悟った人を見分ける方法があるとしたら?2

こんにちは
瞑想みのりです。

今日もこの胡散臭いタイトルの
シリーズでいってみよう(笑)

胡散臭いけど・・

経験してないと書けないことですし、
瞑想の「空」の経験によって
おきてくる本当の悟りについて
真面目に書いています。

 

「空」を毎日、経験する瞑想を
正しい方法で続けていたら、
3年〜5年目あたりから、
じわじわと、
誰にでも起きてくる経験だと思いますけどね。

そして、目覚めると、
もう元には戻らないのです。
これは悟りの大切なポイントなので
見分ける方法としても覚えておいて下さい。

 

瞑想を続けている皆さんの
悟りを促すために書いています。
それを受講生さんの為にも、
言葉で残す人が必要だなと感じています。

奈は悟りと縁がある場所ですね。

悟り(目覚め)は普通の人間に起きることです。
もっと将来的には、それは、
多くの人に起きることだと思います。
それは瞑想の空の経験を、
日常に取り入れる人が増えていくから
という意味です。
今はまだ知らない人が多過ぎる。

 

悟りには、
「空」を直接マインドが経験する
瞑想をしていることが
必須条件です。
(空を経験しない瞑想では悟りは起きません)

 

では、まずは、
悟りの定義を明確にしておきましょう。

定義の違うものを「悟り」と、
呼んでいる事って時にあります。
これを避けたいからです。

例えば
「分かったこと」を「悟ったわ!」
と言うことありますよね。

でも、私が話しているのは、
「分かること」が「悟り」の
定義ではありません。

他にも、
覚醒体験。
これも 悟りでもなんでもありません。

私から言わせれば、
集客するためのエンターテイメント(笑)です。

 

覚醒体験は悟りではありませんので、
「悟り」の定義が覚醒体験する事
だと思っていると、
いつまでも本当の悟りに気づかず、
目覚めた能力を伸ばせず・・
悟りから遠ざかります。

私は、
真面目に、瞑想を続けている
生徒さんたちに向けて、
自分自身の身に起きてくることを、
書きたいだけなのです。

私の話す悟り(目覚め)の定義は、
伝統的な意味での悟りです。

悟りの条件は、ある一定量の、
根深いストレスの解放が起きていること
(肉体、魂、精神、感情レベル、
血液、リンパ、神経系統などなど・・)

 

簡単には瞑想の「空」の経験によって、
深い休息が起こり、
あらゆる面で、癒しがすすんでいることです。
だから瞑想の年月もある程度、必要です。

そして、
「空」を直接マインドが目覚めた状態で経験し、
「空」の無限の中で、目覚めた意識が永続的に拡大し、
人間の知覚に変化が起きている事。

これが悟りです。

おそらく、一番最初に悟りの経験は
睡眠時の「目撃してる意識」に気づき、
次には、自分自身の知覚の変化で
多くの人が知ることになると思います。

 

そして、悟り(目覚め)というのは、
一度、目覚めると、もう元には戻らないのです。

「覚醒体験は悟りじゃないよ」と話したのは、

 

それが、悟り(目覚め)であるなら、
元にどもらないはずなのに、
見事に、ただの凡人に戻っているからです(笑)

もっと毒舌を、ぶっこんでおくとしたら、
「悟ったぞ!」という
勘違いのエゴだけが残った凡人。

覚醒体験してそれが悟りだと言うのであれば、
その人にお願いしてみましょう。

「その同じ体験を、
1週間以内に再現してもらえますか?」
(翌日でも出来ないとダメ)

出来ないとしたら?それは悟りじゃないのです。

悟りというのは、再現性がある 目覚めた状態なのです。
私の経験している目覚めというのは、再現性があり、
明日、誰かに頼まれたら即「OK見せましょうか?」と、
見せる(証明する)ことができるようなものです。
(またこれは追々・・)

どれくらい再現性があるかと言われたら、
「目覚めなんていりませんから、
目覚める前の普通の人間の知覚に戻して下さい」と、
懇願しても戻れないくらい知覚に変化があるのです。

 

もう一度 言います。
瞑想をやめて「空」の経験を途中で意識的に
ストップしても戻れないくらい、
目覚めというのは再現性があるものです。

人間の一部の仕様が
今までとは全く違うものに変わってしまうのです。

青虫とチョウチョを例にすると分かりやすいと思います。

自分が目覚めた時は、チョウチョのようです。

そのチョウが
「私、飛ぶの怖いの。
地面の方が落ち着きますから、青虫に戻りたい。
お願い戻らせて!」

 

と言われても、戻れるわけ無いですよね。
悟り(目覚め)って、これに似てますよ。

今までと同じ人間なのに、
一部は同じで生活しますが、
一部は、全然、違う仕様に変化してて、
それを受け入れて生きていくという感じ。

「もう青虫に戻ることはできないから、
飛ぶ怖さを克服して、
チョウチョである事を受け入れながら生きる」
という感じです。(これ凄く大事!)

