天職と宇宙意識2

こんにちは
瞑想みのりです。
今日は、天職と宇宙意識の
お話の続きになります。

1年待ったよ!奈良の名店宝石箱

宇宙意識は、悟りの第一歩。
「砂漠の意識状態」とも呼ばれ、
ここを早く抜けていくほうが楽なんですね。
神意識そして、統一意識へと早く向かうと、
ホント楽です。また脱線しちゃうので、
統一意識の分かりやすい体験は、
過去ログになりますが、
こちらでどうぞ!
簡単には、
自分の興味が外側の世界にあり、
世界と繋がるということです。

 

宇宙意識は砂漠の意識状態で、
悟りの旅の途中ですが、
ここにも多くのメリットがあります。

 

「空」は大きく拡がり、5感覚が「空」に、
一時的に、飲み込まれますが、
同時にエゴも飲み込まれて、
「私が・・私が・・」と、
何1つアピールしなくても、
実は、1番、世の中にも、
神様にも見つかってしまうのです。

私達は、神様・仏様を
どこかに探しに行こうとします。
それが、何かの宗教の中かもしれませんし、
神社仏閣巡りなのかもしれません。
数珠やパワーストーンの中かもしれません。
それも、
その人の趣味や、
心の平安につながるのであれば、
良いと思いますよ。

けれども、本当に神の認識に入った時、
私達が神様・仏様を探しに行くのではなくて、
神様・仏様が人間を見つけるという事が
理解できます。

仏様の意味は、人間が死んだ時の名称ですが、
本当のところは、人間が、
悟りの意識状態を持った状態の事ですから!
おしゃかさまは人間でしょ。
神の知覚と同じです。

この状態の知覚は、透けて通るので、
「人間がどこにいようが、
神様・仏様が人間を見つける」が正しいのです。

前回、
瞑想をしながら、
時にニートのようになっている人いますけど、
これは、明らかに悟りとは方向性が逆だと書きました。

宇宙意識の状態では、世の中にも見つかる。
神様・仏様にも見つかってしまうのです。

なのに、何がいけないのでしょうか?

私は瞑想を始める前の「その人の意図」が、
瞑想を続けていても変化してない事ではないか?
と思っています。

瞑想を始める前は、
皆さん沢山のストレスをためて来られます。
私もそうでしたから、
その気持は痛いほど、良くわかります。
日常生活が苦しい、辛い、身体がしんどい、
人間関係がうまくいかない、
解決したい問題がある、
思うように物事がすすまない・・
こんなところから逃げたいなどなど。

それでもOKなのです。
そして、あっという間に、
それらの悩みは瞑想していると
吹っ飛んでしまいます。
これは、続けている人は
皆さん知っていることです。

ここから先に向かう人は、何が違うのか?
瞑想は、悩みやネガティブな印象深い感情を、
簡単にクリアーするので、
悩みやネガティブな感情に
長く、しがみつく事が出来なくなるのです。
これを瞑想では
「印象が無くなる」と表現しますが、

ここまでくると、
最初の瞑想を始める時の意図とは、
意図を変化させる必要があります。

悩みがある程度消えたら、
「(世界から)逃げたい」という意図ではなく、
「成長しよう」とか、
「未来に夢を持つ」
というポジティブな創造性に向かって下さいね。

「空」はすべての創造の源です。
統一場と呼ぶ事もありますし、
一元と呼ぶことも出来ますし、
本当の自分・真我・大我と、
呼ぶことも出来ます。

私達の認識の拡大によって、
名前を変えても最初から最後まで、
体験しているものは同じ「空」です。
認識力によって、名称が変化するだけですね。

唯一一つのなにもない
空っぽなのですね。
空っぽという、
究極のシンプルだからこそ、
これだけバラエティに富む創造が
そこから起きるのです。

空は、ただのパワフルな空っぽなので、
そこに、善悪の判断も、方向性も持ちません。
ただの「存在」です。

苦しい現実から逃げようという意図のままだと、
逃げる事は出来ます。
限られた中での平安は、
いとも簡単に手に入るでしょう。
けれども、
宇宙意識から先に成長を続けることが出来ません。
方向性を間違えているからです。
ちょうど大人が胎児に戻ろうとする感覚を
切望し、その願いを持ち続けるのに似ています。

そこから、自然に「成長しよう」
「自分の未来の夢を創造しよう」に
意図を変えていくのです。

すると、かならず、空はその意図によって、
外側の世界と繋がる方向に向かいます。
その時、神様・仏様が人間を見つけます。
それが、
神があなたを見つける神意識であり、
世界があなたを見つける統一意識なのです。

瞑想者の皆さん、
日々、成長を続けてくださいね。
世界に好奇心を持ってくださいね。
私も日々、世界に好奇心を持って、
成長していきます。

では、今日も長くなりましたわ!
初心者の人も増えてきましたので、
また追々、
瞑想の「印象が無くなる」を、
詳しく書いていきますね。

瞑想みのりスケジュール

瞑想みのりおみくじ&サイト

では、今日もめいっぱい楽しみましょう!

