R

こんにちは
フラクタル心理学みのりです

秋の素敵な連休ですね。

週初めに、会社のはからいで、
職場復帰しましたが、
手の怪我の100%完治は難しく、
料理の仕事は、
最終的に、諦めないといけない
可能性が高くなりました。

今から、
将来に向けて何が出来るだろう?と、
思った時、残りの人生でやりたい事は
「日本株」だったので、
投資を始めることにしました。

88万円を原資にして、
利益確定したのは、
今現在4万6千円くらい。
あとは、長期保有なので、
どうなるのか、わかりません。

急に思いつきで始めた訳でもなくて、
ここ数年、ずっと考え続けた結論です。

手の怪我も
「サラリーマンを目指すわけじゃない事は、
ご自分が一番、ご存知のはずですよね〜?」
と、自分からおどされてるような感覚でもあるのです。

働き方を大きく分けた時、
「労働者」
「経営者」
「創業者・投資家」

それぞれ、
全く異なる考え方をしており、
メリットもデメリットも異なります。

それぞれの階層は、
ちょうどマンションの階層の違いのように
普段、会うこともありませんし、
頭の中の思考がまるで違うのです。

そして、私の場合は、
サラリーマン(労働者)も
経営者も経験した上で、
最終的には、
「創業者または投資家」

ここを目指すしかないのではなかろうか?
という結論にマインドが行き着いてます。

それは・・
自分に子供や孫がいたら、
遺言として継承すべき重要事項だと
思うほどに。

まぁ遺言に残すとしても、
「労働者」「経営者」
この2つで経験できる景色をしっかりみない事には、
「創業者・投資家」を目指す重要性や意味合いが、
理解できないので、結局のところ、
「サラリーマンとして一所懸命働きなさい」
と、遺言するでしょうけどね。

MBIP講座でした

私自身が、
株をはじめた事で
「労働者」
「経営者」
「創業者・投資家」

それぞれの
マンションの階層を
またがって行き来して、
それぞれの階層の人々に
出会うわけですが、
これは、面白い経験で、
サラリーマンとしての意識が、
180度、変化しました。

会社で働いてる時は、
株価も見ないし、
SNSも携帯も一切見ません。
給食の仕事の事しか考えませんし、
休み時間も、仕事の予習と復習をしてます。

それがサラリーマン(労働者)としての
私の役割だからです。
私の仕事中の拘束時間は、
株主のもの
(多くは、会社の会長、社長・投資家のもの)
という意識を、
しっかり持つようになったからです。

サラリーマンで
投資で利益を出したいと思うならば、
「仕事中に力いっぱい仕事をすること」
これは大きなポイントではないかと思います。

仕事の合間に株価見て、
一喜一憂していると、
根こそぎ市場が、
投資での利益を取り返しに来ますよ。

サラリーマンとしての
心の態度と投資からの利益。
関係ないようでいて、
すべてつながっているのが
株の面白い所(恐ろしい所)だと思います。

フラクタル心理学
成功脳をインストールする
MBIP講座日程を変更しています。
https://www.1satori.com/mbip/

フラクタル心理学
マスターコース入門講座(日程を変更しております)
https://www.1satori.com/fractal_master/