すると・・青虫より、
出来ることは広がっていることにも
気づくのです。

という事で・・

悟った人を見分ける方法があるとしたら?

その1つは、
悟りの定義が悟りを話してる人と、
違ってないかを確認して、

その上で、悟りの体験だと話すものを、
再度、再現してもらって出来たなら
本当に悟ってますね。
(毎日当たり前のように再現出来るはず)

伝統的な意味での悟りは、人間の知覚に、
青虫とチョウくらいの 大きな違いがあり、
よって取り扱い方も全く違い、
それは、元に戻ることは出来ないくらいの
違いが生じるということです。

今日は長くなったので また追々。
悟りについては、書きたいことが、山程あり、
それを私の言葉で、ポジティブなことだけじゃなくて、
ネガティブな事も含めて、
受講生さんに、
伝えておかなきゃと思っています。

(えっ? 私、死ぬんかな?(笑))

 

2月は伝授&瞑想会をお休みしましたが、
同じ日程の2月13日(日)10時からオンライン
無料質疑応答&シェアー会をしますね。
明日ですね。お待ちしてます!

瞑想みのり 
サイトのFBグループから誰でも参加できます。
3月の瞑想伝授&瞑想会@奈良学園前は、
3月13日(日)です。

悟った人を見分ける方法があるとしたら?1

こんにちは瞑想みのりです。
今年は悟りについて、
ガンガン書いていくつもりではいます。
そんな事で、さっそく行ってみよう♪

ブッダの意味は「目覚めた人」って意味ですが、
これ文字通り、目が覚めている人の事です。

起きてる時に目が覚めているのは、
当たり前の事ですが、
悟りというのは、
皆が寝ている時にも目が覚めています。
こんな話を聴くと、
「寝れないのは困る・・」と、
思うかもしれませんが、
この意識状態では寝てる時よりも
深く寝ていながら、
目覚めているのです。

それは普通の人間が瞑想の「空」を
経験して到達しうる意識状態の事です。
空の直接経験なしに悟った人はいないのです。

 

おしゃかさまは、悟りとは、
「人間の普通の状態だよ」と、
はっきり言ってます。

 

最近、瞑想会の中で、
悟りの意識状態の不思議な話(普通の話)
を頻繁にするようにしています。
ラブ・マントラからはじまる
テクニックに変更してから、
この目覚めが、早くに起きてくるので、
話しておかないと、いざ、
それが受講生さんの身に起きた時、
本当にとまどうからです。

そして、
この目覚めにまつわる不思議な話を
何度、事前に聴いていても、
いざ、自分の身に起きた時、
理解が出来ません。

まさか!悟りが、自分に起きる事だとは、
誰も思ってないのです!

多くの人が知っている目覚めている時は、
日中の起きてる時だと思いますが、
悟りの意識状態では、
一番の熟睡状態の時が
一番目覚めている時なのです。

これ、信じられますか?

これは、自分で経験してみないと、
何の事を言っているのが、さっぱり、
理解ができないと思います。

だから、
理解できなくても、それでいいです。
とにかく、この瞑想を続けるの。
いい事あるから(笑)

子供の時は、神社仏閣は、
神頼みに行くところだと思っていました。
これ、実は、
自分の姿を見に行くところでした(笑)
瞑想してる人は、
そういう気持ちでいて欲しいのです。

 

京都の三十三間堂。
「なんで千体も観音があるんだ?」って・・

 

それはね〜。
あの観音の状態が、
沢山の人間に起きることだからです。

三十三間堂の話、過去ログにあります。
https://www.1satori.com/?p=4196

悟りの経験が初めて起きてきた時、
一般の人間が、
まだ、あまり知らない意識状態なので、
口癖のように・・自分自身の事を、
「おかしい。おかしい。
最近、私、なんかヘン」と言い出します。

おかしいのではなくて
「目覚めの兆候」なのですね。
悟りの程度にもよりますが、
ブッダが悟りの「横綱」としたら、
「幕内」です(笑)

(またづづく)

瞑想みのりサイトはこちら
次回伝授&瞑想会は2月13日(日)です。

天職と宇宙意識

こんにちは
今日は、レモンパイの写真にひかれて、
一人で京都祇園のカフェに
出かけておりました。うはっ!

