餅は乞食に焼かせよ!

関東は台風の影響が大きいようですね。

災害の時に大切なこと。
災害の地域の人が、後に本当に願う事。
それは、
景気を悪くしないことです。
最悪は自粛なのです!
元気でいて、復旧する時に、
その地域を旅してお金を使うことですね。
それを長年に渡り何回も出来たらベストです。

(頂いた質問)
プロスペリティで瞑想したところ、金の延べ棒3本をもらいました。ただし、重さはあまり感じない金の延べ棒です。それと、真っ白いレース編みの大きなつばの帽子をもらいました。女性らしいデザインで、クランベリーみたいな赤い木の実の飾りがついているものです。その帽子をふわっと頭にかぶせてもらいました。今までは金貨とかアクセサリーを見ることがほとんどでしたが、新しい展開にちょっとびっくりしています。

(みのりコメント)
瞑想中、金の延べ棒を貰う人たちは、全員共通点があります。
それは、長年働いているとか、親の代から・・お金持ちとか、
(親も自分だから、本人が長年お金持ち思考ということ)

つまりは、
働く・力を出すという行動が「継続して長い期間ある」のです。
ズシッと、重みを感じるのも大事。
軽いのは、おそらく、その行動の期間が短い事もあるのだけれど、
次の段階に上がっていく事が要求されているのです。
(その道の上で合ってるから)一つは年月を重ねるということ。
もう一つは、自分の振る舞いが「ゆっくりになれ」ということです。

おそらく、毎日、急いでるのだと思います。
時というものがゆっくり流れていない状況
これを辞めていく段階に入ってるのだろうな〜。

私は、毎日、お金持ちと接しています。
日常的に、毎日、ロールスロイスを見ている状況。
(BM・ポルシェ・ベンツはもちろん当たり前なので省略)

こういう当たり前に、
お金持ちの人たちと接しているのですけど、
この人達の、
一つの大きな共通点は・・何かというと、
「走らない」ということです。

日常の生活動作の中で「走る」がないのです。
心の中が、精神的な余裕で、
ゆったりしているということです。
「小走り」すらないのです。

経済的な豊かさから、心に余裕が生まれて、
日常の動作で「走る」がなくなるのでしょうけど、
反対の言い方をすれば、経済的な豊かさが欲しいのならば、
ある段階では、これが起きるということだから、
それが今でもいいわけですね。

こんなことわざがありますよね。
「餅は乞食に焼かせよ!魚は殿様に焼かせよ!」
(意味は各自で調べてね!)

今、あなたは、殿様になりたいのね。
やるべきことをしてきて、その段階に入った。
なのに、してる動作は 乞食の動作になっているの。
殿様になりたいならば、動作を変えましょう。

広島・東京フラクタル心理学で行きま〜す。
https://www.1satori.com/blog/?p=7924

瞑想はこちら
https://www.1satori.com/