願いが叶う恐怖を感じよう

前回は、多くの人が願うタラ・タントラでの
お金の具現化について書きました。

東北旅 田んぼアート

まずはお金が出ていく恐怖に慣れること、
その流れを止めないことなのです。
多くの人が願った事が叶った時の
心地よさだけをイメージしています(笑)
本当に具現化するときは、もっと身近に迫っているので、
恐怖が起きてくるはずなのです。

自営業の人が集客を願う時も同じです。
実際に「お客さんが来て欲しい」と思うけれど、
本当に、お客さんが押し寄せる恐怖には、慣れていません。
何が起きるか体感さえもわからないのです。
タラは先に体感させます。
そして、自然の流れも重要ですね。

私は一度に一番多くの人に瞑想を教えた経験は、
東京の高田馬場で開催していた時の25名でした。
だからよく知っている人の25名までは一切、
怖くないし緊張しません。慣れているからです。
けれども、瞑想の合同のWSで、知らない人達、
50人くらいの前で立って、
はじまりの挨拶する機会を頂いた事があります。
足は自動で震えました。
心理学の周年記念パーティで、挨拶したときは、
もっと多い250人の前で、集客の話をしましたが、
両足ブルブル自発動がおきました。

100名規模の大勢のお客さんに囲まれる経験に
慣れてないからです。
タラであれば、恐怖に慣れる事が、
先に起きてくるでしょうね。
これがリアルな具現化だからです。

実際に、
「瞑想に人が沢山来ますように・・」と
タラにお願いした事があります。

その時は、
すごいエネルギーが、頭頂から丹田まで降りて行き、
丹田から、外側の世界に出て行きました。
100%具現化する事がわかりました。
99%とかではありません。
100%の内側の体感と確信が伴っていました。

エネルギーって無色透明で見えないはず
なのですが、見えたのです!
ごごごごーって音がしたので、
びっくりして目を開けてしまい。
シャクティが外の世界に出て行ったのが分かりました。

だから、丹田というのは、
具現化(創造)に重要な場所だと私は感じています。

その体験の後からは恐怖と戸惑いしかありません。
自分が願った事にも関わらず、
人が大勢やってくる事に、100%の確信を伴っていたので、

椅子が足りるのか?トイレが1つで足りるのか?
玄関チャイムの押し間違い多発での近隣住民からの
苦情があるかもしれない事を受け入れる覚悟とか、
そういう自分の中の恐怖を受け入れていく作業が
起きてくるのです。これに慣れる事が具現化なのです。

今回は、せっかくなので、1億円は見た事がないので、
これをタラにお願いしてみましたの(笑)

以前の「また札束か・・」の時とは、
全然、体験が違いましたね。
自分の内側の大きなフィールドで
エネルギーが静かに回っているのを感じました。
タラからすれば、
すでに内側には1億円があるようです(笑)
(どこに〜!って叫びたいわ!)

とにかく出てくる動きには従う方がいいので、
シャクティの流れに従って、
青春18切符を買って、列車で近くを色々、
旅行する事にしました。

前回は、瞑想の仕事で具現化しましたが、
そこに自然の流れがあったからです。
まだSNSが今ほど発達してない時期から
瞑想の仕事を始めていますから、
メルマガ1つ書けば、全国各地、世界各地から、
瞑想を習いに人が集まるような時代の中で、
仕事での集客が収入に繋がる良き時代だったと思います。

今、このSNS乱立の状態で昔みたいに、
瞑想を全国展開で教えたいか?と言われても、
全く望んでません。レッドオーシャンに
自分が入っていく理由がないのです。
(タラもそこに入る理由がない)
マイペースで月1回教えるのが、
一番心地よく幸せを感じています。

だから、1億円が具現化するとしたら、
20年かけての日本の個別株や保険の積み立て
などではないかなと思います。
いつも人がまだ、
あまりやってない事をやりたいなと思っています。

あまり、頭で考えすぎると、
タラの動きに制限を加えてしまうので、
考えすぎないようにしています。

株はとても面白いな〜と感じます。
シャクティの流れそのものだからです。
またこれもどこかで追々。

これは、私に当てはまっても、
皆さんに当てはまるとは限りません。
それぞれが、タラの動きに従ってみて、
学ぶことが大事なのです。

9月11日(日)は伝授&瞑想会です。
9時45分から 赤タラ
11時からビジャ・タラ伝授となりました。
それではめいっぱい楽しみましょう!

