天職と宇宙意識

こんにちは
今日は、レモンパイの写真にひかれて、
一人で京都祇園のカフェに
出かけておりました。うはっ!

万治カフェ

今日は瞑想で到達しうる悟りの意識状態。
神意識の前段階、
宇宙意識と仕事の事を、
少し書いておきましょう。

「空」は魂よりも深い領域ですから、
死んで肉体が無くなっても、
唯一、魂とともに、
持っていけるものなのですね。

だから、前世に、ヨギ
(瞑想の修行などをしていた人の意味)
だったり、お坊さんだったりして、
禅の伝統と繋がっていたりすると、
「瞑想初心者です」といいながら、
最初から、
大きな「空」を備えていたりします。
前世の続きを始めるかのように、
導かれて瞑想を始めるのです。
瞑想との出合いを、
心から魂が震えるように喜びます。

前世でなくても、沖縄には、
昔、TM瞑想の熱心な先生が
おられたみたいで、
私が、教えに行った時点で、
瞑想歴が、10年〜20年、
超えている人が沢山いました。
その人達に、
私は、フルフィルメント瞑想を
教えていました。

この人達は、
最初から
「大きな空」を備えていました。
ほんと、
続きを始めるような感じなのです。

こういう人達は、
特徴的に、エゴ(自我)が、
大きな空に飲み込まれているのですね。
エゴとは「自分を定義する心の事」です。

瞑想をした事がない人は、
思考を束にして、
「私とは◯◯」
というなじみのある思考を握りしめて、
それが自分だと定義しています。

私は◯◯学校出身です。
私は◯◯の仕事をしています。
私は◯◯の母親です。
こんな風に自分を定義しているのです。

宇宙意識の状態というのは、
「私は◯◯だ」
「私はコレが欲しい」
「私はコレをしたい」
こういう、
個人のエゴが「空」に
飲み込まれているのです。

 

これも、凄く面白い状態で、
「自分が無い」のですが、
宇宙も(世の中も)決して、
ほっておきません。

 

(神様(宇宙の知性)が存在するのは、
空のすぐキワ(際)ですから)
神様からも発見されてしまうので、
「私が・・」と、思わなくても、
世の中がやって欲しい仕事についていたり、
目の前にやってくる物事に乗っていく事が、
自分の天道(王道)だったりするのです。
多くの人が天職についていました。

「私が・・私が・・」と、
何1つアピールしない人達が、
実は、1番、世の中にも、
神様にも見つかっちまうの(笑)
面白いな〜と思います。

これが「空」の発達した状態。
宇宙意識の面白い点なのです。

天道とは、ダルマの道です。
自然の流れに乗ることです。
「ダルマ」とは、その道を歩む事で、
自分も喜びを感じるし、
周囲の人も喜びを感じるし、
だから宇宙が(世の中が)摩擦なく、
サポートしてくれる道です。

天職についてるというだけで、
宇宙に(世の中に)
摩擦を起こさないのです。
素晴らしいことですよ。

瞑想してて、
天職がわからないという人や、
天職を見つけたいと思う人は、
目の前にきてる仕事を、
心をこめて、
一所懸命することです。

それが天職でいいし、
違うなら、
必ずそこから時期が来た時、
違う道が出来ていきます。

瞑想をしながら、
時にニートのようになっている人いますけど、
これは、気をつけないといけません。
明らかに悟りとは方向性が逆です。

宇宙意識の状態では、
世の中にも見つかる。
神様にも見つかる。
だから
「その人なりの道の上にいる」
これが正しい。

誰にも見つかってない時点で、
間違いに気づこう!(笑)

道を踏み外してる人も、
何とかしたいな〜と思って、
厳しい事だけど、書いてます。
間違った瞑想者の姿を、
本当の悟りの方向に変えたいな〜と、
思っています。

これはまた追々、詳しく書きますね。

瞑想みのりサイト&おみくじ
https://www.1satori.com/