ダルマな関係 2

前回のブログが、
男性からも女性からも
予想外に反響がありまして・・
そんな事で今日は前回の続きです。

特にSNS時代に突入してからは、
婚活で純粋に人と出逢いたいと思っても、
スパムだらけ(笑)
女性でも財産狙い。肉体狙い。
保険や不動産の勧誘。
結婚詐欺などにも、山ほどさらされますね。
ほんとこれじゃあ擦れちゃうよね。

その中で、
ダルマの関係をどうやって
見つけるのか?ですよね。

瞑想まつり マハラクシュミ

「空」を経験している瞑想者に限る話ですが、
瞑想歴が長くなってくると、
自分の意識の状態は、
千手観音のような状態になっていると思って下さい。
手が沢山あり、その先端に知性の目
(知っている感覚)がついています。
その知性の目が空間上に遠くまで伸びるのです。

 

だから、出会う前に、
本当に大切な人は、
性格や顔や服の特徴などもわかります。
詳しく、インフォメーションが来るからです。

言い方を変えると、
出逢う前に、
わからなかった人というのは、
瞑想始めて以降は、私の場合は、
ゼロ人です。
それくらいにわかります。

将来の大切な人が、
ここに登場するから、ここで待つ。
それくらい感覚は具体的なのです。

また「この人いいかも?」と思っても、
身に危険が及ぶ時(暴力をふるう人など)も
警告が来るので、わかります。

この話をすると、
「それがわかるのは、みのりさんだからでしょ?」と、
言われるのですが、

多分、瞑想をしっかりしていたら、
皆さん出来ると思いますよ。
目覚めた意識を使わないから
(使う機会がないから)
出来ないだけなのです。
やり方は、いくらでも教えますが、
基本、日々、瞑想するだけです。

私は、瞑想歴が2~3年目からこういう
知覚が起こりはじめて、
20年以上経過してますので
今ではそれを普通の事だと受け入れています。

 

また、ダルマの場合は、
過去生の関係なども、わかります。
それらは、
奇抜なストーリーではありません。
けれども、そこに魂の想いがあって、
今世は、その続きをはじめる感じなのですね。

だから、
過去生回帰なども参考になりますが、
それがわからない場合は、

 

「深いこころざし(志)が同じ人」
を選びましょう。
これダルマですから。

若い時の婚活ならば、
この深いこころざしは
「子供を生み育てる」になると思います。

これがアラフォー以降の婚活であれば、
必ず、魂の深いこころざしのようなもの
(人生の目的、魂のしたい事)
が、同じ方向の人がいいですね。

結婚がゴールではありません。
魂のしたい事を完結させる。これが、ゴールです。

それは、仕事や趣味が同じである以上に大事な事です。
だから、時間をとって、魂の深い想いや傾向を感じてみて下さい。

私は、今、好きな人がいて、もう3年以上になるのかな?

なかなかコロナで関係が進展しませんが、
それでも、この関係はダルマだと感じているので、
そこに私の魂がしたい想いがあるなら、
叶えてあげたいと、心の中で勝手に思っています。

思い出した過去生は2つあります。
1つは夫婦での転生です。
彼は、男性で、仕事で、ピアノをずっとひいてる人でした。
子供が1人いて、春に庭に黄色い花(たんぽぽ?)が咲き、
なんでもないような事が幸せな過去生でした。
なんでもないような人生ですが、摩擦がないのです。
魂の想いは、
「また、何でもないような事を楽しみたいね」
ですね。これダルマですね。
子供がいたので、そういう魂がいるならば、
2人で子供を育てるというのも良いなと思います。

 

もう1つの過去世は、
私がソファーのようなベッドで枕の部分を
斜め45度に起こして、寝ています。
私の足元で、彼が、かたひざをつける姿勢で、
うつむいています。

忠実な部下のような気もしますが、
今世、出会った頃に、夢の中で触覚を伴い、
何度も何度も、この姿を見ていました。

リアルにこの姿を感じるのですが・・
この「足元で、かたひざをつく」
という姿勢の意味が理解できませんでした。

最初は
「この人は、私のパンツのぞこうとしてるのかな?」と、
思ったくらいです。
(余談、こういうのが擦れた心ですね(汗))

 

パンツのぞきでは無かったのです!
同性(女どうし)でした。
どうも・・過去生の出来事で、
私が、死をむかえる時の映像でした。

 

私が、駆け込み寺みたいなところで
(2人で運営していたのか?)
困っている、弱い人を助ける活動をしていました。

たぶん、貧しかったでしょうし、
地位も名誉も特にあったとは思えません。
仕事といっても物々交換や、自給自足的な、
奉仕活動のような事をする人生で、
平凡な人生だったと思うのです。

でも、この人生を私自身は、
好きであったと思います。
自分がやってきた事も・・
おそらく、
自分がこころざしたであろうことも。

それを、最後まで同じこころざしで、
見届けたくれた人なのです。

その臨終の時のことを、どうも、私の魂は
「ありがとう」と思っているみたいです。

 

だから、今世は、過去生の逆で、
「私が、あなたの志、やってきた事を、
最後まで、見届けるよ・・」

これが私の魂の想いであり
この人とのダルマな関係性ですね。

同じこころざしであるから、
きっとそれは、深いところでは、
理解できるのではないだろうか?と
思っていますが・・

 

甘かった。

「あなたのほうが先に死ぬの。
私の方が後から死ぬよ・・」と 
出会った頃に、
口走ったことがありまして・・

きっと、この女は、
遺産狙いの女だと思われただろうな(笑)
後妻業じゃないよ〜。
ただのダルマだよ〜。

 

瞑想者は、時間軸は、今世だけで見ていません。
沢山の生(世)をまたがってみています。
またその時に魂が、
「なにをやり残しているのか?」
それを見ています。

そして、物事を見る視野も、
今、肉体を持った自分がしたい事だけでなく、
魂のしたいことを合わせて見ています。
またこの話は次回ね。
今日も不思議感満載の話になってしまいました!

