本当のお客さんは いつも黙っている

今日もLINE@に頂いた質問から いってみよう!

(頂いた質問)
先日、新大阪が終点の新幹線の中でハートマントラで瞑想している最中、
ちょうど京都に到着したところで、車内アナウンスが流れ、
次は京都、その次は東京です、と言われました。
え、この新幹線新大阪行きじゃないの?やばい、
行き先が飛ばされちゃう!と慌てて新幹線から降りて行き先表示を見たら、
ちゃんと新大阪行きになっていました。
キツネにつままれたような気持ちで車内に戻りました。
これは、自分が選んだ道が正しくて、仮に違うと思うことがあっても、
安心してそのまま進みなさい、という事でしょうか?

ふかひれスープいただきました

(みのりコメント)
う〜ん。選んだ道とは仕事関連の事でしょうか?
私にこの体験が起きたならば・・
「心にもないことを言葉にするのを控えよう!」
と思うかな?

「行動が事実」であり、
「言葉だけの想いは事実では無い」という事を、
再認識しておくことです。
事実でもなんでもない単なる言葉から、
新幹線の外まで出てしまった自分がいるわけです。
事実は大阪に行った。ここだけなのです。

自分の(もしくは人の)行動しかみないというか、
そういう姿勢が大切ですね。

例えば「また会おうね!」と言って、
一生会わない人とか(笑)

お店とかだったら「また来るね」と言って、
二度と行かない店とか(笑)

ありませんか?

私は、ありますよ〜。
あってもいいけれど、

「今、心にもない社交辞令を言ったな・・」と
そんな自分に気づいておくことですね。

「自分の心で思っている事と行動をできるだけ合わせていく」
心にそぐわない場合は、言わない事ですね」
気づかずに発してる言葉が沢山あるのだということ。
発しているうちに、自分でも社交辞令なのか、
事実、行動したことなのか、
(行動したかのように思えてしまうから)
わかんなくなってくるということ。

何の行動も伴わない、
その場をしのぐための軽い言葉。
ここに気づいてないと、
相手の社交辞令にも気づけなくなる。

で・・これを言わない人もいますね。
まぁ とても正直な人たちですね。

実は・・・この人たちが、
お仕事においては、あなたの本当のお客さんなのです。

本当のお客さんというのは、
いつも、黙っています。

「買いたいのです!」とか言わないで買うし

「行きたいのです!」とか言わないで行くし

「申し込みますね」とか言わないで申込みするのです。

「行動が事実」ここだけと関わる。

奈良学園前で瞑想を教えています
フルフィルメント瞑想 伝授&瞑想会

瞑想みのり

瞑想みのり
奈良学園前で教えています

内側に静寂を!

17日は阪神大震災から25年だったのですね!

非常事態だったから、
当時は、ありとあらゆる普段感じないことを感じていました。
震災の前も挙動不審になっていたけど、
後もかなり挙動不審で、
チンドン屋みたいな服を着てしまっていました。

地震中はギリシャでずっと月を見ながら瞑想してて、
帰宅した時は、沢山の人がスーツケース持って移動していたので、
意味がわからなかった。
道行く人に「何で移動してるのですか?」とか、
これまた意味不明な質問していました。

地震の日に有給を前借りして会社を休んだ私は、
旅行前に、人事部から嫌味を言われ(そりゃそうだ)
あまりの嫌味に、売り言葉に買い言葉で・・
「地震で死んでもしらんからな〜」と、
喉まで出かかっていた言葉を止めて、ギリシャに出かけました。

1ヶ月前から地震が来る事が予感でわかっていました。
厳密には、地震とまでは思わなかったけど
「神戸にいていはいけない」という、
するどい大いなる禁止のような感覚ですね。

だから、学者が地震の予知は不可能だと言っているけど、
絶対人間にはその力があると、
私は瞑想の生徒さんにも断言しています。

火災が多かった長田のネズミは、元町の飲食店あたりまで、
1ヶ月前に逃げてきていましたし、人間も動物です。
こんな力がちゃんと備わっている。
普段から自分の中に静寂の時間を持つことだと思います。

地震から気をつけていることは、
新築または新築に近い家に住むようにしている事ですね。
これだけは、守っている。今の奈良の家も、
新しいのでここに決めました。
一所懸命生きましょう。
写真は、世界で一番好きな街 神戸

奈良学園前 伝授&瞑想会
https://www.1satori.com/?p=5189

新神戸駅

何かが足りないから瞑想を始めないように・・

瞑想されている人の質問ですね。
婚活中の人、ラブマントラを使っている人にも
参考になると思いましたので、
許可を得てUPしてます。

●質問
最近歯の事で悩んでいます。
痛みもありますが、この歯はどうなるのかな。
抜歯になったらどうしようと、
怖いことばかり考えてしまいます。
結婚(婚活)のことはそっちのけで、
歯の事や健康の事を心配してます。
どうしたら心配事を手放せるでしょうか。

●みのりお答え
これ、結婚(婚活)と関連してるから、起きてきてますね。
歯というのは、愛と関係してます。
だから「歯を失うんじゃないか?」はただの象徴であり、
「愛を失うんじゃないか?」
実際に、心の中で起きていることはこちらです。

そして、まず、この愛を失うんじゃないか?
ここに大きな勘違いがあるのです。

愛は失わないのです。

じゃあ なぜ、愛を失うと思うのか?

愛の定義を間違えてる可能性がありますね。

愛とは、あなたの中で、
おそらく、
「いつも、そばにいてくれること」
そんな定義になっている事が、
間違いなのです。

それ、愛じゃなくて、ただの所有だよ。
しかも、いつもそばにいてくれる人って、

それじゃあ 
このまま認識が変わらないとしたら、
寝たきり老人か、
ニートとしか結婚できないじゃん(笑)

これが、
あなたの婚活において邪魔なの。
だから、
この瞑想体験が起きてきているのです。

まずは、
誰かを所有してたことを愛と思った。
でも、それは勘違いだと気づくことです。
(おそらく、お母さんが大好き、
いつもそばにいたいよーがスタートだと思います)

所有したことを愛と勘違いしてるから、
「取られた!」や「失くなった!」が起こる。
そもそも所有物ではないということ。

そして、愛は、いつも自分の中にあります。

対処方法としては、
ラブマントラで、ハートに入っていきます。
そのエネルギーを感じます。
失うことはない。愛はいつもあるし、
自分から放射してる エネルギーなのだと
感じて下さいね。
失うのが怖い時は、放てばいいのです。

この体験は、
解放の過程なので、暫く続けると、
落ち着いてくると思いますよ。

反対の言い方すると、あなたは、
本当の愛を育める結婚をしたいのです。
ラブマントラのシャクティ(空が動く様子の事)
には、素晴らしい知性があります。
ニートでも寝たきり老人でもない人を
知性が見つけてきます。
だから、この体験が起きているのですね。

瞑想会でもいつも話していますが、
瞑想は、何かが足りないから始まってはいけないのです。

すべては、実は全部、自分の中にあった。
ここから始まるのですよ。

みのりサイト&おみくじ