万治カフェ

今日は瞑想で到達しうる悟りの意識状態。
神意識の前段階、
宇宙意識と仕事の事を、
少し書いておきましょう。

「空」は魂よりも深い領域ですから、
死んで肉体が無くなっても、
唯一、魂とともに、
持っていけるものなのですね。

だから、前世に、ヨギ
(瞑想の修行などをしていた人の意味)
だったり、お坊さんだったりして、
禅の伝統と繋がっていたりすると、
「瞑想初心者です」といいながら、
最初から、
大きな「空」を備えていたりします。
前世の続きを始めるかのように、
導かれて瞑想を始めるのです。
瞑想との出合いを、
心から魂が震えるように喜びます。

前世でなくても、沖縄には、
昔、TM瞑想の熱心な先生が
おられたみたいで、
私が、教えに行った時点で、
瞑想歴が、10年〜20年、
超えている人が沢山いました。
その人達に、
私は、フルフィルメント瞑想を
教えていました。

この人達は、
最初から
「大きな空」を備えていました。
ほんと、
続きを始めるような感じなのです。

こういう人達は、
特徴的に、エゴ(自我)が、
大きな空に飲み込まれているのですね。
エゴとは「自分を定義する心の事」です。

瞑想をした事がない人は、
思考を束にして、
「私とは◯◯」
というなじみのある思考を握りしめて、
それが自分だと定義しています。

私は◯◯学校出身です。
私は◯◯の仕事をしています。
私は◯◯の母親です。
こんな風に自分を定義しているのです。

宇宙意識の状態というのは、
「私は◯◯だ」
「私はコレが欲しい」
「私はコレをしたい」
こういう、
個人のエゴが「空」に
飲み込まれているのです。

 

これも、凄く面白い状態で、
「自分が無い」のですが、
宇宙も(世の中も)決して、
ほっておきません。

 

(神様(宇宙の知性)が存在するのは、
空のすぐキワ(際)ですから)
神様からも発見されてしまうので、
「私が・・」と、思わなくても、
世の中がやって欲しい仕事についていたり、
目の前にやってくる物事に乗っていく事が、
自分の天道(王道)だったりするのです。
多くの人が天職についていました。

「私が・・私が・・」と、
何1つアピールしない人達が、
実は、1番、世の中にも、
神様にも見つかっちまうの(笑)
面白いな〜と思います。

これが「空」の発達した状態。
宇宙意識の面白い点なのです。

天道とは、ダルマの道です。
自然の流れに乗ることです。
「ダルマ」とは、その道を歩む事で、
自分も喜びを感じるし、
周囲の人も喜びを感じるし、
だから宇宙が(世の中が)摩擦なく、
サポートしてくれる道です。

天職についてるというだけで、
宇宙に(世の中に)
摩擦を起こさないのです。
素晴らしいことですよ。

瞑想してて、
天職がわからないという人や、
天職を見つけたいと思う人は、
目の前にきてる仕事を、
心をこめて、
一所懸命することです。

それが天職でいいし、
違うなら、
必ずそこから時期が来た時、
違う道が出来ていきます。

瞑想をしながら、
時にニートのようになっている人いますけど、
これは、気をつけないといけません。
明らかに悟りとは方向性が逆です。

宇宙意識の状態では、
世の中にも見つかる。
神様にも見つかる。
だから
「その人なりの道の上にいる」
これが正しい。

誰にも見つかってない時点で、
間違いに気づこう!(笑)

道を踏み外してる人も、
何とかしたいな〜と思って、
厳しい事だけど、書いてます。
間違った瞑想者の姿を、
本当の悟りの方向に変えたいな〜と、
思っています。

これはまた追々、詳しく書きますね。

瞑想みのりサイト&おみくじ
https://www.1satori.com/

 

エゴが「空」にのみこまれる

こんばんは
瞑想みのりです。

発達していく神意識のお話の途中ですが、
前回は、反響が大きかったので、
つけたしです。

神様や悟ったマスター達の特徴、
人間との大きな違いは、
肉体の有無ではありません。
私にとっては、
神様やマスターというのは、
固有の個性を放っています。
キャラかなり濃いです。
肉体が無くても、
その人らしさ(神の知性)が
表現されていない人間の個人より、
よっぽど存在感がアリアリだったりします。

人間は、頭で考えすぎなのです。
表面上のマインドにいすぎるのです。
こうしたら、
好感が持たれるかな?とか、
ほめられるかな?とか、
下手な戦略をめぐらしたり、
結果、
神様みたいに固有の個性(神の知性)が放てずに、
誰かと同じようなふるまいや、
身なりになって、
表面的には、
人畜無害ないい人にはなれますけど、
これでは、
人間にも、神様からも、発見されません。

それだったら、
肉体が有っても無いのと同じでしょ。
と言いたいのです。

人間も「自分自身になる」ということ。
これでいいのです。
何かに遠慮しすぎないことです。

「何か?って何よ?」って感じでしょ。
フン!!