発達していく神意識2

こんにちは
瞑想みのりです。

オリンピックも終わりましたね。
無観客であったのが残念でなりません。
馬術もっと見たかったです。
フランスのオリンピックの頃には、
コロナも収束してるといいですね。

今日は、発達していく神意識の
つづきを書いてみたいと思います。

最初のステップ 
ラブ・マントラでの、
「分離感がなくなる体験」
について、書いてみたいと思います。
このマントラは、不思議なほど、
分離感がなくなるマントラですね。
喧嘩とか消えてしまいますよ。

「愛は世界を繋ぐ糊(のり)」とは、
TM瞑想のマハリシの講義の中での言葉ですが、
非常に 素晴らしい例えだと思いますよ。

神意識(例えば、旧マントラであれば、
プロスペリティや加速マントラなど)
でも分離感は、なくなりますが、
じゃあ、ブラフマン意識の分離感がなくなる体験と、
どう違うのか?

これは、体感としても、
大きく違うので、書いてみたいと思います。

神意識の状態は、
人間の5感覚が神のような精妙な知覚に変化して、
世界を見ることです。

視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚・この5つが変化します。
実際に受講生さん達の体験を挙げてみましょう。
(私の体験は沢山、過去ログにも書いてますからね)

●都市ガスのガス漏れに気づいた。
誰に話してもガスは出てないと言うが、
確実にガス臭いので、ガス会社に電話したら、
本当にガス管が、
劣化してて穴があいておりガス漏れしていた。

これは、嗅覚が神の知覚に変化していく体験ですね。

●土砂降りの雨が降ってきたので、
ベランダの洗濯物を取り込もうと思って、
ベランダに出たら、外は晴れていた。
雨が降ったのは、夢の中の出来事だったのかと、
その時に気づいた。
夢がリアルすぎて、現実と見分けがつかなった。

これは、触覚が神の知覚に変化していく体験ですね。

●欲しかった不動産を買う事になり、
銀行の融資もおり、売主との交渉も終わり。
契約成立を喜んでいたら、
売主が、心変わりして「売るのをやめよう!」
と言ってる事に夢の中で気づいた。

仲介業者も、売買が成立したので、
どんどん交渉を進めていたが
(私だけが、売り主が断ることを知っていて)
案の定、売主は、断ってきた。

これは、聴覚が神の知覚に変化していく体験ですね。

これらは、オカルトチックな話ではなく、
普通の人間の能力なのです。

最近、私は
「悟り」というものが、
普通の人間のあたりまえの体験として語られる時が
到来したのかなと感じています。

ブッダ(おしゃかさま)自身は、
自分の事をブッダとは、
決して言わなかったそうです。

(ましてや・・崇(あが)めてほしいなんて、
これっぽっちも思ってなかったと思いますよ)

ブッダの意味は「目覚めた人」の意味ですが、
周囲の人が「目覚めた人」と呼んだだけで、

おしゃかさま自身は、
自分の事を「タターガタ」と呼んだそうです。

タターガタは
「ありのままのものを、ありのままに見れる人」
の意味で、
おしゃかさまは、悟りとは、
「人間の普通の状態だよ」と言いたい訳です。

同じく、
ヒマラヤのヨギの伝統の中では、
脳の色んな領域を使っていくことを、
「シッディ」と呼んでいます。

「シッディ」は、超能力と訳されてしまいますが、
違う違う。ヨギが訳すると「超普通の能力」を意味します。

脳の使ってない箇所が、まだまだ沢山あり、
「ありのままのものを、
ありのままに見れていない状態」なので、

それを普通に使っていこうね!と
いうのが、瞑想の「空」の経験です。

だから、普通の事として、
上記のような知覚の変化が誰にでも起きてくるの。

悟りとは、世界は、何も変わりません。
自分の認識が変わることです。

曇りだらけの歪みだらけのメガネをかけて、
世界を観ていると、
世界は、曇りだらけで歪みだらけです。

悟りは、黄金の眼鏡から世界を見ること(神意識)
虹色の眼鏡から世界を見ること(ブラフマン意識)

人が自分と同じ世界を観てると思ったら、
とんでもない大間違い(笑)

瞑想者は、世界と、よろしくやってるよ!

長くなったので、本題に入れないままに(笑) 
また続き次回書きますね。

 

この月曜日は、
FBグループで無料のオンライン瞑想質疑応答あります。

9月の伝授&瞑想会は、
9月12日(日)ですね。

瞑想みのりサイトはこちら