皆さんも、心の傷を癒して、
傷のない心の窓から世界を見ましょうね。

瞑想みのり
次回の伝授&瞑想会は
11月14日(日)です。
あと2名で締め切ります。

瞑想みのり

「この場所で咲きなさい」だとよ〜

10月に頂いた瞑想体験ですね。

「知性が、もう、ここを動くな!
眼の前にいるからと・・」
伝える体験ですね。
で・・本当に目の前にいた人と
結婚が決まりました(笑)

このビジョンの通りしたがって、
入籍したので、掲載しておきます。
素直に聴いてくれてありがと〜!

(頂いた質問)
プロスペリティ・マントラで瞑想しました。
手の平の上に大きな金の塊が乗っていて、
手を動かすことが出来ないほどでした。
足首も誰かに掴まれて、
足元を動かすことができず、
息苦しい感じがしました。
もがこうとして出来なかった感じです。

(みのりひとこと)
これ婚活女子の質問ですね。

金の塊で、
金貨ではないわけです。

豊かさとは
「こうあるべき」と思っていると、
ぜんぜん違う豊かさが、
来てるわけですね。

「見た目」とか「想像と違う」
「自分のこうあるべき」とは、
違うところに豊かさがあるの。

そして、
足を止められているわけです。
「この場所で咲きなさい」
なのです。

幻の中、
妄想の中に入っちゃだめですよ。

もしかしたら・・
もっと◯◯な、
私にぴったりの人がいるかもしれない?
こんな妄想。

その人、会ったことある?
会ってないなら、幻よ。
幻から動いちゃだめです。

そこに豊かさがあるから、
動いちゃだめなのですよん。

もしも、あなたが、
自分の現実の中で咲こうとしたならば、
もう相手に出会っている可能性が高いよ。

みのりサイト

※後日談 目の前にいた人と結婚されました!おめでとう!

瞑想de婚活

新年2日は瞑想のFBグループ内で、
自宅から参加できる新年プージャと
新年の祈願をしました。

告知が直前であったにも関わらず、
16名の方が自宅から瞑想で参加されました。

祈願では、
結婚やパートナーシップを
あげておられる方が多かったですね。
そんな事で、
今年は結婚やパートナーシップの事
婚活の事を多く書くことにしますね。

プライベートな事は内緒ですが・・。
皆さん、一緒に頑張りましょう!

婚活で私が心がけていることですけど、
パートナーシップって、仲良しの友達や、
両親以上に強い鏡だと思います。

だから、婚活は、何かを「気づく」程度じゃダメなのです。

婚活で気づいたこと、感じたことは、
必ず自分に当てはめて、行動、実行、
その後に修正をするように心がけていますね。

例えば、婚活はじめた頃、
一番、最初にお会いした人の話です。
「婚活どれ位されているのですか?」と聴いたら
「10年目です」と(笑)

思わず「誰か、この人に突っ込んであげて〜〜」と、
思ったけど、目の前にいるのは、私しかいない。

就職活動ならば、10年もしてたら、
周囲の誰かが「おいおい、どこかで手を打てよ!」と、
突っ込んでくれると思うのですよ。

何がこの人の問題なのか? 
結局、期限を決めてない事なのよ。

この人の結婚の期限は「いつか」だから、
どこまでいっても「いつか」でしかないわけです。

そして、パートナーシップにおいては、
この人が、私の今現在の、強烈な自分を表す鏡なのです。


だから、この人が、覚悟が決まってないのではなくて

「いつか」と思ってるのは「私自身」ってことになります。

気づくだけでは、意味がないって、どういう事かというと、
他人事だと思ってる状態が「気づくだけ」なのです。
自分の事なんだと思って「行動、実行、修正する」
これが必要ってことですね。

相手の中に見えたものを自分だと思って、
自分を修正をするのです。
相手が持っていると思ったら大間違い!

つまり、この場合だと
「私が、婚活の期限をしっかり決めること」
となります。

そうしないと、
10年後、男性に「何年、婚活してるのですか?」と、
聴かれて「10年目になります」と、答えている 
ツッコミどころ満載の私がいる事になるのです(笑)

もっと沢山、例を挙げるとしたら、
もしも 自分の出会う人が、

マザコンっぽい ならば、
実は自分が親離れしてないから、
「親離れする」これが、修正です。

「俺様モテるだろ!」的な人ならば、
自分がまだ 沢山の男性にチヤホヤされて、
女としての自信を確認しておきたい時期にいる傾向があるのです。
婚活じゃなくて、私イケてるでしょの確認してるだけ。

だから、そんな事抜きに自信をつけて、自分を信頼する。
これが修正です。

とんでもないケチな男だった ならば、
自分が相手に何も与えようとしてない、
出し惜しみして、クレクレの要求が多いから、
自分に何が出来るかを考えて力を出してくる。
これが修正です。

気づきだけ・・って、
とんでもなく恐ろしい事なのですよね。
気づきだけって、何もそこから修正しないとしたら、
前進がないのですね。というか、
ずっと、同じような相手が現れるでしょうね。

そして、いい男がいないとボヤいて、
自分が修正しない いい女じゃない。
こんな状態のはずなのです。

でも、気づいて自分を修正していけば、
今度は出会う相手が変化してくるのです。
これは、本当に不思議なのです。