瞑想みのり

悟った人を見分ける方法があるとしたら?6

こんにちは
瞑想みのりです。
桜が満開で、父を連れてお花見に・・
お昼はお弁当にして外でいただきました。

お花の写真よりお弁当の写真

今日は
「あっ!この人悟ってるな」という人物を
挙げていきましょう。

私が、以前、この人
「悟っているな・・」と、
思った人がいました。
生きていた有名なインドの聖者ですが、
もう肉体を持ってないので、
ブログでは名前は控えておきましょう。

瞑想会では、
たまに、この人の話もします。
肉体を持っていたので、
「悟っている知覚とはどういうものか」
のわかりやすい事例だったからです。
個人的には、悟りで言えば
横綱級の強烈な悟りの人だとは思いました。

で・・よくこの聖者の話をしたので、
逆に生徒さんから、
こんな質問を受けることがありました。
「その聖者にインドまで会いに行かないのですか?」

 

と・・

これを聞くたびに、
不思議な気持ちになりました。

私からすると、
飛行機代がかかるし、
会いにいく意味がわからなかったからです(笑)

なぜかと云うと、
横綱級の悟りというのは、
友達同士での井戸端会議で、
その聖者の話をしただけでも、
聖者は、その意識をキャッチしており、
聞いていますし(聴覚)
みていますし(視覚)
触れます(触覚)
だから切実に願えば、
離れていてもエネルギーの
交流が出来るので、会いに行く意味が、
わからないのです。

目覚めってそういう事なのです。
目覚めた意識が、
距離も時間も関係なく、
相手にしっかり届きます。

同じく、
女性の聖者でコロナの前は、
世界中を巡り、人々をハグ(抱擁の事)
していた聖者がいます。
大統領も訪れるほどの有名な人ですね。

この女性は、
世界中の何万人の人々とハグするので、
挨拶や話は普通できません。
聖者に後で呼ばれた人だけ
会話をします。

一度、
その会場に足を運んだ事がありました。
何故か私は聖者に呼ばれて、
「お互いに 瞑想を世界中の人々に
広めていきましょうね」と、
個別にメッセージを頂きました。

この女聖者は、私が何も話してないのに、
私が瞑想を教えている事を、
知っていましたね。
(会ったのもこの日がはじめてです)

この出来事から、
この聖者が悟っている(目覚めている)
印象を持ちました。
今も生きており、
人道的な活動をしている人ですから、
またコロナが落ち着けば来日もされるでしょう。

せっかくなので、
日本の有名人も入れておきましょう。

しかも!奈良!(笑)

あら・・でも・・
時間の都合で、また今度!

どの話も、
悟った人というのは、
より悟っている方が先に、
目覚めているから気づいているという事。

私達は、
神様、仏様を「自分が見つけた!」と
思っているけど、大間違いで、
悟りというのは、人間の知覚が、
神のような精妙な知覚に変化していくことだから、
先に知覚が変化して目覚めている方が、
あなたを見つけていま〜す。

そして、悟りというのは、
特別な人だけに起きることではなくて、
最終的には人間全員が通っていく
知覚の変化を伴う意識の目覚めの事ですね。
(ふつーの人間の本来の状態のこと)

具体的に、話していきますし、
今世、生きてる間に悟りますし、
対処方法を話していきますから。
瞑想続けていてくださいね。

 

来週4月10日(日)
瞑想伝授&瞑想会 @奈良学園前
初めての方はラブ・マントラになります。
瞑想みのり