最近、みのり。
ブイブイ言いすぎだな(w)

早く旅行に行きたいね。写真は、ベトナムのハロン湾

旧フルフィルメント瞑想で使っていた、
女神のマントラは、
自分自身で在る事を、
まだ知らない人間よりも
肉体の有無を、退けるほど個性的ですよ。

神意識の象徴ラクシュミ(吉祥天)
という女神の絵は、
宝石をじゃらじゃらつけて、
派手に着飾っていますよね。
これもぼーっと見てちゃダメ。
神意識という、
人間が到達しうる意識の状態を表現しています。

派手じゃなくて、
欲深いじゃなくて・・
繁栄と豊かさの女神だけに、

宝石の中の神の知性と繋がってるから、
ふさわしいものを、
身につけてるだけなのです。
ラクシュミの普段着が、
ドレスに宝石なのです。

瞑想者とは、
エゴを断ち、欲を断ち、
こうあるべき という、
頭で考えた瞑想者の姿に囚われるのではなくて、
内側から動いてくる静寂からやってくる
「動く空」の衝動と、流れていきます。
そうすれば、必ず、
外側の世界に好奇心が向いていくはずです。

自然の美しさであったり、
自分の仕事であったり、
人様の仕事であったり、
それによって形作られた
現象界の物質などですね。
神の知性と、人間の知性の融合です。

ここにまだ興味がむいていかない状態というのは、
「もしかして、自分の「空」がダイナミックに
まだ動いてないのかもしれないぞ!と、
悟りの旅の途中じゃないか?」と、
洞察する事です。

 

うって変わって・・
叡智の女神、サラスワティ(弁財天)は、
全然、違う個性を放ちますよね。

サラスワティの絵には、
いつもお供に白鳥を連れていますけど、
白鳥は、水面を優雅に、動く鳥です。
白鳥と湖の水面は、マインドの鏡の象徴です。
思考をしずめて、マインドの鏡をクリアーにし、
優雅に、空と現象界をつないでいき、
これが統一意識へとむかっていくのです。
これも、人間が到達しうる意識の状態を
表現しています。

神意識の状態は、
エゴが「大きな空」に
飲み込まれた状態から、
質を変えて、
空とともにあるエゴに変化している状態です。

瞑想してない人の話す「エゴ、我欲」
とは、全く違う質のものになっているのです。

「エゴや我欲を捨てろ!」と、
言ってる時点で、その人は、
まだまだ悟りの旅の途中なの。
それを言ってる本人が、
エゴや我欲を捨てる課題がある
というだけの話です(w)

 

だから、「空」の経験が増してくると、
この話を聞く必要なし。
自分自身の方が心の内側の体験は
超えているのだから。

エゴを捨てるとか、我欲を捨てるとか、
考えすぎです。

 

捨てる時は、
自然に捨ててるし、
自然に出る時は
「もうエゴの質が変化している」
が正しいの。

 

だから、何にも遠慮せずに、
自分自身でいることです。

新しいプログラムでは、
最初ステップである、
ラブ・マントラでも、
ブラフマン意識からスタートなので、
瞑想歴が長くなっていたら、
その自分をほめて、たたえて、
信頼して、静寂からやってくる流れに乗っていくのです。

 

いつも真理はシンプルです。
「何かが足りない」
から、瞑想を始めないように。

おさらいに、
伝統的な人間が到達しうる意識の状態を
順を追って書いておきます。

・起きてる時の意識状態
・夢見てる時の意識状態(睡眠時)
・寝ている時の意識状態
・瞑想してる人の意識状態(空の直接経験に限る)
・宇宙意識
・神意識
・統一意識
・ブラフマン意識
・クリシュナ意識

 

ではまた次回は、
発達する神意識の続きがかけるかな?
瞑想会のごはんの事を書くかもしれないね。
今回すっ飛ばしたけど、
神意識の前段階である宇宙意識と
天職の事も
またどこかで書いてみたいと思っています。

瞑想みのりサイト&おみくじはこちら
(まだ出来ていません)

 

本当のお客さんは いつも黙っている

今日もLINE@に頂いた質問から いってみよう!

