかったのだと思う。

それなのに・・・
好きな人と結婚できなかった事だけを 恨んで
人生の 一部だけを見て、判断して、
印象 (この場合、悲しみと恨み)を 

ためてしまっていた。
ほんと人間って、こんなおかしな事を 
平気で してしまう 生き物なのだ。

深い愛情を恨んで 根に持っていたことも 面白いと思う。
普通 深い愛情は 欲しいものに挙げられるだろうから(笑)

きっとこの時
「生まれ変わったなら 結婚相手は 自分で選びたい」と
強く思ったのだろうね~。
今世の 私は 若い時から、
親、親戚が持ってきた見合い話は、
全部、蹴散らしていましたし、
しかも、今世の母は 私を 自由にさせてくる人で、
いっさい、口出ししない人です。

子供の時は 
母の無関心やら冷たさが理解できませんでしたが、
過去世は 親の大きな愛情に 包まれて 気持ちを封じ込まれた事が
恨みの原因だったから、
今世「愛情 深い母親なんてまっぴらゴメン」 と 
思ったのだろう。

「親を選んで子供は産まれてくる」って 話がありますけど、
間違いなく 自分の選択で 今世の母親を 選んだと思います(笑)
あ~ おもしろい!

瞑想会は誰でも参加できますよ!
まったくはじめての方もどうぞ!
大阪・東京・北海道・名古屋・福岡 スケジュール

瞑想みのりサイト&おみくじ