(頂いた質問)
先日、新大阪が終点の新幹線の中でハートマントラで瞑想している最中、
ちょうど京都に到着したところで、車内アナウンスが流れ、
次は京都、その次は東京です、と言われました。
え、この新幹線新大阪行きじゃないの?やばい、
行き先が飛ばされちゃう!と慌てて新幹線から降りて行き先表示を見たら、
ちゃんと新大阪行きになっていました。
キツネにつままれたような気持ちで車内に戻りました。
これは、自分が選んだ道が正しくて、仮に違うと思うことがあっても、
安心してそのまま進みなさい、という事でしょうか?

ふかひれスープいただきました

(みのりコメント)
う〜ん。選んだ道とは仕事関連の事でしょうか?
私にこの体験が起きたならば・・
「心にもないことを言葉にするのを控えよう!」
と思うかな?

「行動が事実」であり、
「言葉だけの想いは事実では無い」という事を、
再認識しておくことです。
事実でもなんでもない単なる言葉から、
新幹線の外まで出てしまった自分がいるわけです。
事実は大阪に行った。ここだけなのです。

自分の(もしくは人の)行動しかみないというか、
そういう姿勢が大切ですね。

例えば「また会おうね!」と言って、
一生会わない人とか(笑)

お店とかだったら「また来るね」と言って、
二度と行かない店とか(笑)

ありませんか?

私は、ありますよ〜。
あってもいいけれど、

「今、心にもない社交辞令を言ったな・・」と
そんな自分に気づいておくことですね。

「自分の心で思っている事と行動をできるだけ合わせていく」
心にそぐわない場合は、言わない事ですね」
気づかずに発してる言葉が沢山あるのだということ。
発しているうちに、自分でも社交辞令なのか、
事実、行動したことなのか、
(行動したかのように思えてしまうから)
わかんなくなってくるということ。

何の行動も伴わない、
その場をしのぐための軽い言葉。
ここに気づいてないと、
相手の社交辞令にも気づけなくなる。

で・・これを言わない人もいますね。
まぁ とても正直な人たちですね。

実は・・・この人たちが、
お仕事においては、あなたの本当のお客さんなのです。

本当のお客さんというのは、
いつも、黙っています。

「買いたいのです!」とか言わないで買うし

「行きたいのです!」とか言わないで行くし

「申し込みますね」とか言わないで申込みするのです。

「行動が事実」ここだけと関わる。

奈良学園前で瞑想を教えています
フルフィルメント瞑想 伝授&瞑想会

瞑想みのり

瞑想みのり
奈良学園前で教えています

「もらってない」という勘違いの癒やし

今日はLINE@自宅瞑想会の瞑想体験から。
(頂いた質問)
今日は金色の箱の中から大きな透き通った青い宝石をもらいました。
手の載せてもらった宝石はどんどん大きくなって、
最終的には横に大きく広がっていきました。
それにあわせて金色の箱もどんどん大きくなっていきました。

最近受け取るものが高く伸びたり、
大きくなったり形が変容していくのがとても面白く、
またその光景が圧巻で、うわーとなります。

これは幻なのか?幻覚か???
でも、すごく嬉しいですし、楽しいです。

受け取るものが私の心の中なのに、
涙が出るほど嬉しいのは、なんでなのかなーと、
不思議ですが、本当にもらってるんだという
確信があるからこその涙なのだと思い、
これからも嬉しいものを、たくさん、
たくさん得て成長していきたいな思います。

(みのりひとこと)
涙が出るほど嬉しいのは・・
一つには「自分はもらってなかった」
この思いが強いとも言えます。
高さ形が大きさが、変わることで、
より「貰っている」の認識が深まりますよね。
「ほら〜こんなに貰ってるんだよ〜」
と、あなたの認識を変えたいのです。

今は
「貰ってないという勘違いの癒やし」
だから、この体験でOKです。

でも、ここからもっと成長してくるとしたら?

貰ってないも何もない。
自分が無尽蔵に持っているし、
自分が貰うのではなく、
もう、与える方にまわることなんですね。

与えるには、
自分が持ってないと出来ない極上の体験なのよ!

女神は無尽蔵に出してくるけど、
同時に、極上の体験をしているのですよ。
ここを目指すの!

貰ってないでも、貰うでもない。
一つ上の階層に、階段を上がろう!
誰かに与えるですね。

ぜひ、親孝行してみて下さい!
親孝行ってね。
親の為にしてると思いますよね。

私は、自分の為にしている
行為でもあると思うのです。
親孝行できるまでに成長してきた
自分の成長が嬉しいのです。

貰ってないでも、貰うでもない。
「与える」は、
「持ってることを認識せずにはいられない」
極上の体験なのです。

みのりサイト